ICT×未来

新着記事

次世代Wi-Fi特別講義6

<Wi-Fi 6Eとは?>高速波のフル活用で適用領域拡大

最大9.6Gbpsの超高速通信が可能なWi-Fi 6だが、その能力をフルに発揮できる場面は限られている。理由は周波数が足りないからだ。6GHz帯の獲得により、これを克服する新規格「Wi-Fi 6E」がもうすぐ日本でも解禁される。ローカル5Gに匹敵する実力を備える可能性もある。

[2021.11.12]

次世代Wi-Fi特別講義5

<IEEE 802.11baとは?>新発想で超低消費電力、IoT市場でLPWAに対抗

消費電力1mW未満――。LPWAも顔負けの低消費電力を目指しているのがIEEE 802.11baだ。従来のWi-Fi規格の低消費電力機能とは異なる発想により、LPWAの独壇場となっているIoT市場への浸透を図ろうとしている。

[2021.11.10]

次世代Wi-Fi特別講義4 

<IEEE 802.11azとは?>Wi-Fi測位を誤差1m以内とより高精度に

IEEE 802.11azは、従来のWi-Fiによる位置推定技術では不可能だった誤差1m以内という高い精度を実現する。店舗や空港、病院など多様なシーンで活用されることで、IoT市場でのWi-Fiの存在感を高めようとしている。

[2021.11.08]

記事一覧

次世代Wi-Fi特別講義6

<Wi-Fi 6Eとは?>高速波のフル活用で適用領域拡大

最大9.6Gbpsの超高速通信が可能なWi-Fi 6だが、その能力をフルに発揮できる場面は限られている。理由は周波数が足りないからだ。6GHz帯の獲得により、これを克服する新規格「Wi-Fi 6E」がもうすぐ日本でも解禁される。ローカル5Gに匹敵する実力を備える可能性もある。

[2021.11.12]

次世代Wi-Fi特別講義5

<IEEE 802.11baとは?>新発想で超低消費電力、IoT市場でLPWAに対抗

消費電力1mW未満――。LPWAも顔負けの低消費電力を目指しているのがIEEE 802.11baだ。従来のWi-Fi規格の低消費電力機能とは異なる発想により、LPWAの独壇場となっているIoT市場への浸透を図ろうとしている。

[2021.11.10]

次世代Wi-Fi特別講義4 

<IEEE 802.11azとは?>Wi-Fi測位を誤差1m以内とより高精度に

IEEE 802.11azは、従来のWi-Fiによる位置推定技術では不可能だった誤差1m以内という高い精度を実現する。店舗や空港、病院など多様なシーンで活用されることで、IoT市場でのWi-Fiの存在感を高めようとしている。

[2021.11.08]

次世代Wi-Fi特別講義3

<IEEE 802.11bfとは?>Wi-Fiセンシングで侵入者も転倒も無線で検知

「会議室には今、5人いる」「B号室の人がくしゃみした」──。無線LANの電波が飛んでいる部屋なら、人の数や動きが手に取るようにわかる。そんな将来が近いうちに実現しそうだ。高速通信の代名詞となったWi-Fiが、「センシング」という新たな能力を獲得しようとしている。

[2021.11.04]

次世代Wi-Fi特別講義2

<IEEE 802.11ayとは?>100Gbps実現の60GHz帯無線 Facebookが都市向けに採用

100Gbpsの高速通信ができる11ayの登場によって、これまで活用が進んでいなかった60GHz帯の可能性が広がりそうだ。無線LANや近接・近距離通信のユースケースに加えて期待されるのが無線バックホール用途。Facebookは街中に張り巡らせる計画だ。パナソニックはV2X向けに力を入れている。

[2021.10.29]

次世代Wi-Fi特別講義1

<IEEE 802.11beとは?>Wi-Fi 7(仮称)は30ギガ+低遅延で5Gと相互補完

Wi-Fi 6の次は、どうなるのか。IEEE 802.11beをベースとしたWi-Fi 7(仮称)の姿が早くも見えてきた。IEEE 802.11beは30Gbps以上の超スピードに加え、新たに「低遅延・低ジッタ」をサポート。リアルタイム系アプリとの親和性を飛躍的に高め、5Gと相互補完していく。

[2021.10.28]

東大が6Gなど次世代インフラの連携研究 NICT、NTT、NEC、KDDIらと議論

東京大学が、次世代サイバーインフラに関する領域横断的な連携研究のための組織を立ち上げた。設立シンポジウムでは、東大の五神前総長、NICTの徳田理事長、NTTの川添常務、山梨県の長崎知事らが登壇し、6G時代の社会について議論した。

[2021.10.06]

<特集>宇宙通信で変わる未来

JAXA、光衛星間通信の狙い 1.8Gbpsで宇宙空間を高速ネットワーク化

JAXAは、光衛星間通信システム「LUCAS」を開発した。最大速度は1.8Gbps。膨大な数の衛星が宇宙空間にひしめく将来、衛星間通信のニーズも飛躍的に高まる。「いいタイミングで開発できた」と力を込める。

[2021.09.13]

<特集>量子通信で変わる未来

量子インターネットとは? オール光のIOWNも候補に

量子コンピューターをつなぐ新たな情報通信基盤「量子インターネット」には、現在のインターネットとはまったく異なる技術が必要だ。NTTが2030年の実現を目指すIOWNが、有力候補となる可能性がある。

[2021.09.07]

<特集>宇宙通信で変わる未来

ソフトバンクの“非地上”作戦 衛星通信がLTE並に、月500円以下のIoT向けも

ソフトバンクはHAPSや衛星を活用した通信サービスの展開を国内外で強化する。LTE並みの速度が出るブロードバンドサービス、月額500円以下のIoT向けサービスなど、従来の衛星通信のイメージを覆す。

[2021.09.06]

<特集>宇宙通信で変わる未来

NTTが宇宙に行く理由「後追いで同じことをやっても意味がない」

宇宙ビジネスの時代、NTTに何ができるのか。NTTの答えは、「宇宙統合コンピューティング・ネットワーク」の構築だ。「宇宙というフィールドは新しいが、インフラ作りという意味では地上と同じ」と意気込む。

[2021.09.01]

Wi-Fi/5G電波でつくる“第六感” Origin Wirelessがリードする無線センシングの可能性

Wi-Fi電波で人・モノの動きを検知するOrigin WirelessのWirelessAI技術。物理センサーが不要で、プライバシー侵害のリスクも軽減できるその特徴は、これまでの検知技術の課題を一掃できる可能性を持つ。

[2021.08.30]

<特集>量子通信で変わる未来

量子暗号で世界をリード 激化する国際競争と日本の現在地

盗聴も解読も絶対に不可能な量子暗号通信。その開発競争でトップグループを走り、社会実装目前に達しているのが日本だ。“20年先”とも言われる量子インターネットの議論も胎動している。

[2021.08.27]

<特集>ローカル5G NEXT

免許不要の5G「NR-U」実用化の可能性

2020年に標準化が完了した3GPPリリース16において、免許不要周波数帯(非免許帯)を用いる5G仕様として「NR-U(Unlicensed)」が策定された。米国を中心に実用化に向けた準備が始まっており、ローカル5Gにも大きな影響を与える可能性がある。

[2021.08.17]

<特集>ローカル5G NEXT

大学発!ローカル5G最新研究 - AI車椅子、海面養殖DX、水陸両用車の自動運転

ローカル5G制度により、通信事業者以外にも解き放たれた5G技術。これを活用し、イノベーティブな研究に取り組む大学が全国各地に登場している。企業だけではなしえないユースケースの実現が期待される。

[2021.08.12]

<特集>6G徹底解明

6Gの電波で世界を認知 “センサーレス”でセンシングの時代へ

6Gの無線は「超速い」だけでなく、物体や人の形状・位置を検出するセンシング能力も獲得する可能性がある。わざわざカメラやセンサーを設置しなくても、携帯電波で世界を把握できるようになるかもしれない。

[2021.07.29]

<特集>6G徹底解明

6Gの上り通信の切り札「仮想化端末」とは?

6Gでは複数通信を“協調させる”必要も出てきた。複数のアンテナを1つに束ねて上り速度を向上させる「仮想化端末」や、代表となるデバイスだけが基地局と通信するサブネットワークの検討が始まっている。

[2021.07.27]

<特集>6G徹底解明

6GでMIMOは分散型へ 異なる場所から複数アンテナが協調

5Gの要素技術の1つであるMassive MIMO。6Gでは「分散型」に高度化する。そのイメージは、舞台上の俳優が浴びる複数のスポットライト。複数アンテナが協調して高パフォーマンスを提供する。

[2021.07.26]

<特集>6G徹底解明

夢の1テラ無線がやってくる 300GHz帯で“桁違い”の高速化

100Gbpsとも1Tbpsとも言われる6Gの超高速・大容量通信を実現するには、100GHzを超える高周波数帯「テラヘルツ波」の活用が不可欠だ。日本はこの領域を技術面でリードできる可能性がある。

[2021.07.15]

<特集>6G徹底解明

6Gの電波は上空から 低軌道衛星やHAPSの商用化で実現

6Gでは、あらゆる場所で超高速通信が可能になる。その実現の鍵を握るのが、低軌道衛星やHAPSによる上空からのエリア化。2020年代半ばにも商用化されそうだ。

[2021.07.07]

12345678910

スペシャルトピックスPR

A10_2111
アンリツ2112
ジュニパー2112
ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

O-RANフロントホールのO-RAN移行を
テスト環境構築の面からサポート

従来とは大きく異なるO-RANテスト環境構築のポイントとは?

Juniper Virtual Summit for Japan 2021ネットワークの変革なしにDXは語れない 著名人が語るDXのポイント

東大・デジタル庁、ANA、デンソーらがエンタープライズDXを語る

アイティフォー中小企業こそEDRでの対策が重要
遅れを取らないサイバー攻撃対策法

中小企業が導入しやすいEDRソリューションとは?

ゼットスケーラーゼロトラストの前に必要な「オンプレミス脱却」をゼットスケーラーで!

現実的かつビジネス的なメリットのある移行への道筋を提供する。

Appgate SDPオンプレとクラウドを柔軟に防御
Appgate SDPでゼロトラスト加速

VPNの課題克服し、「ZTNA(ゼロトラストネットワークアクセス)」実現

A10ネットワークス攻撃者の「武器」を理解せよ
A10が語るDDoS対策

第一人者が解説する「今知っておきたいマルウェアとDDoS脅威のトレンド」

アンリツ5G/ローカル5Gの電波干渉回避へ、
高まる時刻同期の重要性

アンリツの計測器「MT1000A」なら大丈夫な4つの理由

Japan Summitジュニパーが「Japan Summit」を
今年もオンライン開催!

テーマは「エンタープライズDX」を支えるネットワーキング

TP-LinkTP-LinkのメッシュWi-Fiルーター「Deco」 ISPも注目する強みとは

TP-LinkのメッシュWi-Fiルーターを採用するISP、オプテージが語る。

原田産業TSN時刻同期にGM200を選ぶ理由

高精度な時刻同期が必要な産業で、大きな支持を集める“高コスパ”なPTPグランドマスタークロックがある!

東陽テクニカ今こそ考える「GNSSに頼らない時刻同期」

5G、金融、産業ロボット…、求められるのがGNSSに頼らない時刻同期だ。

古野電気5Gモバイル通信を支える
“ナノ秒”時刻同期の世界

船舶で培ったGNSS技術を応用!
古野電気の高性能・高信頼受信機

ハイテクインター建設DXに屋外無線LANは必須
高信頼&高コスパWi-Fiを作業現場に

建設現場ならではの難条件も、簡単かつ安価にWi-Fiが導入可能!

セイコーソリューションズPTPもNTPも、通信も放送業界も
時刻同期ニーズに全方位対応

時刻同期ネットワーク構築の際に押さえるべきポイントを解説する。

丸文時刻同期の不安は“よろず相談所”へ

投資対効果に優れた安定的な時刻同期の実現に必要な製品提供から試験・測定まで、丸文がトータル支援

DPU注目の新デバイス「DPU」でデータセンターセキュリティはどう変わる?

NVIDIAなどが提唱するDPU。活用範囲の広さこそが最大の注目点だ。

沖縄ケーブルネットワーク「なんくるないさ、みんなも始めよう」沖縄ケーブルネットワークの挑戦

サードパーティ製光トランシーバーを採用してNWコストを劇的に下げる

DAACATV事業者は“意思決定”を
もう先送りしない

CATVネットワークのトラフィック対策の切り札「DAA」の課題が解消!

A10ネットワークスA10ネットワークスの現在と未来

米本社CEOや日本法人社長らがイベント「A10 CONNECT」で、ビジョンや今後の注力分野などを語った。

Communications Cloud大変革時代の通信事業者クラウド

新たな通信事業者向けシステムを、Salesforceの「Communications Cloud」で実現しよう。

BBB Spectrum100Gbps DCIのコストを半分に!
「光ファイバー波長貸し」という革命

圧倒的な低コストを実現したDCIサービス「BBB Spectrum」

Nuclias Cloudハイブリッドワークで課題が顕在化
今こそ企業NW運用をアップデート

コロナで現地設定は困難。そこで注目したいクラウドからのリモート管理

NetMeister Primeハイブリッドワーク時代が到来!
クラウド管理型NWの準備はいいか

遠隔からNW機器を管理したいが、コストはかけられない。そんな課題を解決

Ruijie NetworksRuijie Networksを
ハイパースケーラーが選ぶ理由

アリババやテンセントなど、「やりたいことを安価に実現」で支持拡大!

丸文データセンターネットワークを「モダン化」するには?

幅広いソリューションを揃える丸文に聞いた。

エヌビディアNVIDIAはネットワークから変える
AI/IoT時代のDCインフラとは?

次世代データセンターに向け、エヌビディアがNWアーキテクチャを刷新

日本ソルテック監視カメラ、施設や学校にも好相性 実運用に堪える無料のクラウド管理

クラウド管理型ネットワーク「Nebulaクラウド」が好評だ!

コムスコープ・ジャパン5G基地局の設置効率化に「ケーブリング改革」が不可欠な理由

超小型軽量の配線システムで、工事時間を従来の半分以下へ削減!

サードパーティ製光トランシーバーのはじめ方サードパーティ製光トランシーバーのはじめ方 

ブロードバンドタワー水落氏がサードパーティオプティクスの要点解説

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。