ホワイトペーパーダウンロード

日本アイ・ビー・エム株式会社

もはや見ないふりはできなくなったBYODを目一杯活用するための10の鉄則

職場へのモバイル・デバイスの持ち込みの急増は、避けることのできない課題です。このBYOD (Bring Your Own Device) の普及を無視したり BYOD を禁止したりすることは賢明とは言えません。こちらのホワイトペーパーでは10個の「おきて」として、BYOD を導入するポイントをご紹介します。

職場へのモバイル端末の持ち込みが急増しています。勤務先の許可の有無に関わらず、従業員は既にBYOD(Bring Your Own Device:私的デバイスの業務利用)を実行しており、今後も私的デバイスを許可なしに企業ネットワークに持ち込み続ける事が予想されます。

こうした状況で、IT部門がBYODの普及を無視したり、BYODを禁止したりすることは、もはや賢明とは言えません。「IT部門のコストや管理の負担を軽減しつつ、従業員が独自のデバイスで作業できる自由を与える新たなベストプラクティス」と捉え、BYODを積極的にサポートすることが必要と考えられます。

ここで問題となるのが、セキュリティを確保しつつ、生産性向上を実現するために、個人用のデバイスとアプリをどのようにサポートしていくかということです。

本資料では、「BYODの10個のおきて」として、BYODの効率的な管理とコストの削減を実現するための10の鉄則を挙げ、ひとつひとつ解説していきます。

スペシャルトピックスPR

ソフトバンク201612
softbank201701
panasonic201701
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

大量の通信機器の設定作業を正確かつ迅速に行い、現場へ確実に届ける!

Ruckusなら特定方向に電波を集中送信する特許技術で安定したWi-Fiを実現

USB型WiMAX2+端末をWi-Fiルーター化する史上初の製品が登場した。

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます