導入・選定ガイド

UTM/次世代FWは「侵入前提」に――レジリエンスを高める「連携」が鍵

文◎村上麻里子(編集部) 2018.11.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

高度化する一方のサイバー攻撃――。そのすべてをUTMや次世代FWで防ぐことは困難だ。そこで侵入した脅威を迅速に検知し、回復するための連携ソリューションが重要になっている。

 
世界150カ国以上、35万件にも及ぶ大規模な被害をもたらしたランサムウェア「WannaCry」の攻撃から1年余り。2018年上半期は目立った脅威こそなかったが、企業や官公庁、自治体は相変わらずサイバー攻撃のターゲットとなっており、小規模なものも含めると被害は日常的に発生している。

ランサムウェアをはじめとするマルウェアや、特定の組織を対象に重要情報の入手を目的として継続的に攻撃を仕掛ける標的型攻撃に対しては、インターネットと社内ネットワークの境界上で内部への不正侵入を防ぐ「入口対策」と、社内ネットワークに侵入したマルウェアの外部との不正通信を防止する「出口対策」などを組み合わせた「多層防御」が推奨されてきた。

具体的な対策としては、ファイアウォールやIDS/IPS(不正侵入検知/防御システム)、Webフィルタリング、アンチウイルスなど複数のセキュリティ機能を1台に集約したUTM(統合脅威管理)や、UTMにアプリケーションの可視化および制御の機能を加えた次世代ファイアウォール(次世代FW)が主流となっている。

調査会社のIDC Japanは、アプライアンス型のUTMや次世代FWの2017~2018年の成長率を12.6%と予測しており、これはソフトウェア型の3.2%を大きく上回る(図表1)。ネットワークセキュリティではスループットが重要になるため、より高いパフォーマンスを実現できるアプライアンス型が支持される傾向にあるという。

 

図表1 国内情報セキュリティ市場 製品セグメント別 売上額予測
図表1 国内情報セキュリティ市場 製品セグメント別 売上額予測


急増する未知のマルウェアところで、サイバー攻撃は高度化・複雑化の一途をたどっており、UTMや次世代FW単体では防御することが難しくなっている。従来型のシグネチャマッチングでは検知しきれない攻撃が増えているのが理由だ。

ウォッチガードの脅威ラボが提供する脅威情報サイト「脅威ランドスケープ」によると、マルウェアによる攻撃は1カ月間に日本国内だけで約4万3000件発生し、その72%がゼロデイ攻撃となっている(8月下旬時点)。毎日膨大な数の亜種が発生しているが、その中には特定の企業を狙ったものも多い。

最近は、標的にソフトウェアをインストールするのではなく、Windowsに組み込まれたツールを利用するPowerShell(ファイルレスマルウェア)攻撃も急増している。従来型のマルウェアを使用しないためシグネチャが存在せず、既存のセキュリティ製品で検出することは難しい。

こうした現状に鑑み、経済産業省が2017年11月に公表した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」の改訂版「Ver2.0」では、重要項目として「インシデントによる被害に備えた復旧体制の整備」が新たに追加された。

前述の通りマルウェアの侵入を完全に阻止することが難しくなっているうえ、サイバー攻撃を受けた企業の約半数が外部からの指摘により被害が発覚するなど検知体制も十分ではないという状況を踏まえ、侵入を前提に、侵入後の検知・対応・復旧を迅速に行う方針へと転換を図っている(図表2)。

 

図表2 セキュリティ侵害の発覚経緯
図表2 セキュリティ侵害の発覚経緯


IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャーの登坂恒夫氏も「ネットワークセキュリティをすり抜けた未知のウイルスは、最終的にモバイル端末やPCなどのエンドポイントに到達してしまう。サイバー攻撃によるセキュリティ侵害を最小限に抑えてレジリエンス(回復力)を高めるため、UTMとSDNや外部脅威対策製品などとの連携ソリューションの需要が拡大している」と指摘する。

ここからは、レジリエンスを高める具体的な連携方法として、「AI」と「SDN」について見ていく。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

soltec1811
necm1811
hytec1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図2019

◆5Gは日本でこう始まる ◆5Gが自営網で利用可能に ◆Wi-Fiは10年振り大進化 ◆LPWAは爆発的に伸びる? ◆sXGPは秋に立ち上がる ◆400ギガイーサがやってきた ◆IoT-PLCの普及元年に ◆企業ネットはクラウド制御へ

●[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 IoTビジネス部長 谷直樹氏/●ソフトバンクが狙うLPガス市場/
●働き方改革で重要性増すコラボツール/●「位置」の活用で生産アップ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

アクセスランキング

tcb
iot24-2

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます