ホワイトペーパーダウンロード

京セラコミュニケーションシステム株式会社

Webアプリケーション診断実績による傾向分析とセキュリティ対策「2011年版Webアプリケーション脆弱性傾向」

2004年からWebサイトの脆弱性診断と対策を支援する「Webアプリケーション診断」サービスを展開しているKCCSが、2010年1月~12月に実施した約200のWebサイトの診断に基づき傾向を分析。結果、診断サイトの95%に脆弱性が存在した。傾向分析結果だけではなく継続的なセキュリティ対策を紹介する。

ゲーム関連サイトをはじめ、企業や公的機関へのサイバー攻撃が連日ニュースを賑わせている。中でもオンラインサービスから約1億人の個人情報が流出した事件は記憶に新しい。

インターネット社会となった今日、Webサイトは情報発信の場であるだけではなく、各種サービスの提供窓口であり、企業における重要な経営資源のひとつとなっている。そのため、企業はWebサイトのセキュリティレベル向上に対して緊急度の高い経営課題として取り組む必要があるが、対策が十分に施されている企業は少ない。

ホワイトペーパー「2011年版Webアプリケーション脆弱性傾向」では、脆弱性が存在した95%の診断Webサイトの内、54%が高危険度脆弱性を含むことや、継続診断はWebセキュリティ対策レベル(意識・知識)向上に有効であることが見えてきた。

本資料では、脆弱性傾向を把握し、安全なWebサイトを目指すための対策を解説している。

 

[2011年11月24日公開/PDFファイル(586KB)]

 

スペシャルトピックスPR

yamaha1706
sony1706
nec1707
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

IBM Watsonが最適な活用方法や脅威対策を提供! 先進のPC/スマホ一元管理を実現する「IBM MaaS360」とは?

「企業向けソーシャルプラットフォーム」で働き方そのものも変える!

ペタバイトクラスも「大きなバケツ」で一括管理できる!

中堅・中小企業を支援する宝情報がUTMのサポートサービスを開始する。

教育現場への無線LAN導入を成功させるための3つのポイントとは?

スマートデバイスを標的にした未知の不正アプリにも対応できる。

設計から製造までセキュアなプロセスで、他のAndroidにはない安全性。

Webサイトの利便性とセキュリティ向上を同時に実現できる最適解とは?

東京海上日動コミュニケーションズの「働き方改革」を徹底レポート。

モバイルの安全な業務利用を実現するEMMが“次の進化”を始めている。電話やチャット、つまりUCとの連携だ。

いつものUIでSkype for Businessの機能をフル活用できる電話機が登場。

マクニカネットワークスが取り扱うIncapsulaはDDoSだけでなく、Webサーバーへの不正アクセスも防御する。

オンプレミスとクラウドの連携により、数百Gbpsのボリューム型から複雑なDDoS攻撃まで効率よく対応できる。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます