セキュリティ

新着記事

日商エレ、企業インフラ内に潜伏する脅威を調査/診断するサービス

[2018.08.15]

働き方改革のセキュリティ対策の正解は? 「許可してモニタリング」をガートナーは提案

ガートナーによれば、セキュリティ担当者の8割が「働き方改革」のセキュリティ対策に不安を感じている。ユーザーの利便性を落とさずセキュリティを維持するには――。そんな悩みにスッと効く"処方箋"が「許可してモニタリング」だ。

[2018.08.09]

ウォッチガード、UTMの新製品「FireBox M270」とAI活用のアンチウイルス機能

[2018.08.08]

記事一覧

日商エレ、企業インフラ内に潜伏する脅威を調査/診断するサービス

[2018.08.15]

働き方改革のセキュリティ対策の正解は? 「許可してモニタリング」をガートナーは提案

ガートナーによれば、セキュリティ担当者の8割が「働き方改革」のセキュリティ対策に不安を感じている。ユーザーの利便性を落とさずセキュリティを維持するには――。そんな悩みにスッと効く"処方箋"が「許可してモニタリング」だ。

[2018.08.09]

ウォッチガード、UTMの新製品「FireBox M270」とAI活用のアンチウイルス機能

[2018.08.08]

NTTがグローバル持株会社を設立――「ワンNTT」で海外事業を強化

NTTが今秋までに、持株会社の傘下にグローバル持株会社を設立し、NTTコミュニケーションズ、ディメンションデータ、NTTデータなど5社を移管する。「ワンNTT」で戦える体制を作ることで、グローバルにおける競争力を強化する狙いがある。

[2018.08.07]

ベライゾンがデータ漏洩の実態報告「人事部門と財務部門では対策が違う」

[2018.08.02]

ウォッチガード、中小向けの多要素認証サービス「AuthPoint」

[2018.07.31]

NTT東日本、「標的型攻撃メール訓練」を提供開始

[2018.07.31]

プルーフポイント、人にフォーカスした新メールセキュリティ対策

[2018.07.26]

SPECIAL TOPIC

潜伏する脅威をAIが検知! 産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのサイバーセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する。中核を担うのは、社内ネットワークの内部に潜伏する脅威をAIで検知するVectra Networks社の「Xシリーズ」である。汎用技術の採用やIoT化が進展する電力・ガスや工場・プラントなどの産業用制御システム(ICS)分野も守備範囲だ。

[2018.07.25]

日商エレら、マルウェア感染端末を自動隔離する連携ソリューション

[2018.07.24]

ファイア・アイ、サイバー攻撃と地政学的状況の関連性を強調

[2018.07.23]

IoT時代のビルシステム向けセキュリティ対策、NTTセキュリティらが提供

[2018.07.09]

九工大、Big SwitchのSDN導入によりセキュリティ機器を実環境で検証

[2018.07.04]

トレンドマイクロ、標的型サイバー攻撃の傾向と対策を分析

トレンドマイクロが「国内標的型サイバー攻撃分析レポート 2018年版」を公開し、解説セミナーを2018年6月25日に開催した。調査では、4組織に1組織に標的型サイバー攻撃に使われる遠隔操作ツールが侵入していることが判明した。また、攻撃の隠蔽方法はますます巧妙化しており、検知も難しくなっているという。

[2018.06.29]

Wi-Fiセキュリティをより強固に、新規格「WPA3」「Easy Connect」が登場

無線LANの業界団体であるWi-Fi Allianceが2018年6月28日、新たなセキュリティの認証プログラム「WPA3」を発表した。10年以上使われてきたWPA2をより強固にしたもので、2019年後半頃には様々なメーカーの無線LAN製品への搭載が始まる見通しだ。また、IoTデバイス向けに、簡素な手順でセキュリティ機能を搭載できる「Easy Connect」も合わせて発表された。

[2018.06.28]

ウォッチガード、「中小企業も“多要素認証”の機が熟した」――データ侵害を受けたSMBの60%が倒産・廃業

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンが記者発表会を行い、3つのテーマからなる2018年の製品戦略を説明した。特に強調された1つが、多要素認証の新ソリューション。データ侵害の原因の81%はパスワードにあり、中小企業においても多要素認証の重要性が高まっているという。また、新社長の谷口忠彦氏も登壇した。

[2018.06.27]

アーバー、IPv6環境向けDDoS攻撃検知・ミティゲーションの新製品

[2018.06.19]

<WAF最新動向>急増するWebアプリケーション攻撃からサイトを守れ

企業にとってWebサイトは欠かせない存在。しかし、その脆弱性を狙った攻撃による被害が相次いでいる。Webサイトをサイバー攻撃から守るうえで必須の対策といえるWAFの最新動向を解説する。

[2018.06.15]

トレンドマイクロ、NFV環境向けのネットワークセキュリティソフトウェア

[2018.06.04]

ラック、「IoTセキュリティ診断サービス」を開始

[2018.05.31]

12345678910

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

よりスマートなネットワークを構築するための9ステップ

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

IoT導入のベストプラクティス・トップ5

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

デジタル・ワークプレイスのネットワーク設計図とチェックリスト

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

ネットワークの先進化によるビジネスのデジタル化 - ユナイテッド航空等に学ぶ

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

IoT、モビリティ、あるいは油断がハッカーの付け込むスキ

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

製品の進化が引き起こすキャンパスLAN市場の変革

スペシャルトピックスPR

comarch1806
bmtech1806
iijglobal1806
ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます