ビジネス・企業

KDDI小野寺社長が全CATV事業者との戦略的パートナーシップを提案――JCTAトップセミナー

文◎藤田 健(編集部) 2010.11.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日本ケーブルテレビ連盟(JCTA)は2010年11月16日と17日の2日間、東京・五反田のゆうぽうとで「平成22年度JCTAトップセミナー」を開催している。「放送通信融合時代のケーブルテレビ-完全デジタル化以降の戦略を探る-」というテーマを掲げ、初日はゲストスピーカーによる講演を実施した。

初日の目玉はKDDIの小野寺正社長兼会長で、「放送通信融合時代のケーブルテレビへの期待」というテーマで講演を行った。小野寺社長はまず、ケーブルテレビ(CATV)のホームパス世帯数が4400万世帯あり、NTTのFTTHとほぼ同じ世帯カバー率(90%)であることに触れ、「このカバー率が今後有効になる」と語った。

KDDIの小野寺正社長兼会長は、電電公社時代にCATVの実験に携わったことなどを明かし、「CATVには個人的にも少々思い入れがある」と語った


小野寺社長は、CATVの強みとして(1)優良顧客基盤、(2)ネットワーク資産、(3)地域力の3つを挙げた。(1)については、すでにCATV事業者が700万の有料多チャネル世帯を持っていることに言及。一例としてJ:COMの7726円に対してNTT東日本のフレッツ光が5740円の世帯ARPUであることを示し、「皆様方は高いARPUの優良顧客をすでに持っておられることが強み」と語った。(2)は前述のホームパス世帯のことで、全国約4900万世帯のうち90%の4402万世帯が申し込めばすぐにサービスを利用できる状態にあり、これだけのインフラをすでにCATV事業者が持っていることを強調した。(3)は、1955年に群馬県伊香保で初のCATVが設立されてから50年以上の地元との歴史があること、現在は全国で537あるCATV事業者に約2万人のスタッフがいて、地域での人的ネットワークを構築していることなどを挙げた。そして、「これらの強みを今後どう活かしていくかがポイント」と語った。

続いて小野寺社長はKDDIから見たCATVの課題として、(1)規模と連携の必要性、(2)CS/サービス不統一の改善、(3)サービス提供エリアの問題を挙げた。(1)はについては、全国537局のうち、多チャンネル5万加入未満の局が90%あり、「それぞれが単独でNTTと競争している状況」と語った。(2)では、「同じ番組が見られない」「メールアドレスを変更する必要がある」「160Mbpsサービスを利用していたのに40Mbpsしか利用できない」等、転居者が従来のCATVサービスを継続利用できない点と、転居手続きがユーザー任せになっている点を指摘した。(3)はプライマリー電話、100Mbps以上の高速インターネット、VODといったサービスの提供率のことだ。どれも40~60%の事業者に留まっており、転居者が同じサービスを継続利用し難い実態を数字で示した。

こうしたことを踏まえ、「NTTに対抗するため、CATV業界の結束と戦略的パートナー連携が必要ではないか」と語った。結束に関しては、日本ケーブルテレビ連盟に委ねたが、戦略的パートナーシップについては、「KDDIをその相手として選んでいただければ、まだまだ皆さんと一緒にやれることがあるのではないか」とアピールした。

さらに小野寺社長は、「オールCATVとKDDIが連携すれば、NTTに対抗してアクセス回線市場で設備競争を展開することが可能になる。それでNTTと健全な設備競争をすることではじめて、光の道の健全な推進に繋がるのではないか」と語った。

スペシャルトピックスPR

tcloud
ntttx1901
hitachi1901

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gだけじゃない!
ネットワークの未来を変える
次世代テックたち

◆5Gの次、6G現る ◆有線IoTの大本命802.3cg ◆ワイヤレス工場の切り札誕生 ◆次世代IP映像伝送「SRT」 ◆ドローンで空からエリア構築 ◆P4が迫る“聖域”開放

●[インタビュー] Colt カール・グリブナーCEO & 日置健二社長/●地域BWA空白地帯を「プライベートLTE」に解放/
●日中間通信の課題と法規制/●モバイルワークの「コスト」と「安全性」 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズ働き方改革を中小・中堅企業へ!

テレワークに必要なモバイルNW、PC、セキュリティをオールインワン提供するNTT Comの新パッケージ

SBクラウド日中間通信を国内並みの高品質に!
安心して使えるQR決済を下支え

Alipayで安定した決済サービスを提供するために導入した回線は?

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

パロアルトネットワークスパブリッククラウドをセキュアに!
24/365最新ポリシーで自動監視

パブリッククラウドのセキュリティリスクを軽減する「RedLock」

シーディーネットワークス中国でのWeb配信を8.5倍高速化
国内CDN事業者で唯一現地法人

中国でのWeb配信にはグレートファイアウォールなど多くの壁がある。

IIJグローバルソリューションズ日中の拠点間通信に“第3の選択肢”
セキュリティ対策も万全

日中間通信で「高品質」と「低コスト」の“いいとこ取り”!

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

アクセスランキング

tcb
iot25

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます