導入・選定ガイド

UTM/次世代FWは「侵入前提」に――レジリエンスを高める「連携」が鍵

文◎村上麻里子(編集部) 2018.11.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

高度化する一方のサイバー攻撃――。そのすべてをUTMや次世代FWで防ぐことは困難だ。そこで侵入した脅威を迅速に検知し、回復するための連携ソリューションが重要になっている。

 
世界150カ国以上、35万件にも及ぶ大規模な被害をもたらしたランサムウェア「WannaCry」の攻撃から1年余り。2018年上半期は目立った脅威こそなかったが、企業や官公庁、自治体は相変わらずサイバー攻撃のターゲットとなっており、小規模なものも含めると被害は日常的に発生している。

ランサムウェアをはじめとするマルウェアや、特定の組織を対象に重要情報の入手を目的として継続的に攻撃を仕掛ける標的型攻撃に対しては、インターネットと社内ネットワークの境界上で内部への不正侵入を防ぐ「入口対策」と、社内ネットワークに侵入したマルウェアの外部との不正通信を防止する「出口対策」などを組み合わせた「多層防御」が推奨されてきた。

具体的な対策としては、ファイアウォールやIDS/IPS(不正侵入検知/防御システム)、Webフィルタリング、アンチウイルスなど複数のセキュリティ機能を1台に集約したUTM(統合脅威管理)や、UTMにアプリケーションの可視化および制御の機能を加えた次世代ファイアウォール(次世代FW)が主流となっている。

調査会社のIDC Japanは、アプライアンス型のUTMや次世代FWの2017~2018年の成長率を12.6%と予測しており、これはソフトウェア型の3.2%を大きく上回る(図表1)。ネットワークセキュリティではスループットが重要になるため、より高いパフォーマンスを実現できるアプライアンス型が支持される傾向にあるという。

 

図表1 国内情報セキュリティ市場 製品セグメント別 売上額予測
図表1 国内情報セキュリティ市場 製品セグメント別 売上額予測


急増する未知のマルウェアところで、サイバー攻撃は高度化・複雑化の一途をたどっており、UTMや次世代FW単体では防御することが難しくなっている。従来型のシグネチャマッチングでは検知しきれない攻撃が増えているのが理由だ。

ウォッチガードの脅威ラボが提供する脅威情報サイト「脅威ランドスケープ」によると、マルウェアによる攻撃は1カ月間に日本国内だけで約4万3000件発生し、その72%がゼロデイ攻撃となっている(8月下旬時点)。毎日膨大な数の亜種が発生しているが、その中には特定の企業を狙ったものも多い。

最近は、標的にソフトウェアをインストールするのではなく、Windowsに組み込まれたツールを利用するPowerShell(ファイルレスマルウェア)攻撃も急増している。従来型のマルウェアを使用しないためシグネチャが存在せず、既存のセキュリティ製品で検出することは難しい。

こうした現状に鑑み、経済産業省が2017年11月に公表した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」の改訂版「Ver2.0」では、重要項目として「インシデントによる被害に備えた復旧体制の整備」が新たに追加された。

前述の通りマルウェアの侵入を完全に阻止することが難しくなっているうえ、サイバー攻撃を受けた企業の約半数が外部からの指摘により被害が発覚するなど検知体制も十分ではないという状況を踏まえ、侵入を前提に、侵入後の検知・対応・復旧を迅速に行う方針へと転換を図っている(図表2)。

 

図表2 セキュリティ侵害の発覚経緯
図表2 セキュリティ侵害の発覚経緯


IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャーの登坂恒夫氏も「ネットワークセキュリティをすり抜けた未知のウイルスは、最終的にモバイル端末やPCなどのエンドポイントに到達してしまう。サイバー攻撃によるセキュリティ侵害を最小限に抑えてレジリエンス(回復力)を高めるため、UTMとSDNや外部脅威対策製品などとの連携ソリューションの需要が拡大している」と指摘する。

ここからは、レジリエンスを高める具体的な連携方法として、「AI」と「SDN」について見ていく。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

extreme1906
nttcom1906sp
saxa1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます