企業ネットワーク最前線

海外展開とエッジAI連携で飛躍へ

OKIのIoT無線「SmartHop」が挑む2つのステップ

文◎坪田弘樹(編集部) 2020.04.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

920MHz帯を使う独自のIoT無線「SmartHop」を展開するOKIが、新たなステップを踏み出す。2017年から手掛ける海外展開がいよいよ本格化。エッジAIとの連携による市場開拓も進める。

台湾2社が新製品を披露今後の注力分野に挙げる海外展開については、2017年末に海外対応版モジュールの提供を開始して以来、着々と下地が整ってきている。

現在、米・韓・タイ・ベトナム版があり、台湾版も今年販売を始める。「国内版モジュールとサイズ、インターフェースともまったく同じ。既存のSmartHop対応製品に載せ替えるだけで海外へ展開できる」(山本氏)のが特徴だ。横河電機(米・韓向け)、ACTIVIO(タイ向け)、エム・システム技研(米・韓・タイ・ベトナム)が、海外向けの製品をリリースしており、ラインナップが充実してきた。

さらに、台湾メーカーもSmartHop対応製品の開発に乗り出した。今回のカンファレンスにはZOTECH、FerryBitsの2社が参加し、新製品をアピールした。

 

 

台湾メーカーのZOTECHとFerryBitsが開発・製造するSmartHop対応製品「Z920K」(左)と「EDGEX」
台湾メーカーのZOTECHとFerryBitsが開発・製造するSmartHop対応製品「Z920K」(左)と「EDGEX」。
Z920KはBluetooth Low Energy(BLE)とNFC、EDGEXはBluetooth通信機能を備える。
スマートフォンと連携して、専用アプリから設定の入力・変更、状態監視が可能だ


 

ZOTECHの「Z920K」、FerryBitsの「EDGEX」とも、特徴的なのは導入・運用の容易性だ。Bluetoothでスマートフォンと通信できるようになっており、専用アプリから設定情報の入力・変更、状態監視等が行える。IT技術者でなくても扱えるようにするための工夫だ。

また、EDGEXについては、取得したデータをGoogleドライブに記録し、スプレッドシートで閲覧・管理する機能も合わせて提供するなど、IoTを始めやすくする仕掛けも用意している。両社とも台湾でフィールドテスト/実証を進めながら、米韓向け製品も展開する計画だ。

AIエッジと組み合わせもう1つの注力分野が、AI/エッジコンピューティングと組み合わせたソリューション開発である。

OKIは昨年10月に、AI推論処理に適したエッジコンピューター「AE2100」を発売した。インテルのディープラーニング推論環境「OpenVINO ツールキット」とAIアクセラレーター「インテル Movidius Myriad X VPU」を2チップ搭載し、エッジでの高速な推論処理を実現した。IoTプラットフォーム事業部長の西田慎一郎氏によれば、「1つのCPUで行う場合に比べて、AI推論処理の速度は25倍」という。

 

 

昨年10月にリリースしたAIエッジコンピューター「AE2100」
昨年10月にリリースしたAIエッジコンピューター「AE2100」

 

 


また、OpenVINOを使えば、既存の学習モデルをコンバートして活用することができるため、導入の敷居も低い。マイクロソフトのMicrosoftAzure IoT Edge認定を取得し、「PaaSとの親和性を高めた」(同氏)のも特徴で、クラウドで作成されたAIモデルをエッジに展開・利用することが可能だ。

これにより、幅広いIoTユースケースが開拓できると西田氏は強調した。Smart Hopで収集したセンサーデータをエッジ処理することでリアルタイム性を高めたり、AE2100で画像・映像を解析した結果をクラウドに送るなどの用途で組み合わせる。「設備故障の予兆検知や、工事現場で危険を監視するといったリアルタイム性が要求される領域でパワーを発揮できる」と話す。

OKIは、この“AIエッジ”領域もエコシステムを基盤にビジネスを拡大していく方針だ。新たに立ち上げた「AIエッジパートナー」制度にもすでに50社超が参加。エッジネットワークの構築で実績を重ねてきたSmartHopとの相乗効果で、さらなる飛躍を狙う。

スペシャルトピックスPR

microsoft2007
marubun2007
intel2007

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます