無線LAN

新着記事

Wi-Fiセキュリティをより強固に、新規格「WPA3」「Easy Connect」が登場

無線LANの業界団体であるWi-Fi Allianceが2018年6月28日、新たなセキュリティの認証プログラム「WPA3」を発表した。10年以上使われてきたWPA2をより強固にしたもので、2019年後半頃には様々なメーカーの無線LAN製品への搭載が始まる見通しだ。また、IoTデバイス向けに、簡素な手順でセキュリティ機能を搭載できる「Easy Connect」も合わせて発表された。

[2018.06.28]

普及進む「クラウド管理型無線LAN」――多拠点の無線APをらくらく統合管理

多拠点・多店舗を持つ企業を中心に、クラウド管理型無線LANソリューションが普及している。導入にあたっては、ベンダーごとに異なる得意分野を見極めることが肝心だ。

[2018.06.13]

ワイヤレスジャパン 2018/ワイヤレスIoT EXPO 2018

電車を長距離無線LANでIoT化、中国モノレールやロシア地下鉄で採用実績

[2018.05.24]

記事一覧

Wi-Fiセキュリティをより強固に、新規格「WPA3」「Easy Connect」が登場

無線LANの業界団体であるWi-Fi Allianceが2018年6月28日、新たなセキュリティの認証プログラム「WPA3」を発表した。10年以上使われてきたWPA2をより強固にしたもので、2019年後半頃には様々なメーカーの無線LAN製品への搭載が始まる見通しだ。また、IoTデバイス向けに、簡素な手順でセキュリティ機能を搭載できる「Easy Connect」も合わせて発表された。

[2018.06.28]

普及進む「クラウド管理型無線LAN」――多拠点の無線APをらくらく統合管理

多拠点・多店舗を持つ企業を中心に、クラウド管理型無線LANソリューションが普及している。導入にあたっては、ベンダーごとに異なる得意分野を見極めることが肝心だ。

[2018.06.13]

ワイヤレスジャパン 2018/ワイヤレスIoT EXPO 2018

電車を長距離無線LANでIoT化、中国モノレールやロシア地下鉄で採用実績

[2018.05.24]

新「Wi-Fi Vantage」で公衆無線LANの混雑を最大30%緩和

公衆無線LANの混雑を最大で3割も緩和できる可能性を持つ「Wi-Fi Vantage」のトライアルが東京・渋谷で実施された。商用化されれば、公衆無線LANでVoIPも円滑に使えるようになる。

[2018.05.01]

サイレックス、36カ国でそのまま使える産業IoT向け無線LAN APを発売

[2018.04.23]

ヤマハ初のトライバンド対応無線LAN AP、最大150台が接続可能で卓上設置も

[2018.04.04]

AIアシスタントがWi-Fi運用をサポート――ネットワンとMist Systemsが新技術を発表

2014年に設立されたクラウドWi-Fiのスタートアップである米Mist Systemsと、同社製品を国内で取り扱うネットワンパートナーズが2018年3月22日、記者発表会を開催した。Mist Systemsは、ディープラーニング技術を活用してWi-Fiの運用を簡略化する「Virtual Network Assistant(VNA)」を開発。国内で3月中に提供を始める。

[2018.03.22]

<特集>これから2020年までに起こること

【NW未来予想図01】無線LANは11axが主流に。光並み20ギガWi-Fiも

2020年の無線LANは、高密度環境でも速度が落ちにくい次世代規格「11ax」が主流になる。一方、60GHz帯を用いる新規格「11ay」の標準化も進展。実効速度20Gbps超のWi-Fiが実現しているかもしれない。

[2018.02.06]

Wi-Fi Meshに注力するクアルコム――米市場で家庭向けネットワーク機器が急伸

マイナーな存在であったWi-Fi Meshのマーケットが急速に立ち上がってきている。トリガーとなったのはクアルコムが開発した「Wi-Fi SON(自己組織化ネットワーク)」技術。米国ではホームWi-Fi機器の4割がMesh対応製品となっており、その9割以上にクアルコムのチップが採用されている。日本でもバッファローが製品化に乗り出した。

[2018.02.01]

”1万円ちょっと”の無線APも追加 ―― シスコが中小向けブランドCisco Startを強化

従業員100名以下の中小企業をターゲットとして、シスコシステムズが2015年に立ち上げた低価格ブランド「Cisco Start」が好調だ。同社の2017年会計年度の売上は、対前年度比で驚異の240%成長を達成。この勢いをさらに増すべく、製品ラインナップの拡充と販売体制の強化に乗り出す。

[2018.01.17]

導入後に困らないWi-Fiを作ろう! [最終回]先進機能編

今や企業に不可欠な無線LAN。だからこそ、安定的かつ安全に通信できる製品を選ばなければ、導入後にトラブルに見舞われることになる。最終回となる第3回は、将来を見据えたベンダーの先進的な取り組みを紹介しよう。

[2017.12.19]

アルバ、100社以上のセキュリティ製品と連携する「Aruba 360 Secure Fabric」の国内提供を開始

ネットワークとセキュリティは分断されていて、製品も技術者のスキルも、ユーザー企業の担当者も別々。そんな状態で多層防御なんて実現できるのか――。この課題を解決し、“真の多層防御”を実現しようとする取り組みが始まった。主導するのは、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)傘下でネットワーク事業を手掛けるアルバ(Aruba)だ。

[2017.12.15]

導入後に困らないWi-Fiを作ろう! [第2回]セキュリティ編

今や企業に不可欠な無線LAN。だからこそ、安定的かつ安全に通信できる製品を選ばなければ、導入後にトラブルに見舞われることになる。第2回は、最新のセキュリティ機能にフォーカスする。

[2017.12.15]

導入後に困らないWi-Fiを作ろう! [第1回]運用管理編

今や企業に不可欠な無線LAN。だからこそ、安定的かつ安全に通信できる製品を選ばなければ、導入後にトラブルに見舞われることになる。そうならないよう、ぜひ使うべき最新機能をレポートする。

[2017.12.13]

屋内ドローンで残業監視という「新しい時代」――NTT東日本らが来春サービス開始へ

「オフィス内をドローンが飛ぶという新しい時代を体感してほしい」(大成 専務取締役の加藤憲博氏)――。大成とブルーイノベーション、NTT東日本は、屋内ドローンで残業を監視するサービス「T-FREND」の開始を発表した。

[2017.12.07]

次世代Wi-Fi「11ax」の発売はいつ本格化する?

企業ネットワーク市場では現在、IEEE802.11ac Wave 2の採用が進んでいるが、次世代規格「IEEE802.11ax」の標準化も進められている。11axの特徴と製品化が本格化する時期について解説する。

[2017.12.05]

ブロケードとアバイアの統合で「世界3位」に躍進したエクストリームが事業戦略を発表

ブロケードにアバイアと、ネットワークベンダーの買収を続けてきたエクストリーム ネットワークスが2017年11月16日、事業戦略発表を行った。企業のネットワークエッジからデータセンターネットワークまでポートフォリオを広げ、「世界3位」に躍進。今後はソフトウェア中心のアプローチで製品・ソリューションの強化を進めるという。

[2017.11.16]

NTT-AT、高密度AP環境での通信品質を底上げするスタジアム向け無線LAN

[2017.10.24]

日商エレ、「第5世代無線LAN」のAerohive製品の販売開始

[2017.10.18]

WPA2の脆弱性への対応策をIPAが公開

[2017.10.17]

12345678910

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

よりスマートなネットワークを構築するための9ステップ

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

IoT導入のベストプラクティス・トップ5

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

デジタル・ワークプレイスのネットワーク設計図とチェックリスト

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

ネットワークの先進化によるビジネスのデジタル化 - ユナイテッド航空等に学ぶ

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

IoT、モビリティ、あるいは油断がハッカーの付け込むスキ

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

製品の進化が引き起こすキャンパスLAN市場の変革

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
intel1806
ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます