企業ネットワーク最前線

IoTビジネスカンファレンス 講演レポート

BLEとLoRaWANでコストの障壁を突破――IoTサービスの創出に挑むレンジャーシステムズ

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.11.10

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

レンジャーシステムズ 執行役員
IoT事業部長 木村秀一氏

2016年からBLEを中心とするIoTコネクティングサービス「monoコネクト」を展開するレンジャーシステムズが、11月からラインナップにLoRaWANを追加、IoTビジネスを加速させている。安価なデバイス・ネットワークコストと、多彩な技術を活かし、企業とともに新たなIoTサービスの創出に取り組んでいくという。

LoRaWANの活用で短期間・低コストで課題を解決木村氏は、講演の後半「本日のメインテーマ」として、この日、新メニューとして提供を開始したLoRaWANサービスについて解説した。

LoRaWANは、省電力性と長距離通信を特徴とするIoT無線技術LPWA(Low Power Wide Area)の1つだ。LPWAではLoRaWAN、sigfox、NB-IoTの3つが主力となっているが、このうちsigfoxは各国1社のサービス事業者(日本では京セラコミュニケーションシステム)、NB-IoTは携帯電話事業者が構築したインフラを、企業ユーザーが利用する形になるのに対し、LoRaWANでは「免許を受けずに自らネットワークを構築しサービスを行える」点が大きな特徴だという。

加えて、LoRa Allianceによって技術仕様が策定されているオープンな通信方式であること、1基地局で数kmをカバーできる広域通信性能、送信時で20mA程、スリープ時にはその100分の1程度という高低消費電力性などの特徴を持つが、1回に送信できるデータ量が最大で240バイトにとどまるといった制約もあると述べた。

さらに木村氏は、LoRaWAN技術仕様についてさらに踏み込んだ解説を行い、センサーネットワークで広く使われる通信モード「クラスA」ではTCPと同様の誤り訂正が可能であることや、LoRaWANでは伝送距離と通信速度がトレードオフの関係になることなどを説明した。

エンドデバイスから、ゲートウェイ、クラウド(ネットワークサーバー)までワンストップで提供する「monoコネクト for  LoRaWAN」
エンドデバイスから、ゲートウェイ、クラウド(ネットワークサーバー)まで
ワンストップで提供する「monoコネクト for  LoRaWAN」 


 
さて、今回新たに提供が開始されたLoRaWANサービス「monoコネクト for LoRaWAN」は、LoRaWANネットワークの構成要素である、エンドデバイス、ゲートウェイ、ネットワークサーバーの3つをレンジャーシステムズがワンストップで提供、企業のIoTサービス構築のニーズに応えていくというものだ。

木村氏が、このサービスの大きな強みとなると見ているのが「コスト」だ。レンジャーシステムズではLoRaWANの規格がオープンであることを活かし、「ネットワークサーバーを自社開発しコストの大幅削減に成功した」という。

加えて、台湾に本社を置くジェムテック(Gemtek Technology)と販売・技術提携を結び、屋内・屋外ゲートウェイ、GPSトラッカー、ソーラーパネル内蔵センサーなどの多彩なデバイスをラインナップ、レンジャーシステムズ自身でも、温湿度をはじめとする超小型センサーデバイスを開発している点も、同社のLoRaWANサービスの大きな強みとなる。

ジェムテック製のLoRaWANゲートウェイ、センサー
ジェムテック製のLoRaWANゲートウェイ、センサー


 
さらに、NVNEとして積み重ねてきた、ネットワークの保守・運用の経験・ノウハウもレンジャーシステムズのLoRaWANサービスの大きな差別化ポイントになると木村氏は見る。

レンジャーシステムズではLoRaWANによる実証実験を積み重ねており、すでにいくつかの導入事例もでてきている。その1つが、ある大手企業が300台規模の自社の駐車場に導入したスマートパーキングのケースだ。各駐車スペースの地面にパーキングセンサーを設置、データを1台のゲートウェイを介して集約し、ディスプレー上でリアルタイムに把握できるようにするものだ。LoRaWANを用いることで、整備完了まで1カ月弱という、圧倒的な工期・コストの削減を可能にしたという。

LoRaWANを利用したスマートパーキングの導入イメージ
LoRaWANを利用したスマートパーキングの導入イメージ




レンジャーシステムズでは、LoRaWANゲートウェイの位置と電波強度を利用し、誤差100m以下の精度で(ゲートウェイ間隔3㎞以下の場合)、デバイスの位置を把握できるシステムの開発を、来年3月の実用化に向けて進めており、近く地域通信会社のQTNet(本社・福岡市)と実証実験を開始するという。

さらに、木村氏はMVNEとして蓄積してきたモバイルコア技術を活かして今後NB-IoTにも取り組んでいくとした上で、「 当社が掲げる“先端モバイル技術とソリューションで、ワクワクの輪を広げるカンパニー”というビジョンの下、皆様とともに面白いサービスを作り上げていきたい」と述べ、講演を締め括った。

スペシャルトピックスPR

scsk1805
jpsecure1805
limelight1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT FUTURE CITY
 [IoTは暮らしをどう変えるか]“おらが街”もデジタル化
 [柏の葉スマートシティ]IoT事業創造の一大拠点に
 [Fujisawa サスティナブル・スマートタウン]持続的に成長する街を
 [Fukuoka City LoRaWAN]IoTで変化を生み出す街


◆[インタビュー] NEC 河村厚男常務「キャリア事業を構造改革」 ◆「日中間通信」の課題と攻略法 ◆ソフトバンクが日本初のNB-IoT ◆モバイル市場の公正競争の今後 ◆急成長するシスコの“サービス”事業

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

CASO新技術のホワイトボックス
M2Mルーターは「切れない接続」

Foxconnグループでホワイトボックスを展開するCASO。

東京エレクトロンデバイスグローバル企業のSaaS活用を後押し
マルチクラウド化の準備はCASBで

マルチクラウドを一元的に管理したい。そんな望みを叶えられる。

拠点・モバイルをつなぐだけ!
クラウドの安全はシンプルに守る

クラウド利用の拡大とともに複雑化するセキュリティ課題を解決!

NetskopeCASBでクラウドはどこまで操れるか
既存のセキュリティとどう違う?
 

Netskopeを例にCASBの機能と使い方、メリットを整理した。

ソフトバンクソフトバンクがSMB向けの
ソリューションパートナー募集!

働き方改革を中心に新たなソリューション開発を支援する。

日本マイクロソフトSkype for Businessを
快適に使いこなすコツとは?

UCの導入効果を最大化するためには備えが必要だ。

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション20180226
iot
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます