新製品&新サービス

シスコが60Wの次世代PoEを発表 「オフィスからAC電源ケーブルをなくしていく」

文◎太田智晴(編集部) 2011.10.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

シスコシステムズが60Wの電源供給が可能な次世代PoE「UPOE」を発表した。従来比2倍の電源供給能力を実現したことで、多くの機器への給電が可能に。大幅な省エネ効果などを武器に、「オフィスからAC電源ケーブルをなくしていく」とシスコの木下専務は意気込んだ。


シスコシステムズは2011年10月18日、60Wの電源供給が可能な次世代PoE「UPOE」(Universal Power Over Ethernet)を発表した。現在広く普及するPoE Plusの30Wと比べて1ポート当たり2倍の電力を供給できることから、イーサネットケーブルで電源供給可能な機器の幅が大きく広がることになる。「Universalという言葉には“万能”という意味が込められている。UPOEにより、オフィスの中のAC電源ケーブルをなくしていく」とシスコシステムズ 専務執行役員の木下剛氏は語った。


シスコシステムズ 専務執行役員 木下剛氏
シスコシステムズ 専務執行役員 木下剛氏


今回発表されたUPOEの機能は、同社のエンタープライズ向けスイッチ「Cisco Catalyst 4500Eシリーズ」にまず搭載される。すでに販売中のUPOE対応モジュールを実装することで、1ポート当たり最大60Wの電力を対応機器に供給することが可能だ。イーサネットケーブルは標準的なCat5eを利用。PoE Plusでは8芯のうち4芯を電源供給に使うが、UPOEでは8芯すべてを用いることで60Wを実現している。


UPOEの概要
UPOEの概要


UPOEは現時点ではシスコの独自規格であるが、下位互換性も確保されており、PoE(IEEE802.3af)やPoE Plus(IEEE802.3at)対応機器にも給電できる。また、シスコでは今後UPOEの標準化も進めていく考えで、「おそらくこれから2年くらいかけて標準化されていくのでは」との見通しを木下氏は示した。なお、PoEやPoE Plusについても、シスコがまず技術開発を行い、その後約2年後にIEEEで標準化されるというプロセスを経てきたという。


シスコはこれまでからPoE技術をリードしてきたとアピール
シスコはこれまでからPoE技術をリードしてきたとアピール


UPOEの一番の意義といえるのは、30Wから60Wと電源供給能力が倍増したことで、「大半のオフィス機器に供給できるようになった」ことだ。従来、PoEで給電する機器というとIP電話機や無線LANアクセスポイント、小型スイッチ、ネットワークカメラなどが代表的だった。しかし、会見では、シスコ製のゼロクライアント端末「Cisco VXC」や卓上型のテレプレゼンス端末「Cisco TelePresence System EX60」などにイーサネットケーブルで給電するデモが行われた。


UPOEの適用例。例えば、デスクトップ環境の電源をイーサネットケーブル1本にまとめることができる
UPOEの適用例。例えば、デスクトップ環境の電源をイーサネットケーブル1本にまとめることができる


また、デモではシスコ製以外のUPOE対応機器への給電も披露された。1つはサムスン電子製のディスプレイ型ゼロクライアント端末「SyncMaster NC220」である。もう1つはDEP/シャルレライテックのLED照明。最近、節電のためLED照明の導入がオフィスでも進んでいるが、これはイーサネットで給電できるLED照明である。


LED照明へのPoE給電も
LED照明へのPoE給電も

 

今はまだUPOE対応機器は限られるが、標準化作業の進展に合わせて対応機器が今後広がってくることは間違いない。そうなれば、デスクトップ環境から照明まで、木下氏の言う通り、オフィス内のほとんどの機器をイーサネットケーブルで給電する時代がやってくるかもしれない。

スペシャルトピックスPR

zeta1903
sonet1903
rakus1903

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】
これからの企業ネットワークの
教科書  2019年度版
◆IoT時代の無線化オフィス ◆NW機器もサブスク化? ◆これが正解! 有線LAN高速化 ◆NW管理はマルチドメインで ◆常時SSL時代のセキュリティ

●[インタビュー] NTT 代表取締役副社長 井伊基之氏「GAFAに伍する国際競争力を」/●本格普及期へ突入するSD-WAN/●ファーウェイが“疑念”に反論/●MWC19 Barcelonaレポート/●セキュリティ人材不足時代の次世代FW/UTM/●NTTコムがeSIMによるIoT向け新サービス
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
NTTデータ先端技術20190325

スペシャルトピックス

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテルグローバルNWの可視化と最適化に
力を発揮するシングテルのSD-WAN

シングテルのSD-WANは、他のSD-WANと何が違うのか?

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺など、メールセキュリティを送受信の双方で強化

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

NTTコミュニケーションズ働き方改革を中小・中堅企業へ!

テレワークに必要なモバイルNW、PC、セキュリティをオールインワン提供するNTT Comの新パッケージ

SBクラウド日中間通信を国内並みの高品質に!
安心して使えるQR決済を下支え

Alipayで安定した決済サービスを提供するために導入した回線は?

パロアルトネットワークスパブリッククラウドをセキュアに!
24/365最新ポリシーで自動監視

パブリッククラウドのセキュリティリスクを軽減する「RedLock」

シーディーネットワークス中国でのWeb配信を8.5倍高速化
国内CDN事業者で唯一現地法人

中国でのWeb配信にはグレートファイアウォールなど多くの壁がある。

IIJグローバルソリューションズ日中の拠点間通信に“第3の選択肢”
セキュリティ対策も万全

日中間通信で「高品質」と「低コスト」の“いいとこ取り”!

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

アクセスランキング

tc1904
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます