企業ネットワーク最前線

IoTセキュリティは「水道」が理想――トレンドマイクロがNFVで目指す新アーキテクチャ

文◎太田智晴(編集部) 2018.02.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IoT時代のセキュリティはどうあるべきか。トレンドマイクロが提唱するのは、NFVを活用した新しいアーキテクチャだ。ユーザーに意識させることなく脅威を防ぐ、「水道」のようなIoTセキュリティの実現を目指す。

 
「IoTが大きく成長していくことで、ネットワークの作り方、特にセキュリティのアーキテクチャは変化していくというのが我々の考えだ」

こう語るのは大手セキュリティベンダー、トレンドマイクロの津金英行氏である。

インターネットが始まって数十年、「セキュリティのアーキテクチャはほとんど変わっておらず、エンドポイントとインターネットとの境界という2箇所で対策がとられてきた」。

その長年続いてきたアーキテクチャがIoT時代になぜ限界を迎えるのか。津金氏は2つの理由を挙げて説明する。

まずはデバイスの問題である。IoT時代、ネットワークにつながるデバイスの数は爆発的に増え、さらにその種類も多種多様になる。性能やコスト、運用負荷などの問題から、エンドポイントでのセキュリティ対策が難しいケースが数多く出てくる。

もう1つは、通信形態の多様化にともなう課題だ。例えばコネクテッドカーでは、近くにいるクルマ同士が直接、あるいは基地局ですぐ折り返す形で通信し、衝突を防止するユースケースが検討されているが、「従来のアーキテクチャだと、経路上にセキュリティ対策を行うポイントがない」。このため、1台のクルマに感染したマルウェアが、クルマ同士の通信を介して拡散していく可能性もある。

エンドポイントとインターネットとの境界という2箇所でのセキュリティ対策では、IoT時代、脅威を防げなくなるのだ。

トレンドマイクロ IoT事業推進本部 ソリューション推進部 部長 ディレクター 津金英行氏
トレンドマイクロ IoT事業推進本部 ソリューション推進部
部長 ディレクター 津金英行氏


NFVで分散・連携型では、IoT時代の新セキュリティアーキテクチャとは一体どのようなものか。トレンドマイクロでは、分散・連携型のアーキテクチャを提案している。

これは、「従来、エンドポイントやインターネットとの境界に集中していたセキュリティ機能を、機能ごとに分解し、通信経路上の適切な場所に再配置しようという考え方」だという(図表1)。具体的には、キャリアネットワークやクラウドにも、必要なセキュリティ機能を動的に分散配置。そのうえでユースケース毎に必要なセキュリティ機能を連携させて、セキュリティを担保する。

 

図表1 IoT時代は分散・連携型のセキュリティアーキテクチャへ
図表1 IoT時代は分散・連携型のセキュリティアーキテクチャへ


こうしたアーキテクチャを実現可能にしたのがNFVだ。津金氏によれば、分散・連携型のアイデア自体は以前からあったが、これまではインフラ側の準備が整っていなかった。しかし、NFV技術が発展し、ついにIoT時代に間に合ったのである。

分散・連携型のメリットは、エンドポイントやインターネットとの境界での対策が難しいケースにおいて、必要なセキュリティ機能を提供できることだけではない。費用対効果の面でも優れているという。

アンチウィルスが代表例だが、エンドポイントとゲートウェイなど複数のポイントで、重複するセキュリティ機能を適用していることは少なくない。まったく無駄ではないものの、費用対効果は高くないだろう。

一方、NFVを活用した新アーキテクチャでは、必要なセキュリティ機能を、必要な場所に、必要なパフォーマンスの分だけ、柔軟に提供しやすくなる。このため、機能の重複をなくすこともでき、セキュリティ投資の最適化が可能になる(図表2)。

 

図表2 ユースケース毎に必要なセキュリティ機能を分散配置
図表2 ユースケース毎に必要なセキュリティ機能を分散配置


また、例えばセンサーは一般的なWebサイトにアクセスしないのでURLフィルタリングが不要など、IoTの場合、限られたセキュリティ機能で足るケースも多い。こうした点から見ても、柔軟にセキュリティ機能を提供できるNFVには、高い費用対効果が期待できる。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

watchguard1805
scsk1805
jpsecure1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_a
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます