企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

なぜベライゾンとボーダフォンは、5G vRANにウインドリバーを採用したのか?

提供◎ウインドリバー株式会社 2021.07.26

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

ウインドリバーは今年1月、5G vRANやMECを構築するための通信事業者向けエッジクラウドプラットフォーム製品ポートフォリオを再編、「Wind River Studio」として本格展開し始めた。米ベライゾンは昨年から同社のエッジクラウド基盤を利用して商用5G vRANの整備を進めている。英ボーダフォンも今年6月にWind River Studioの導入を発表した。なぜベライゾンとボーダフォンはウインドリバーを選択したのか――。

エッジクラウド基盤を3つのコンポーネントで拡張もう1つのOperator Capabilitiesは、エッジクラウドの構築・実行環境で、4つのコンポーネントで構成されている。

中核となるのが、コンテナ(Kubernetes)ベースの仮想化基盤「Studio Cloud Platform」だ。ウインドリバーが持つ組み込みシステムの技術・ノウハウを生かして開発され、高い可用性と信頼性を有する。地理的に離れた場所にある多数の仮想ノードを5G網などにより接続して一元管理することで「分散型クラウド」を実現可能だ。ウインドリバーが推進しているオープンソースのエッジクラウドプラットフォーム「StarlingX」の商用版となる。

「長期間の運用を保証するライフサイクルマネジメント、サポート、IP管理など、StarlingXに商用エッジクラウドに必要なサービスを付加しています」とウインドリバー ソリューションエンジニアリング部 シニアソリューションアーキテクトの小宮山岳夫氏は説明する。

 

ウインドリバー ソリューションエンジニアリング部 シニアソリューションアーキテクト 小宮山岳夫氏
ウインドリバー ソリューションエンジニアリング部 シニアソリューションアーキテクト 小宮山岳夫氏


Studio Cloud Platformでは、「Studio OpenStack」というコンポーネントを付加することで、OpenStackで管理するエッジノードも一元管理できる。

加えて、運用の自動化や効率的な新サービス・機能の実装を可能にするオーケストレータ「Studio Conductor」、ノードから集約される大量の情報を分析し意思決定に役立つ情報を可視化する「Studio Analytics」もコンポーネントとして用意されている。Studio Analyticsを活用することで、トラブルの発生を事前に予測して警告を発するシステムも実現できるという。

 

図表1 Wind River Studio Operator Capabilitiesを構成する4つのコンポーネント

 

まずvRANソリューションとして展開青木氏の冒頭のコメントにあるように、ウインドリバーは、Wind River Studioをまず5G vRAN向けに展開しようとしている。「現時点で最も規模が大きく、製品との相性がいいユースケース」(青木氏)だからだ。

すでに商用導入も始まっている。

ファーストユーザーは米国の大手通信事業者ベライゾンだ。同社は昨年8月、エンドツーエンドの仮想化5Gネットワークを構築、高速・大容量、低遅延などの性能を検証する実証実験に成功したと発表した。そのvRANにウインドリバーのエッジクラウド基盤(現Studio Cloud Platform)が採用されたのだ。現在、ベライゾンは実験に用いた設備を商用インフラとして活用するともに、2021年中に1万4000以上の5G基地局の整備を進めている。

ベライゾンの5G vRANでは、 Studio Cloud Platformに搭載されている仮想化ノードの一元管理やゼロタッチでの自動管理機能や、Studio Analyticsの分析機能も活用されているという。

さらに今年6月、世界最大級のvRANを計画する英ボーダフォンも、ウインドリバーの採用を発表した。

従来のRANは、ソフトウェアとハードウェアを一体とした製品で構築されてきた。vRANでは、これがアプリケーション、仮想化基盤、COTSハードウェア(汎用サーバー等)の3層に分離される(図表2)。

Studio Cloud Platformが担うのは真ん中の仮想化基盤の層であり、ウインドリバーはStudio Cloud Platformを、O-RANやTIP(Telecom Infra Project)などのオープン仕様やインテルのvRANリファレンスデザインFlex RANなどに準拠した、vRANソリューションとして展開する。


図表2 Wind River Studio を用いた5G vRANの構築イメージ
図表2 Wind River Studio を用いた5G vRANの構築イメージ

 

エッジクラウドは他の仮想化基盤ベンダーも力を入れている分野だが、それではベライゾンやボーダフォンはなぜウインドリバーを選択したのか。

青木氏は、ウインドリバーがベライゾンに選ばれた理由として「Kubernetesにいち早く対応、ベライゾンが必要としていた『超低遅延』と『高可用性』を実現できたこと」を挙げる。

ボーダフォンの選択した理由は、「ウインドリバーが、実績のある分散型クラウドインフラストラクチャを提供できる唯一のサプライヤーであった」(青木氏)ことが大きいという。ベライゾンのプロジェクトでの実績が評価されたのだ。

