無線LAN

新着記事

アルバがNaaSの新戦略「無線・有線LANもWANもまとめて自動化」

サービスとしてのネットワークを意味するNaaS(Network as a Service)の導入検討が加速している。背景にあるのが、リモートワークの普及やクラウドの利用拡大だ。より柔軟で拡張性が高く、運用がシンプルなネットワークが欲しい――。そんな声に応えるため、Arubaはネットワーク機能のサービス化と自動化を推し進めていくという。

[2022.04.25]

SPECIAL TOPIC

強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに

無線通信向け測定器を世界市場で展開する独ローデ・シュワルツが、得意とするミリ波技術で6Gへの取り組みを強めている。2021年にはミュンヘン本社で大学・研究機関とともに158/300GHzの伝送実験を実施。170GHzまで対応可能な無線伝搬試験ソリューションの提供準備も進めている。ミリ波技術を活かし、セキュリティ、車載レーダーなどの事業にも力を入れる。

[2022.04.25]

SPECIAL TOPIC

ミリ波の5Gをキャリア向けに早期から提供 L5Gでサブ6オールインワン型基地局も

ローカル5Gの“本命”とも期待されているミリ波。しかしミリ波対応の基地局装置を提供できるベンダーは少なく、できてもキャリア向けの大手ベンダーが中心だ。エアースパンは楽天モバイルなどでの稼働実績を持ちながら、スモールセル向けのミリ波対応基地局をはじめ、柔軟なラインナップを企業へ提供する。

[2022.04.22]

記事一覧

アルバがNaaSの新戦略「無線・有線LANもWANもまとめて自動化」

サービスとしてのネットワークを意味するNaaS(Network as a Service)の導入検討が加速している。背景にあるのが、リモートワークの普及やクラウドの利用拡大だ。より柔軟で拡張性が高く、運用がシンプルなネットワークが欲しい――。そんな声に応えるため、Arubaはネットワーク機能のサービス化と自動化を推し進めていくという。

[2022.04.25]

SPECIAL TOPIC

強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに

無線通信向け測定器を世界市場で展開する独ローデ・シュワルツが、得意とするミリ波技術で6Gへの取り組みを強めている。2021年にはミュンヘン本社で大学・研究機関とともに158/300GHzの伝送実験を実施。170GHzまで対応可能な無線伝搬試験ソリューションの提供準備も進めている。ミリ波技術を活かし、セキュリティ、車載レーダーなどの事業にも力を入れる。

[2022.04.25]

SPECIAL TOPIC

ミリ波の5Gをキャリア向けに早期から提供 L5Gでサブ6オールインワン型基地局も

ローカル5Gの“本命”とも期待されているミリ波。しかしミリ波対応の基地局装置を提供できるベンダーは少なく、できてもキャリア向けの大手ベンダーが中心だ。エアースパンは楽天モバイルなどでの稼働実績を持ちながら、スモールセル向けのミリ波対応基地局をはじめ、柔軟なラインナップを企業へ提供する。

[2022.04.22]

シスコMerakiに新製品が続々、Wi-Fi 6E APやAIカメラ・IoTセンサーなど追加

クラウド管理型のWi-Fiやスイッチ/ルーター、セキュリティ製品等を提供するCisco Merakiが、ポートフォリオを大幅に拡充する。同ブランドで初となるWi-Fi 6Eアクセスポイントのほか、映像解析AIを強化したセキュリティカメラ、IoTセンサー等の新製品を追加する。

[2022.04.11]

「Wi-Fi 6EのAPがほぼ完売」ネットギアがメッシュWi-Fiで市場に攻勢

米シリコンバレー発ネットワーク機器ベンダーのネットギアは今、ビジネス向けメッシュWi-Fi「Orbi Pro」シリーズを主力に展開している。日本でもメッシュWi-Fiの普及の兆候が出ているという。海外では新規格のWi-Fi 6Eが解禁され、こちらもWi-Fi市場にとって追い風となっている。ネットギアジャパン 代表 杉田哲也氏に同社の現状と戦略を聞いた。

[2022.03.31]

シスコがWi-Fi 6E新製品を発表、ローカル5Gもクラウド型で提供へ

あらゆる場所で仕事をするハイブリッドワークが定着の兆しを見せるなか、シスコはこの働き方を支える基盤の一部として、新しいワイヤレス製品を発表した。2022年内の解禁が予想される「Wi-Fi 6E」と、ローカル5Gソリューションだ。有線LANも含めて全アクセス方式を統合管理する仕組みも合わせて提供する。

[2022.03.29]

ソフトバンクと米Sandbox AQ、量子コンピューターで解読不可能な次世代暗号方式の早期実装へ

[2022.03.23]

ALANコンソーシアムが水中光無線通信、水中LiDARの成果発表

ALANコンソーシアムが、水中光無線通信、水中LiDARなどの実証成果を発表した。前者では通信速度1Gbps、通信距離100mを実現し、後者は高速・高精細化が進んでいるという。

[2022.03.22]

SPECIAL TOPIC

Wi-SUN認証デバイスが1億台突破 日本発の世界標準規格の普及加速

スマートグリッドやスマートシティの実現手段として海外でも採用が広がる日本発のIoT無線規格、Wi-SUN──。2月に開催されたイベント「Wi-SUN Open House 2022 Winter」では、1億台を超えるWi-SUN認証デバイスが出荷されていることが示された。2.4Mbpsへの高速化、電力・水道・ガスの共同インフラ化など、新たな進化も始まっている。

[2022.03.18]

西日本最大級のeスポーツ施設、ジュニパーのMist無線APなど採用

[2022.03.11]

NTTが60GHz帯無線LANの高速移動体向け伝送を実現、ドローン・車への適用が可能に

[2022.02.25]

佐賀県玄海町がWi-Fi 6で観光・住民サービス向け基盤構築、Aruba製APを採用

[2022.02.22]

SPECIAL TOPIC

IoT向け回線に求められる要件とは 「分からない」だらけのIoTをNTT Comが解決

「IoT Connect Mobile(R) Type S」は、NTTコミュニケーションズの高品質なネットワークを活用したIoTモバイルデータ通信サービスだ。デバイスのスペックや必要なセキュリティレベル、映像伝送に使いたいなどユーザーの要望に合わせて柔軟にプランを選択できる。NTT Comの知見を活かし、ネットワークに留まらず幅広い相談に乗ってくれるのも特徴だ。

[2022.02.10]

企業ネットワークの過去、現在、未来[最終回]

AI・自動化を活用した次世代ネットワークを考える

デジタル化、DXなど企業を取り巻くIT環境の変革の必要性が話題となってからすでに数年が経過しています。一方、企業にネットワークが導入されるようになってから25年以上経過しています。3回にわたり企業ネットワークの変遷を振り返り、現在、未来のあるべき姿について考える本連載の最終回である第3回では「これからの企業ネットワークが目指す姿」を考えてみます。

[2022.02.09]

<特集>特化型ワイヤレス進化論

ワイヤレス給電が長距離化 竹中工務店はフロア全体のセンサーへ電源供給

10m以上離れた場所へ給電できる「空間伝送型ワイヤレス電力伝送システム」が着実に進化している。2021年11月からビルマネジメントでの導入がスタート。一方、スマホ向けの実用化は時間がかかりそうだ。

[2022.02.08]

<特集>特化型ワイヤレス進化論

音声通信が20年ぶり進化 Bluetoothの新規格「LE Audio」

ワイヤレスオーディオと言えばBluetooth。それほどに浸透したこの無線通信技術を20年ぶりに刷新する次世代規格が登場する。「LE Audio」だ。新たな音声活用シーンの創出も期待される。

[2022.01.31]

SPECIAL TOPIC

5G基地局に「電力供給問題」 2つの解決策とは?

4Gと比べてより多くの電力が必要とされる5Gネットワーク――。その整備を加速させる新たな手立てとして、米コムスコープが提唱しているのが、モバイル基地局への電力供給手法の見直しである。既存の電力システムには、5G基地局の早期展開を進める上で2つの問題があるという。コムスコープが指摘する5Gの「電力供給問題」とその解決策を見ていこう。

[2022.01.28]

「ローカル5Gも11ahもWi-Fi 6も」 サイレックスが組み込み無線開発の新拠点

Wi-Fiを中心に組み込み無線モジュールやネットワーク機器を製造・販売するサイレックス・テクノロジーが、ローカル5G製品の開発・検証拠点「THE BASE」をオープンする。Wi-Fi 6と802.11ahの無線LAN規格も使用できる環境を整備。顧客・パートナーと共同でワイヤレス製品の開発を促進する。

[2022.01.27]

「海中1ギガ無線」へ大きな一歩、JAMSTECが100mの光ワイヤレス通信実験に成功

海中光ワイヤレス通信の研究開発を進める海洋研究開発機構(JAMSTEC)とトリマティスが、伝送距離100m超で1Gbpsの高速通信実験に成功した。数十Mbpsだった従来技術に比べて、一気に数十倍も高速化。海中資源開発や防災をはじめ、海中通信のユースケース開拓を後押しすることが期待される。

[2022.01.27]

ネットギア、法人向けWi-Fi 6対応APにエントリーモデル

[2022.01.25]

12345678910

スペシャルトピックスPR

www2202
ntt002
ntt001
ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズ近づくISDN終了 ワンストップの移行サービスが登場

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

IoT用のSIMはきめ細かに管理する!
閉域網、帯域確保で安定・安全通信

スマホでおなじみの「mineo」が、IoTでも利用を拡大している。

NEEDLEWORK(ニードルワーク)ネットワークテストの負担から
SIerを解放する自動化製品!

200時間の作業が数10秒の例も!
テストの品質向上にもお勧めだ。

フォーティネット5G特有の脅威に備え、セキュアで柔軟なローカル5G・プライベート5G

ローカル5G・プライベート5Gではセキュリティリスクへの対処も必要だ。

Alkira4か月かかるクラウド接続を1日で!

DX時代に欠かせないマルチクラウドネットワークの一元管理が、Alkiraなら内製でも容易に実現可能

IoT Connect Mobile Type S柔軟なIoT回線で閉域にも大容量にも
IoTの「分からない」を一緒に解決

ユーザーの要望に合わせて柔軟にプランを選択できる!

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。