ニュース

「ユビキタスAI時代が来る」、野村総研がITロードマップ2018年版を発表

文◎坪田弘樹(本誌) 2018.03.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

あらゆるモノにAIが搭載される「ユビキタスAI」時代が到来する――。野村総合研究所は2018年3月8日、「ITロードマップ」の2018年版を発表した。ビジネスや社会に影響を及ぼすと考えられる情報通信技術についての予測をまとめたもの。中でも今後5年の重要技術トレンドとして挙げたのがAI、そしてエッジコンピューティングや音声インターフェースなどだ。


野村総研は「ITロードマップ 2018年版」の発表に当たってメディア向けの説明会を開催。IT基盤イノベーション本部 ビジネスIT推進部 グループマネージャー/上席研究員を務める城田真琴氏が、今後5年の重要技術トレンドとして次の5つについて説明した。


野村総合研究所 IT基盤イノベーション本部 ビジネスIT推進部
グループマネージャー/上席研究員の城田真琴氏


1つめは、「ユビキタスAI」――あらゆるモノにAIが到来される時代の到来だ。

城田氏が事例として挙げたのがグーグルレンズである。スマートフォンのカメラを向けると、その対象物の名前を教えてくれたり、例えばWi-Fiルーターに記載されているID/パスワードにかざせば、手入力することなく自動で文字を認識して簡単に無線LANに接続できる。

AIが搭載されるのは、こうした身近な端末だけではない。大型機械にも、そして空間そのものにもAIは搭載されていく。



トラクターに搭載されたAIが間引き作業から肥料散布、雑草の除去まで行う


次に挙げた事例が、Blue River Technology社による農業用トラクターだ。トラクターに画像認識を行うカメラを取り付け、芽を識別しながら間引き作業を行う。同時に、個々の芽に応じた肥料散布や雑草の除去も実施。人間は何も考えずトラクターを走らせるだけでよいわけだ。

空間そのものにAIを埋め込む「Ambient Intelligence(環境検知)」の先駆けとして紹介したのは、話題のamazon goだ。天井にたくさんのカメラを設置して、画像認識によって来店客の購買行動を自動認識する。

城田氏は、「amazon goのような考え方は将来、スマートシティにも応用されていくだろう。人間が考える前にAIが処理してくれる世界がやってくる」と予測した。



空間そのもののAI化の例として挙げられたamazon go 


エッジコンピューティングはAIと融合
2つめのトレンドは、エッジコンピューティングの台頭だ。

エッジコンピューティングとは、データ転送の非効率性やネットワーク帯域幅・遅延の増大といったクラウドコンピューティングの課題を解決するため、ユーザー/デバイスに近いエッジでデータ処理や蓄積を行う考え方だ。通信量の削減や遅延の抑制などの効果に加えて、プライバシー保護の観点でも注目されている技術である。

城田氏はこのエッジコンピューティングの進化にもAIが深く関連すると話した。現時点では、エッジに強力なコンピューティングリソースを配置するのが難しいことから簡単な処理を行う程度に過ぎないが、ゆくゆくはエッジでAIを用いることも可能になると予測する。

背景にあるのは、エッジでも高度な処理が可能なAIフレームワークや専用チップが登場してきたことだ。「AIの推論が従来に比べて高速かつ低消費電力で行える」。



エッジで高度な処理を行うAIフレームワークや専用チップが登場している


エッジ向けのAIフレームワークの代表例としてはクアルコムの「Neural Processing Engine(NPS)」があり、推論用のAIチップには、スマートフォンやウェアラブルデバイス向けのファーウェイ「Kirin 970」がある。また、産業機器やIoTデバイス向けにも、NVIDIAやインテルがAIチップを開発・提供している。

城田氏は、「AIの学習はまだエッジ側では難しいため、当面はクラウドで行い、こうしたAIフレームワークやチップを用いてエッジでAIの推論を行う」といった使い方が広がると予測した。

 

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
ribbon1809

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
watchguard0921

スペシャルトピックス

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます