新製品&新サービス

シスコが60Wの次世代PoEを発表 「オフィスからAC電源ケーブルをなくしていく」

文◎太田智晴(編集部) 2011.10.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

シスコシステムズが60Wの電源供給が可能な次世代PoE「UPOE」を発表した。従来比2倍の電源供給能力を実現したことで、多くの機器への給電が可能に。大幅な省エネ効果などを武器に、「オフィスからAC電源ケーブルをなくしていく」とシスコの木下専務は意気込んだ。


シスコシステムズは2011年10月18日、60Wの電源供給が可能な次世代PoE「UPOE」(Universal Power Over Ethernet)を発表した。現在広く普及するPoE Plusの30Wと比べて1ポート当たり2倍の電力を供給できることから、イーサネットケーブルで電源供給可能な機器の幅が大きく広がることになる。「Universalという言葉には“万能”という意味が込められている。UPOEにより、オフィスの中のAC電源ケーブルをなくしていく」とシスコシステムズ 専務執行役員の木下剛氏は語った。


シスコシステムズ 専務執行役員 木下剛氏
シスコシステムズ 専務執行役員 木下剛氏


今回発表されたUPOEの機能は、同社のエンタープライズ向けスイッチ「Cisco Catalyst 4500Eシリーズ」にまず搭載される。すでに販売中のUPOE対応モジュールを実装することで、1ポート当たり最大60Wの電力を対応機器に供給することが可能だ。イーサネットケーブルは標準的なCat5eを利用。PoE Plusでは8芯のうち4芯を電源供給に使うが、UPOEでは8芯すべてを用いることで60Wを実現している。


UPOEの概要
UPOEの概要


UPOEは現時点ではシスコの独自規格であるが、下位互換性も確保されており、PoE(IEEE802.3af)やPoE Plus(IEEE802.3at)対応機器にも給電できる。また、シスコでは今後UPOEの標準化も進めていく考えで、「おそらくこれから2年くらいかけて標準化されていくのでは」との見通しを木下氏は示した。なお、PoEやPoE Plusについても、シスコがまず技術開発を行い、その後約2年後にIEEEで標準化されるというプロセスを経てきたという。


シスコはこれまでからPoE技術をリードしてきたとアピール
シスコはこれまでからPoE技術をリードしてきたとアピール


UPOEの一番の意義といえるのは、30Wから60Wと電源供給能力が倍増したことで、「大半のオフィス機器に供給できるようになった」ことだ。従来、PoEで給電する機器というとIP電話機や無線LANアクセスポイント、小型スイッチ、ネットワークカメラなどが代表的だった。しかし、会見では、シスコ製のゼロクライアント端末「Cisco VXC」や卓上型のテレプレゼンス端末「Cisco TelePresence System EX60」などにイーサネットケーブルで給電するデモが行われた。


UPOEの適用例。例えば、デスクトップ環境の電源をイーサネットケーブル1本にまとめることができる
UPOEの適用例。例えば、デスクトップ環境の電源をイーサネットケーブル1本にまとめることができる


また、デモではシスコ製以外のUPOE対応機器への給電も披露された。1つはサムスン電子製のディスプレイ型ゼロクライアント端末「SyncMaster NC220」である。もう1つはDEP/シャルレライテックのLED照明。最近、節電のためLED照明の導入がオフィスでも進んでいるが、これはイーサネットで給電できるLED照明である。


LED照明へのPoE給電も
LED照明へのPoE給電も

 

今はまだUPOE対応機器は限られるが、標準化作業の進展に合わせて対応機器が今後広がってくることは間違いない。そうなれば、デスクトップ環境から照明まで、木下氏の言う通り、オフィス内のほとんどの機器をイーサネットケーブルで給電する時代がやってくるかもしれない。

スペシャルトピックスPR

mi1811
yamaha1811
hcnet1812

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT LIFE 争奪戦
   ホームからヘルスケア、育児、ペットまで

◆JAIST 丹康雄教授インタビュー「スマートホームからライフへ」/◆ スマートホーム市場の行方/◆IoTで家事を効率的に/◆医師がIoTを処方する時代へ/◆BabyTechが子育て世代を救/◆ペットの健康をIoTが守る

●光ファイバーもLTEもダメでも諦めない!“ワケあり物件”のネットワーク構築法/●スマートメーターへの採用進むHD-PLC/●見えてきた新自営無線「sXGP」の実力/●ZETAが仕掛ける「LPWA 2.0」
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

アクセスランキング

tcb
iot24-2

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます