新製品&新サービス

ソフォス、ゼロデイ攻撃対応のクラウドサンドボックス技術を次世代FWに搭載

文◎business network.jp編集部 2016.12.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ソフォスは2016年12月20日、同社の次世代ファイアウォール/UTM「Sophos XG Firewall」の最新バージョンをリリースした。

最新バージョンで追加された主な機能は3つある。

1つめは、クラウドサンドボックス技術を利用する「Shophos Sandstorm」だ。実行ファイル、PDF、Microsoft Officeドキュメントに偽装されたランサムウェアなど、従来のセキュリティ製品を回避するゼロデイの脅威を検知・ブロックするためにペイロードを解析し、クラウドサンドボックスに疑わしいペイロードを送信して安全な環境で攻撃コードを実行してその動作を確認する。

2つめは「Security Heartbeat」の拡張。ハートビートが無い状態を検出する機能とDestination Heartbeat Protection機能が追加された。ハートビートの状態にもとづいてエンドポイントおよびサーバーへのアクセスを制御し、感染が疑われるシステムは安全性が確認できるまでアクセスを制限する。

3つめは、ファイアウォールのポリシー適用に関わる「Secure Web Gateway」だ。継承ベースの新しいポリシー作成ツールに対応しており、複数のユーザーおよびグループベースのWebコントロールポリシーを簡単に作成できる。包括的なWebポリシーを単一のファイアウォールルールとして適用可能で、ルール数を大幅に削減する。

また、Sophos XG Firewallは、ハードウェアアプライアンスとして提供されるほか、主要な仮想化プラットフォームに対応している。さらにMicrosoft Azureであれば、IT管理者はAzure Marketplaceで構成済みの仮想マシンとして利用できるという。

スペシャルトピックスPR

recomot201701
ゼンハイザー201701
unisys201702

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウド化する
   企業ネットワークの新作法。

●[インタビュー]坂村健 東大教授「オープンIoTで社会全体を効率化」 ●[第2特集]今すぐ使えるIoT向けLTE「カテゴリー1」 ●[商品特集]インターネット分離・無害化ソリューション ●[技術&トレンド]SD-WANで広がる映像系IoTの可能性/電池不要のIoT無線「EnOcean」

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

日本ユニシスならセキュリティ各社との連携でユーザビリティも両立!

ドコモのLTE対応とSaaS利用の最適化の2つの進化によって、SD-WANの活用範囲は大きく広がる。

ソフトバンクが提供開始した「PrimeMeeting」なら、社内外問わずあらゆる端末から参加できる。

過酷な環境下での長期利用にも耐える「TOUGHPAD FZ-N1」はBCPやTCO削減に貢献する。

社内外の電話帳を基点にスピーディで安全なコミュニケーションを実現!

UC機能も備えた「moconavi」はMDMベースのEMMとは違う!

ゼンハイザーのスピーカーフォンなら、数人~20人超の会議まで幅広く。

ソフトバンクの「SfB連携電話会議サービス」で実現しよう。

IoTでは珍しいクルマ特化型の「クルマツナグプラットフォーム」に注目だ。

既設PBX・回線をOffice 365と連携できる「Sonus SBC」にお任せだ。

ゼンハイザーのUC向けスピーカーフォン、ヘッドセットなら、通話品質も仕事の効率もアップ!

アクセスランキング

月刊テレコミュニケーション
ngn2016
isobe170201
compass
packet

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2015 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます