企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

INSネットの後継サービスならお任せ! 移行で伝送時間短縮や負荷軽減を実現

提供◎株式会社NTTデータ 2022.03.24

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

INSネットの主な用途の1つが、EB/FBなど企業と金融機関の間のオンライン決済業務だ。NTTデータが提供するソリューションは、INSネット「ディジタル通信モード」の終了後のデファクトスタンダードになる。INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

1回のログインで全口座の取引 ブラウザ版でソフトの課題を解決パソコンバンキングを利用する企業は、ANSER-SPCサービスとファイル伝送サービスの利用が一般的な使い方だが、全銀ベーシック手順およびTCP/IP手順が2023年12月にサポートを終了するのに合わせて、ANSER-SPCもサービスを終了する。このパソコンサービスと同等のサービスをインターネット経由で実現するのが、NTTデータの「VALUX(SPC/全銀ファイル伝送)」だ。

VALUXは、NTTデータが発行する電子証明書でVALUXに対応した金融機関とのセキュアな取引を可能にするサービス。「インターネット上で電話交換機に接続先を切り替える役目を果たします」とNTTデータ 第四金融事業本部 e-ビジネス事業部 e-ビジネス営業統括部 e-ビジネス商品企画営業担当 主任の上山勝己氏は説明する。

従来のパソコンバンキングでは、PCに専用ソフトをインストールして利用する方式となっているが、ライセンス数に応じ費用が発生すること、専用ソフトをインストールした端末でしか利用できないこと等、様々な課題があった。また、コロナ禍でも出社しなければならずテレワークの阻害要因の1つでもあった。NTTデータは、こうした課題を解決するため企業に対し、VALUXをWebサービスで利用できる「BizHawkEye」の提供を開始し、INSからの移行にあわせた切り替えを推奨している。

 

「BizHawkEye」はマルチバンク対応で、画面上では複数口座の管理が一覧表示される
「BizHawkEye」はマルチバンク対応で、画面上では複数口座の管理が一覧表示される

BizHawkEyeはマルチバンク対応で、画面上では複数口座の管理が一覧表示されるので、振込や振替などの各種取引が同じ画面で完結する。また、クラウドサービスのため1契約で100ユーザーまで利用することができ、ユーザー毎の権限管理やワークフローが行えるのが特徴だ。また、サービス利用時や送金処理の認証には、VALUXで用いられているクライアント証明書に加えて、トランザクション認証を採用。取引を元に生成された二次元コードを専用ハードトークンで読み込むことで、取引内容の改ざんを検知し、ユーザー端末の乗っ取りやなりすましを防止する。

さらに、ソフトウェアにつきもののバージョンアップなどメンテナンス作業の煩わしさからも解放される。

「これまでも『ソフトウェアは面倒も多くテレワークの対応が難しい。改善したい』という声が多く聞かれていました」とNTTデータ 第四金融事業本部 e-ビジネス事業部 e-ビジネス営業統括部 e-ビジネス商品企画営業担当 主任の早野翔氏。INSネットの終了を大きな契機として、BizHawkEyeへの移行を促していきたいという。

 

(右から)NTTデータ 第四金融事業本部 e-ビジネス事業部 e-ビジネス営業統括部 e-ビジネス商品企画営業担当 課長の篠原伸彦氏、同主任の上山勝己氏、早野翔氏

(右から)NTTデータ 第四金融事業本部 e-ビジネス事業部 e-ビジネス営業統括部 e-ビジネス商品企画営業担当 課長の篠原伸彦氏、同主任の上山勝己氏、早野翔氏

 

企業と金融機関の決済業務では、NTTデータのソリューションがデファクトスタンダートとなっていた。INSネット以降もその流れが続くことになりそうだ。

 

<お問い合わせ先>
株式会社NTTデータ
第四金融事業本部e-ビジネス事業部
e-ビジネス商品企画営業担当(上山・早野)
・AnserDATAPORTについて https://www.adp.ne.jp/contact/ 
・BizHawkEyeについて https://www.bizhawkeye.ne.jp/contact/

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。