サーバー1台から導入でき効率的な基地局展開が可能さらに青木氏は、ウインドリバーのvRANソリューションが通信事業者から支持されているのにはもう1つ大きな理由があるとする。

「一般的な仮想化基盤を用いた場合、基地局の構築には最も小規模なもので5~6台のサーバーが必要になります。当社の場合、1台のサーバーで基地局のクラウドが組め、センターの統合管理の下に置くことができるため、ルーラルエリアでの基地局の整備コストを大幅に引き下げることができます」(青木氏)というのだ。

仮想化基盤ベンダーのエッジクラウド製品は、主要顧客であるデータセンター向けのソリューションをエッジ向けにダウングレードして提供するものが多い。

これに対し、Wind River Studioは「スペースやリソースが限られた環境で最大のパフォーマンスを発揮できる設計を行っている」(青木氏)という。ウインドリバーの主戦場である組み込みシステムの技術・ノウハウが、エッジクラウドにも生かされているのである。

ウインドリバーでは今後、Wind River Studioを「5G vRANだけでなく、MECやコアネットワークなどにも展開していく」(小宮山氏)考えだ。

vRANにStudio Cloud Platformを採用している通信事業者は、MECのエッジノードをvRANと同じシステムで一元管理して効率的にMECサービスを提供することができる。

「同じアーキテクチャで1台から大規模システムにまで対応でき、高い可用性を持つWind River Studioはコアネットワークにうってつけ」(小宮山氏)だ。

さらに、Wind River Studioをローカル5G向けのソリューションとして展開することも視野に入れているという。

<お問い合わせ先>

ウインドリバー株式会社

WEB:https://www.windriver.com/japan/

 

 

※ウインドリバー株式会社では、事業拡大に伴い、クラウド関連の知識・経験をお持ちの方を積極的に採用しています。
テレコム業界のお客様向けのカスタマーサクセスマネージャー、サポートのスペシャリスト、エンジニアなど、募集の詳細はこちらをご覧ください >>
https://jobs.jobvite.com/windriver/search?r=&l=Japan,%20Tokyo&c=&t=


>>ホワイトペーパーダウンロード
ウインドリバー ホワイトペーパー5Gエッジのデプロイ/管理コストの削減方法

IT調査会社が検証したところ、Wind River Studioの活用により5Gエッジのデプロイ/管理コストを最大75%低減できることが確認された。その定量的効果を詳細にレポートする。

 

 
  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

ibosscloud2111
IIJGS202111
cisco2111

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】特化型ワイヤレス進化論
<Part1>PS-LTEで公共安全DX <Part2>体表・体内に無線網
<Part3>山岳用LPWAで地方創生 <Part4>水中光無線が拓く未来
<Part5>ワイヤレス給電が長距離化 <Part6>音声通信が20年ぶり進化

インタビューサムスン電子ジャパン 常務取締役 Network事業本部長 岩男恵氏「ローカル5Gを確実に立ち上げ」 【ソリューション特集】イチからわかるネットワーク時刻同期/屋外無線LANの基礎知識 【インサイト】電気通信紛争処理の20年史 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

アンリツ5G/ローカル5Gの電波干渉回避へ、
高まる時刻同期の重要性

アンリツの計測器「MT1000A」なら大丈夫な4つの理由

Japan Summitジュニパーが「Japan Summit」を
今年もオンライン開催!

テーマは「エンタープライズDX」を支えるネットワーキング

TP-LinkTP-LinkのメッシュWi-Fiルーター「Deco」 ISPも注目する強みとは

TP-LinkのメッシュWi-Fiルーターを採用するISP、オプテージが語る。

原田産業TSN時刻同期にGM200を選ぶ理由

高精度な時刻同期が必要な産業で、大きな支持を集める“高コスパ”なPTPグランドマスタークロックがある!

東陽テクニカ今こそ考える「GNSSに頼らない時刻同期」

5G、金融、産業ロボット…、求められるのがGNSSに頼らない時刻同期だ。

古野電気船舶で培ったGNSS技術で
“ナノ秒”の高精度インフラを支える

時刻同期を支える、古野電気の高性能・高信頼GNSS受信機!

ハイテクインター建設DXに屋外無線LANは必須
高信頼&高コスパWi-Fiを作業現場に

建設現場ならではの難条件も、簡単かつ安価にWi-Fiが導入可能!

セイコーソリューションズPTPもNTPも、通信も放送業界も
時刻同期ニーズに全方位対応

時刻同期ネットワーク構築の際に押さえるべきポイントを解説する。

丸文時刻同期の不安は“よろず相談所”へ

投資対効果に優れた安定的な時刻同期の実現に必要な製品提供から試験・測定まで、丸文がトータル支援

DPU注目の新デバイス「DPU」でデータセンターセキュリティはどう変わる?

NVIDIAなどが提唱するDPU。活用範囲の広さこそが最大の注目点だ。

沖縄ケーブルネットワーク「なんくるないさ、みんなも始めよう」沖縄ケーブルネットワークの挑戦

サードパーティ製光トランシーバーを採用してNWコストを劇的に下げる

DAACATV事業者は“意思決定”を
もう先送りしない

CATVネットワークのトラフィック対策の切り札「DAA」の課題が解消!

A10ネットワークスA10ネットワークスの現在と未来

米本社CEOや日本法人社長らがイベント「A10 CONNECT」で、ビジョンや今後の注力分野などを語った。

Communications Cloud大変革時代の通信事業者クラウド

新たな通信事業者向けシステムを、Salesforceの「Communications Cloud」で実現しよう。

BBB Spectrum100Gbps DCIのコストを半分に!
「光ファイバー波長貸し」という革命

圧倒的な低コストを実現したDCIサービス「BBB Spectrum」

Nuclias Cloud企業NWに必要十分なクラウド管理
多機能・低コストでホテルや学校にも

コロナで現地設定は困難。そこで注目したいクラウドからのリモート管理

NetMeister Prime無償で始めるNWのクラウド管理
一括設定や閉域網対応のPrime版も

遠隔からNW機器を管理したいが、コストはかけられない。そんな課題を解決

Ruijie NetworksRuijie Networksを
ハイパースケーラーが選ぶ理由

アリババやテンセントなど、「やりたいことを安価に実現」で支持拡大!

丸文安定・高品質なWebアプリを支えるモダンなDCネットワークはこう作れ!

データセンターネットワークの「モダン化」のポイントは何か?

エヌビディアNVIDIAはネットワークから変える
AI/IoT時代のDCインフラとは?

次世代データセンターに向け、エヌビディアがNWアーキテクチャを刷新

日本ソルテック監視カメラ、施設や学校にも好相性 実運用に堪える無料のクラウド管理

クラウド管理型ネットワーク「Nebulaクラウド」が好評だ!

コムスコープ・ジャパン5G基地局の設置効率化に「ケーブリング改革」が不可欠な理由

超小型軽量の配線システムで、工事時間を従来の半分以下へ削減!

サードパーティ製光トランシーバーのはじめ方サードパーティ製光トランシーバーのはじめ方 

ブロードバンドタワー水落氏がサードパーティオプティクスの要点解説

WhatsUp Gold 2021確実にWindows環境のログを取得! 

ログ監視ツール「WhatsUp Gold」がさらにパワーアップ。ログ管理の課題を解決する新機能が多数追加!

ゼットスケーラーゼロトラスト実現の現実策とは?

どのようなリソース・手順を用いればいいのか? 無償ワークショップで自社の道筋整理を

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ中堅中小にちょうどいいゼロトラスト

中堅中小企業にも現実的なゼロトラスト移行ソリューションをチェック・ポイントが提供する。

プロディライト電話環境のDXを実現する!
岩崎通信機のオンプレPBXとも連携

出社せずに会社宛ての電話を受けられるクラウドPBX「INNOVERA」

CyCraft AIRなぜ、AI主導型EDRなら短期解決?
インシデント対応の4つのポイント

ごく普通の企業でもAI主導型EDRならサイバー攻撃対策の自動化が可能だ。

エイチ・シー・ネットワークス月1200円から目指すゼロトラスト
ソフトSIM+SWGで全通信を制御

導入の複雑さやコスト面から足踏みしている企業の悩みを解決

IIJグローバルソリューションズDXの鍵はXDRと戦略立案にあり!

デジタル・ガバナンスの整備~アドバイザリーまでを、IIJグローバルソリューションズが支援!

シスコシステムズ通信事業者のデータセンター運用を「直感的」に!

解決策までリアルタイム提示するCisco Nexus Dashboard

ネッツワイヤレスIoT回線の最適解「ネッツワイヤレス」 多要素認証でテレワークも

「現場改革」のための法人向けモバイル回線サービス!

Keysight World 2021ドコモが語るオープンRAN普及戦略
キーサイトが10/12からイベント

6Gに向けた最新技術トレンドがテーマ!(事前登録制、参加費無料)

Splunk Services JapanSplunkで真のゼロトラスト SIEMとSOARをストーリー仕立てで

ゼロトラストの実現に必要な統合管理/分析プラットフォームを提供!

Fortinetゼロトラストで変わる常識
VPNの課題を解決するZTNAとは?

ゼロトラスト原則に基づいたリモートアクセス「ZTNA」を徹底解説!

インテル多彩なXPU製品・ソリューションで
5Gの仮想化を支えるインテル

CPUに加え、FPGA、GPU、eASICなどで5G RANの仮想化に対応!

シスコシステムズネットワーク自動化の4つの原則とは?

オートメーションを通して「人に優しい」通信インフラを実現するシスコの構想

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012
ローカル5G情報局

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。