ニュース

NTTドコモが誤差±数cmの位置情報基盤――コマツが建機のICT化に活用

文◎村上麻里子(編集部) 2019.05.29

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTドコモは2019年5月28日、衛星測位システムGNSSを活用した「GNSS位置補正情報配信基盤」を今年10月1日から提供開始すると発表した。

同基盤は、国土地理院が全国に設置している約1300局の電子基準点と、ドコモが独自に設置した固定局がGNSSから観測したデータを位置補正情報配信サーバに収集。加工した位置補正情報を携帯電話ネットワークを通じ、高精度位置情報を必要とする移動局に配信することで数cm以内という高精度測位を可能にする。

 
 「GNSS位置補正情報配信基盤」の概要

今年3月から技術検証を行い、目標としていた±2cm以内の誤差に収束する測位精度が実現できることが確認されたため、事業化を発表したという。吉澤和弘社長は「移動局の小型化・省電力化のため、クラウド側で測位演算を行うクラウド測位演算など新技術の開発も取り組みたい」と意気込みを語った。

位置補正情報配信サーバの構築に協力したライトハウステクノロジー・アンド・コンサルティング代表取締役の前田裕昭氏によると、インフラ機材の低価格化やユーザー端末の低消費電力化・高機能化、測位技術の高精度化、ネットワークの大容量化など様々な技術的な背景により、「爆発的な利用シーン拡大の可能性がある」という。
 

スペシャルトピックスPR

nec1907
netscout1908
synology1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます