新製品&新サービス

400GEを検証、トラフィックを最適化――テストソリューションのIxia新製品

文◎松本一郎(編集部) 2019.07.04

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

400ギガビットイーサネット対応の通信機器が揃い始めた。しかし、市場は立ち上がり始めたばかりで、各製品の相互接続性について不安視するユーザーも多い。そこで注目されているのが400GEをテストできる「AresONE-400GE」である。

トラフィックを最適化してツールに受け渡す また、キーサイトはInterop Tokyo 2019の「Best of Show Award」テスト部門において「Vision X」という製品でも審査員特別賞を受賞した。 Vision Xはネットワークパケットブローカーと呼ばれる製品だ。ネットワークTAPなどから受け取ったトラフィックに、様々な処理を加えてから、IDSやサンドボックスといったツールに受け渡す

 
ネットワークパケットブローカーは、監視対象のネットワークと
監視ツール群の間にはさむ形で導入する


「NetStack」という基本機能を実装しており、主に4つの処理が可能だ。(1)アグリゲーション(2) レプリケーション(3) フィルタリング(4) ロードバランシングである。

(1)アグリゲーションとは複数の監視ポイントから得られたトラフィックを集約して受け渡すこと。ポート数の少ない監視ツールに必要なトラフィックを渡すことが可能だ。

(2) レプリケーションとはアグリゲーションの逆で、1箇所のトラフィックをコピーして複数のツールに渡す。これにより多層防御を実現しやすくなる。

(3) フィルタリングの具体例としては「レイヤー2~4でフィルタリングをする。IPアドレスやVID(VLAN ID)、ポート番号などで振り分ける」(キーサイト・テクノロジー イクシアソリューション営業本部 システムエンジニアリング部 シニアシステムエンジニアの酒井紀和氏)。

さらに、(4) ロードバランシング(負荷分散)も可能で、トラフィックを振り分けることで接続機器の冗長性を確保できる。オプションで「Packet Stack」機能も提供しており、ツールにとって不要なパケットをカットして転送することなどが可能だ。

 
NetStackで可能な処理
交換可能なモジュラー型構造Vison Xについて「最大の特徴は柔軟性と拡張性だ」とキーサイト・テクノロジー イクシアソリューショングループ マーケティングマネージャーの小圷義之氏は説明する。

 
 Vison Xの外観

Vison Xはモジュラー型(組み合わせ型)で設計されており、前面にある4つのモジュールを取り外し、付け替えることができる。

例えば10Gポートを備えたVision Xを購入後に、前面のモジュールだけを40Gや100Gに交換可能だ。そのため、将来的にトラフィックが増大しても柔軟に対応できる。「リア(後ろ側)のモジュールは引き続き利用できるため、投資コストが抑えられる」と小圷氏は強調する。

最大 6Tbps(NetStack)、2Tbps(PacketStack)の処理能力を備えており、「大規模なデータセンターや、キャリアのようなサービスプロパイダー、大量のトラフィックを中央で処理するユーザーに向いている」(小圷氏)。

競合と比べて強みになっているのが、GUIベースの管理画面だという。小圷氏は「他社のネットワークパケットブローカーはCLIで設定するものが多く、管理が大変だ。GUIによるマウス操作で、どこのトラフィックをどういった処理でどのツールに渡すかを設定できる」と話す。

 
 Vison XのGUI管理画面


小圷氏は最後に「ツールがどんどん増えていくと、1台1台を管理するのは大変になる。ネットワークパケットブローカーを間に1つ挟み、必要なトラフィックだけフィルタリングするほうがやりやすい」と語った。

スペシャルトピックスPR

netscout1908
synology1907
cloudian1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます