ICT×未来

新着記事

NICTが開発中の次期5G NR「聖徳太子ワイヤレス」とは?

「次期5G NR」での採用を目指し、NICTが新しい無線アクセス方式の開発を進めている。5Gの特徴である「大量接続」と「低遅延」の両立を可能にする技術だ。

[2018.08.13]

ドコモらがIoTスマートホーム実証実験で得た「仮説」の中身

IoTやAIを活用したスマートホームに注目が集まっている。日々の活動から居住者の「くせ」を把握し、高齢者の健康管理や見守りなど社会課題の解決に活用できる可能性もある。

[2018.08.03]

ビジネスの明日を動かすICTトレンド

AI/IoT/VRが切り開く小売店舗の将来像

eコマースが伸びるなか、「リアル店舗」においてもAIやIoTなどのデジタル技術を活用したイノベーションが始まっています。今回は、ロボットの活用、無人店舗、VR、ビッグデータ活用の4つの切り口から小売店舗の将来に迫ります。

[2018.07.26]

記事一覧

NICTが開発中の次期5G NR「聖徳太子ワイヤレス」とは?

「次期5G NR」での採用を目指し、NICTが新しい無線アクセス方式の開発を進めている。5Gの特徴である「大量接続」と「低遅延」の両立を可能にする技術だ。

[2018.08.13]

ドコモらがIoTスマートホーム実証実験で得た「仮説」の中身

IoTやAIを活用したスマートホームに注目が集まっている。日々の活動から居住者の「くせ」を把握し、高齢者の健康管理や見守りなど社会課題の解決に活用できる可能性もある。

[2018.08.03]

ビジネスの明日を動かすICTトレンド

AI/IoT/VRが切り開く小売店舗の将来像

eコマースが伸びるなか、「リアル店舗」においてもAIやIoTなどのデジタル技術を活用したイノベーションが始まっています。今回は、ロボットの活用、無人店舗、VR、ビッグデータ活用の4つの切り口から小売店舗の将来に迫ります。

[2018.07.26]

東電・ゼンリンの「ドローンハイウェイ構想」、楽天と荷物配送の実用化へ

「ドローンハイウェイ構想」を昨年3月に発表した東京電力とゼンリン。ドローンによる荷物配送を目指す楽天がこれに参画し、初のラストワンマイル実験に成功したことから、3社は7月12日に会見を開いた。2020年代初めの実用化に向けて共同で取り組むという。

[2018.07.13]

<特集>IoT FUTURE CITY

スマートシティの最新動向――“おらが街”もデジタル化

2000年代に注目を集めた「スマートシティ」が、IoTのパワーを得て進化し始めた。街・都市の運営をデジタル化し、安心・安全で快適な生活を実現する取り組みが各地に広がっている。

[2018.07.04]

デジタル変革を加速させる「5G URLLC」の世界(後編)

202X年、5Gはこう使う――URLLCサービスの提供イメージ

URLLCによる超高信頼・低遅延通信サービスはどのような形で提供され、企業はそれをどう使うのか。2020年代半ばに始まると予想されるサービスの提供形態と利用の仕方を予想してみる。

[2018.06.21]

デジタル変革を加速させる「5G URLLC」の世界(中編)

5G URLLCは「超低遅延」をどうやって実現する?

無線区間で1ms、エンドツーエンドでも数十msの超低遅延通信は、どのようにして実現されるのか。また、いつごろ使えるようになるのか。URLLCの技術要素と今後のロードマップについてレポートする。

[2018.06.18]

デジタル変革を加速させる「5G URLLC」の世界(前編)

5G最大の目玉「URLLC」で何が実現可能になるのか?

ミッションクリティカルな領域でモバイルネットワークを活用したい――。この声に応えるのが「5G URLLC」だ。LTEやWi-Fiなど従来の無線通信とは一線を画す性能と品質により、何が可能になるのか。

[2018.06.14]

[特集]働き方改革×デジタルの新・教科書(6)

「Alexa、会議室あいてる?」――音声AIが仕事を変える日

声で操作するスマートスピーカーの普及により、人と機械のコミュニケーション方法は変わる。その影響はビジネスの現場にも及ぶはずだ。音声AIが仕事のやり方を変える日は意外と早くやってくるかもしれない。

[2018.05.23]

[特集]働き方改革×デジタルの新・教科書(1)

5G+ロボットで遠隔就労――分身ロボットが「働く」時代が2019年にも

5Gとロボット技術を組み合わせ、“遠隔就労”を実現しようという動きが活発化している。実用化されると、出張は激減し、建設や物流現場での作業もリモートで可能になるなど、働き方は激変する。

[2018.05.10]

ビジネスの明日を動かすICTトレンド

農業ICT(AgTech)が“日本の農業”を奇跡の復活へと導く

国際競争力を失った日本の農業――。今後は、少子高齢化による農業人口と国内需要の減少も深刻化し、日本の農業を取り巻く状況は決して明るくありません。ただその一方で、日本の農業を復活させるため、IoTやAI、ロボットなどを活用した「農業ICT」(=AgTech)の取り組みが活発化しています。今回は、我が国農業の現状を確認したうえで、代表的なAgTechの取り組みを紹介します。

[2018.02.19]

ブロックチェーンにIoT担当者が注目すべき理由「IoTデータの真正性を保証」

仮想通貨のビットコインで話題のブロックチェーン技術だが、その適用範囲は金融に留まらない。シェアリングサービス、トレーサビリティ、宅配など、幅広いIoTソリューションでの活用が検討されている。

[2018.02.09]

日立グループが実践する働き方改革――仕事の“数値化”が成功の第一歩

日立グループの働き方改革が軌道に乗り始めた。同社によれば、働き方改革を成功させる秘訣は、IT ツールを活用しながら「労働時間」「人間関係」「会議」などを数値で見える化することにあるという。

[2018.01.25]

<特集>モビリティIoT革命の衝撃(最終回)

IoTで物流危機を救え――ヤマト運輸「ロボネコ」で見えた可能性

自動運転やIoTによるモビリティ革命はモノの移動も劇的に変える。これに期待を寄せるのが、宅配便の急増とドライバー不足で危機に瀕する物流業界だ。自動運転時代の宅配像を見据えるヤマト運輸をはじめ、様々な取り組みをレポートする。

[2018.01.23]

<特集>モビリティIoT革命の衝撃(第2回)

自動運転で「公共バス」再生へ、群馬大・ドコモ・SBドライブの挑戦

高齢化や過疎化に悩む地方では今、“生活の足”が失われようとしている。その主要な担い手であるバス事業者を再生させる切り札が自動運転による次世代型移動サービスだ。2020年の実用化に向けた取り組みが加速している。

[2018.01.19]

<特集>モビリティIoT革命の衝撃(第1回)

クルマはモバイル通信でどこまで進化するか?

クルマをIoT化するコネクテッドカーと自動運転によって、人とモノの移動(モビリティ)は大きく変化する。移動コストは劇的に下がり、かつ運転からの解放によって車内は第3の生活空間になる。その影響はあらゆる産業に及ぶ。

[2018.01.17]

ビジネスの明日を動かすICTトレンド

スマートホーム市場は本当に立ち上がるか?(後編)――日本で普及する“第3の理由”

これまで期待通りには普及が進んでこなかったスマートホーム――。しかし今、変化のときを迎えている。普及のドライバーとなるのは、AIと機器連携サービスの進化。そして、もう1つ日本特有の理由もある。

[2018.01.05]

ビジネスの明日を動かすICTトレンド

スマートホーム市場は本当に立ち上がるか?(前編)――今まで普及しなかった2つの理由

スマートスピーカーを筆頭に、ホームIoTをめぐる動きが活発化しています。いよいよスマートホームは普及期を迎えたのでしょうか。前編では、スマートホームの歴史を振り返りながら、今まで市場が本格的に立ち上がらなかった理由について解説します。

[2018.01.04]

<特集>IoTと宇宙(最終回)

センチメーター級測位がIoTを変える

日本版GPSとも言われる「みちびき」のサービスが、2018年4月からオープンになる。これまでの「誤差10メートルの測位」から「ピンポイント測位」の世界に突入だ。IoTにおけるGPSの活躍範囲は格段に広がる。

[2017.12.21]

<特集>IoTと宇宙(第2回)

これが未来の衛星通信だ!――あらゆるモノをつなぐブロードバンドインフラへ

あらゆるモノのコネクティビティを衛星通信が担う時代が、あと10年もすればやってくる。自然環境センシングから船・飛行機向けのブロードバンド通信まで、技術革新は猛烈な勢いで進んでいる。

[2017.12.14]

12345678910

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

よりスマートなネットワークを構築するための9ステップ

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

IoT導入のベストプラクティス・トップ5

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

デジタル・ワークプレイスのネットワーク設計図とチェックリスト

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

ネットワークの先進化によるビジネスのデジタル化 - ユナイテッド航空等に学ぶ

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

IoT、モビリティ、あるいは油断がハッカーの付け込むスキ

日本ヒューレット・パッカード株式会社 Aruba事業統括本部

製品の進化が引き起こすキャンパスLAN市場の変革

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
intel1806
ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます