キーパーソンが語る

新着記事

NTTドコモ谷常務に聞く「O-RANが海外事業の新しい入口 サイバー・フィジカル融合を進化」

モバイルサービスは20年ごとに大きく進化してきた。この20年周期説が今後も有効だとすると、5Gから始まる「新たな20年」には何が起こるのか。NTTドコモの研究開発の指揮を執る谷常務は「サイバー・フィジカル融合」をキーワードに挙げる。5Gの高度化、O-RAN、6GとIOWN、そしてドコモがサイバー・フィジカル融合によって目指すこれからのサービス像について谷常務に話を聞いた。

[2021.05.10]

シスコ中川社長「新市場作りが使命。5Gと企業ネットを融合」

今まで別々だった通信事業者とエンタープライズのネットワークを融合し、「新しいマーケットを作っていくことはシスコの使命」。サービスプロバイダー事業を統括する副社長としてシスコジャパンの好業績を牽引し、2021年1月25日付けで社長へ昇格した中川いち朗氏に、5G時代に必要なネットワーク変革やシスコの戦略について聞いた。(取材は社長就任前の2020年12月に実施)

[2021.03.08]

富士通 水野常務「5G海外攻勢の足場づくり着々。VMNOが今後重要に」

オープン化や米中対立を背景に、日本の通信ベンダーの海外展開への期待が高まっているが、「着々とその足場づくりが出来てきた」。米DISH Networkによる5G基地局の大量調達でも注目を集めた富士通のネットワーク事業をリードする水野常務はこう自信を見せる。富士通は5Gやローカル5G、さらにその先の6Gに向けて、どんな戦略を描いているのか。水野常務に詳しく聞いた。

[2021.02.15]

記事一覧

NTTドコモ谷常務に聞く「O-RANが海外事業の新しい入口 サイバー・フィジカル融合を進化」

モバイルサービスは20年ごとに大きく進化してきた。この20年周期説が今後も有効だとすると、5Gから始まる「新たな20年」には何が起こるのか。NTTドコモの研究開発の指揮を執る谷常務は「サイバー・フィジカル融合」をキーワードに挙げる。5Gの高度化、O-RAN、6GとIOWN、そしてドコモがサイバー・フィジカル融合によって目指すこれからのサービス像について谷常務に話を聞いた。

[2021.05.10]

シスコ中川社長「新市場作りが使命。5Gと企業ネットを融合」

今まで別々だった通信事業者とエンタープライズのネットワークを融合し、「新しいマーケットを作っていくことはシスコの使命」。サービスプロバイダー事業を統括する副社長としてシスコジャパンの好業績を牽引し、2021年1月25日付けで社長へ昇格した中川いち朗氏に、5G時代に必要なネットワーク変革やシスコの戦略について聞いた。(取材は社長就任前の2020年12月に実施)

[2021.03.08]

富士通 水野常務「5G海外攻勢の足場づくり着々。VMNOが今後重要に」

オープン化や米中対立を背景に、日本の通信ベンダーの海外展開への期待が高まっているが、「着々とその足場づくりが出来てきた」。米DISH Networkによる5G基地局の大量調達でも注目を集めた富士通のネットワーク事業をリードする水野常務はこう自信を見せる。富士通は5Gやローカル5G、さらにその先の6Gに向けて、どんな戦略を描いているのか。水野常務に詳しく聞いた。

[2021.02.15]

日本マイクロソフト手島常務「人の打率上げるのがデジタル。リモートを価値に変える」

「お客様との接し方のレベルが劇的に向上した」――。以前から当たり前のようにリモートワークを実践してきた日本マイクロソフトだが、コロナ禍の中、社員の生産性がさらに向上する「大きな行動の変化があった」と手島常務は明かす。社員1人ひとりのイノベーションの「打率」を上げるのがデジタルの役割と言う同氏。デジタルトランスフォーメーションの次のカギは「3つの軸に収まる」と語る。

[2021.01.12]

「AIエッジ×5Gの社会実装進める」OKI坪井専務

過去3年、「社会インフラ×IoT」を掲げて事業を拡大してきたOKI。新たな「中期経営計画2022」では、そのベースの上にAIエッジと5Gを活用したソリューション展開によりさらなる成長を目指す。コロナ禍で重要さが増すDX化、ニューノーマルへの移行ニーズも追い風に、IoT/AIの社会実装を本格化させると坪井正志専務は意気込む。

[2020.12.28]

<特集>5Gこれからどうなる?

工場5Gはエリア定額で 製造業での本格普及には何が必要か?

5Gの活用が最も期待される領域の1つである製造業。生産設備の遠隔制御、画像解析による品質管理など様々な用途が検討されているが、この動きを加速させるには何が必要なのか。業界団体のIVIに聞いた。

[2020.12.24]

<特集>5Gこれからどうなる?

「5Gニーズは3年加速した」5GMFアプリ委員長 岩浪剛太氏

「5G時代に起きる変化は、コロナで3年加速した」。5GMF(第5世代モバイル推進フォーラム)のアプリケーション委員会委員長として、5G時代の近未来ビジョンづくりをリードしてきたインフォシティの岩浪氏はこう語る。日本が5G時代に飛躍するうえでのポイントは3つ。なかでも日本の「信頼」をベースにした5G前提のデジタル・ガバメントに岩浪氏は期待を寄せる。

[2020.12.23]

AI化とオープン化がもたらす革新

エヌビディアが目指すネットワークの未来像

メラノックスとキュムラスを相次いで買収し、ネットワーク事業の強化を進めるNVIDIA(エヌビディア)。GPUコンピューティング、AIの代名詞とも言える同社はNetwork(ネットワーク)の分野でどんな革命を起こそうとしているのか。米本社と日本ビジネスユニットのキーマン2人に聞いた。

[2020.12.14]

「サイバー大災害はあり得る」情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長

「コロナはDXにとって強風の追い風。このまま走ろう」。情報セキュリティ大学院大学の後藤学長は、DXの加速にこう大きな期待を寄せるが、その上で欠かせないのがセキュリティの強化だ。サイバー攻撃がフィジカル空間に到達する今後、「サイバー攻撃に起因する大規模災害もあり得る」と後藤学長は警告する。ポストコロナ時代のセキュリティの「ニューノーマル」を聞いた。

[2020.11.16]

ローカル5Gサミット 2020 講演レポート

東陽テクニカが解説「ローカル5Gに向けた無線/有線ネットワークの評価手法とは」

ローカル5Gのサービス開始までには、ネットワークの各機能に対する性能評価や他のネットワークとの相互接続検証が必要不可欠だ。東陽テクニカは、屋内の無線ネットワーク設計を支援する「iBwave Design」やモバイルコアネットワーク向けパフォーマンステスタ「Spirent Landslide」を提供している。同社の花澤氏と金岡氏が無線および有線の評価手法を紹介した。

[2020.10.15]

ローカル5Gサミット 2020 講演レポート

インテル堀田氏「5Gではエッジの機能が差別化要素に」

データの価値を最大限に引き出し、ビジネスに有効活用する「データ・セントリック・トランスフォーメーション(DcX)」を推進するインテル。DcXを実現するうえで重要な役割を果たすのが5G/ローカル5Gだ。5G/ローカル5Gの特徴を活かすには、クラウドの機能をエッジに集約することが必要になるという。

[2020.10.13]

<特集>オフィスのNew Normal

どうなる?企業LAN/WANのニューノーマル ITR甲元氏に聞く

政府のテレワーク率70%要請に象徴されるように、働く場の分散化がますます進むなか、企業ネットワークはどう変わっていくのか。ITRの甲元宏明氏に「LAN/WANのニューノーマル」について聞いた。

[2020.10.13]

NTTコム丸岡社長「DXのプラットフォーマーへ。地域・産業・教育にまず注力」

「今後もチャレンジングな会社でありたい」。NTTコミュニケーションズの丸岡新社長はこう抱負を述べる。ICTを活用して社会課題を解決する「Smart World」の実現をNTTグループは目標に掲げるが、今年はまず「地域DX」「産業DX」「教育DX」の3つに力を入れると意気込む丸岡新社長。目指すは、企業のDXを支えるプラットフォーマーへの事業構造転換だ。(取材は2020年8月に実施)

[2020.10.06]

NEC河村常務「NTT、楽天と大きな筋道作れた。世界RAN市場の20%を狙う」

NECのキャリア向け事業が急展開を見せている。6月に楽天とNTTのそれぞれと製品の共同開発とそのグローバル展開を発表。キャリアとのパートナーシップにより5G/6Gの世界市場に挑戦していく。この2つの提携の背景にあるのは、テレコム業界を大きく揺り動かしているオープン化とファーウェイ排除の流れ――。NEC 執行役員常務の河村厚男氏に話を聞いた。

[2020.09.24]

ソフトバンク藤長常務「5G共創は実用化にこだわる。プライベート5Gにかなりの反響」

新型コロナの影響の全容が明らかになっていく中、「デジタル化を加速しないと生き残れないことも明白になる」――。ソフトバンクの法人事業戦略をリードする藤長国浩常務はこう語る。デジタルトランスフォーメーション本部を約3年前に立ち上げ、企業・自治体のデジタル化支援に力を注いできたソフトバンク。5Gなどを活用し、日本企業はどうデジタル化を進めるべきかを聞いた。

[2020.09.10]

テラヘルツ波の第一人者、NICT寳迫氏に聞くワイヤレスの未来「Society 5.0へ無線フル活用」

あらゆる無線通信をフル活用しないと、Society 5.0を支えられない――。Beyond 5G(6G)で脚光を浴びるテラヘルツ波研究の第一人者であり、情報通信研究機構(NICT)のワイヤレスネットワーク総合研究センター長を務める寳迫巌氏はこう強調する。これからの無線通信はどこを目指すべきなのかを聞いた。

[2020.08.18]

<特集>コロナ・5G・AI

コロナ時代、企業ネットワークをどう変える? ガートナー池田氏に聞く

コロナ禍は図らずも、企業間における働き方の差を浮き彫りにした。最早、“移動しなければ働けない”企業は生き残れない。withコロナ時代を支える企業ネットワークついて、ガートナーの池田武史氏に聞いた。

[2020.07.10]

<特集>コロナ・5G・AI

ベライゾンビジネスCEO「5Gがすべてを変えていく」

「ベライゾンは今後も5Gへの旅路を先導する役割を担っていく」――。通信業界のグローバルリーダーの1社である同社は今、新型コロナにどう立ち向かい、さらに5Gをどう推進しているのだろうか。世界150カ国に顧客を持つベライゾンビジネスのCEO、タミ・アーウィン氏は「新型コロナでDXは加速する。5Gの需要も伸びていくだけだ」と語る。

[2020.07.09]

テーラーメイド型の脅威インテリジェンスで可視化

イスラエル発のスタートアップIntSights、日本でもユーザー拡大

イスラエル発のセキュリティスタートアップであるIntSight社が注目を集めている。2015年の創業当時に2名だった従業員は約200名にまでなった。主軸のサービスは、テーラーメイド(オーダーメイド)型の脅威インテリジェンスサービスだ。日本法人のカントリーマネージャーを務める岩崎公一氏によれば、他社に比べてAIを強く活用することで、効率化できているという。

[2020.06.23]

<特集>コロナ・5G・AI

Zoom Japan佐賀氏「コロナ後もWeb会議は定着。次はPBXとの境界なくす」

コロナ危機がICTの利活用にもたらした最大の変化の1つが、Web会議の「社会インフラ化」だ。 そのなかにあって、Web会議の“代名詞”としてのポジションを確立したZoom。 その一方、セキュリティ面での問題も露呈した。 Zoom日本法人を率いる佐賀氏に、コロナ拡大後のZoomの利用状況と支持された理由、 そしてセキュリティ問題への対応、今後の展開までを聞いた。

[2020.06.22]

12345678910

スペシャルトピックスPR

aibit2103
microfocus2103
vmware002
ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

マクニカ先進4社はネットワークのオープン化で何を得たか?

IIJ、ヤフー、KADOKAWA、ブロードバンドタワーに学ぶ理由と成果

アライドテレシスNWの中心はLANからWANへ
学校に見る、次世代WANの作り方

次世代WANの在り方について学校を例にアライドテレシスが解説する。

VMware SD-WAN by VeloCloud旭化成がSD-WANを
国内340カ所に導入する理由

旭化成はVMware SD-WAN by VeloCloudへの切り替えを開始した。

GlobalMeetウェブキャストウェビナーツールの新・選択肢!

セミナーや決算発表も今やオンライン! ソフトバンクならウェビナー初心者から経験者まで満足できる。

日本シエナコミュニケーションズ OTTで始まったDCI次世代トレンド 鍵は「身近になったROADM」

今、データセンター間接続(DCI)の最前線で何が起こっているのか。

VMware NSX Advanced Load BalancerDX推進の大きな障壁に!
従来型ロードバランサーの課題とは

C/Dプレーン分離で完全ソフトウェア型のヴイエムウェアは全く違う!

VMwareVMwareのネットワークビジョン「Virtual Cloud Network」

国内SDN市場シェア75%超のヴイエムウェアが目指すネットワークとは

アライドテレシスニューノーマル時代のWANとは?
インテントNWをアライドが実現

テレワークの拡大に伴って、企業WANに変化が訪れている。

ヤマハヤマハネットワークに溶け込むUTM
メーカー直通のサポート窓口も

中堅・中小市場で大きなシェアを誇るヤマハが新たにUTMをリリース!

NTTコムオンライン対面業務のオンライン化を実現する
B2C向けスマホビデオ通話サービス

サポートセンターなど一般消費者との接点のオンライン化も進めよう!

東京エレクトロンデバイスMicrosoft 365の負荷を最小限に
Citrix VDIに“最高”のSD-WAN

ファーストパケットからブレイクアウト可能なSD-WANだから違う!

日商エレクトロニクスコロナ後への備え Cisco SD-WANが企業WANを次のステージへ

新しい働き方を実現する要にCisco SD-WANはなる!

NVIDIANVIDIAが一大イベント「GTC」
テレコムの最前線がここに!

通信業界に少しでも関わる人なら見逃せないセッションが目白押しだ。

日立国際電気ローカル5Gに無線・映像のDNA!
エッジで映像処理するAIカメラ

日立国際電気がローカル5Gの構築から保守運用までサポート!

NTTコミュニケーションズ高品質ローカル5GでDXを強力支援
運用、データ活用もワンストップ!

NTTコミュニケーションズのローカル5Gソリューションの特徴とは?

OKIローカル5GとAIエッジがDXに導く
OKIの技術力/パートナーをフル活用

ローカル5Gの導入から運用、マイグレーションまで全方位で支援する。

ローカル5Gを牽引する純国産検証機
スマート工場に特化し低価格を実現

エイビットのSA構成を採用した日本初の4.7GHz帯ローカル5G検証機

マイクロフォーカスキャリアの運用現場を知り尽くした
マイクロフォーカスが語る現状と未来

5G時代、大きな変化を迫られる通信事業者。課題をどう解決すべきか?

VMware SASE脱プロキシもVMware SASEで簡単

クラウドから1画面でネットワークとセキュリティ管理、そしてゼロトラスト実現へ

アンリツローカル5Gのサービス品質を支えるアンリツの測定器

シミュレータやエリアスキャナをコアにローカル5Gに必要な製品を用意

SerivceNow5G/IoT時代、通信キャリアに必要な新たなサービス提供とは?

新たなサービス創出に必要なモデルとは何だろうか。

ヴイエムウェアVMwareの次世代脅威対策とは?
データセンター内もゼロトラスト

ハイパーバイザーにFWやIDS/IPSを分散配置し、East-West通信も防御

パロアルトネットワークステレワーク時代に注目を集める“SASE”とは

ログを一元管理! 脱プロキシも実現。パロアルトの「Prisma Access」でセキュリティの課題解決。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます