企業ネットワーク最前線

[特集]エッジコンピューティング最新案内

NTT東のエッジ拠点に潜入!――博報堂DYや埼玉県らとエッジの“答え探し”

文◎太田智晴(編集部) 2018.11.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTT東日本は今年6月、エッジコンピューティングを活用したAI/IoTビジネスの共創のため、「スマートイノベーションラボ」を東京・蔵前に開設した。一体どんな共創が始まっているのか。同ラボで話を聞いた。

 
浅草から地下鉄で1駅の場所にある東京・蔵前は、玩具や文具の問屋が数多く立ち並ぶ下町だ。最近は洒落たカフェや雑貨屋などが次々にオープンしており、「東京のブルックリン」と呼ばれることもある。

その蔵前に今年6月、エッジコンピューティングを活用したAI/IoTビジネスの共同実証環境がオープンした。NTT東日本がNTT蔵前ビル内に開設した「スマートイノベーションラボ」である。

スマートイノベーションラボのあるNTT蔵前ビル
スマートイノベーションラボのあるNTT蔵前ビル



今年6月に就任したNTT東西の新社長は成長戦略の1つとして、「通信ビル」という資産の活用を揃って打ち出している。すなわち、エッジコンピューティングビジネスの推進だ。

NTT東日本の通信ビルは、東日本エリアにおよそ2000もあり、堅牢性にも優れる。エッジコンピューティングのためのコンピューティングリソースの設置場所としては非常に有望だ。AI/IoT時代に本格突入し、エッジコンピューティング市場が立ち上がることになれば、大きなビジネス機会が期待できる。

もちろん今はまだ、それはただの“可能性”に過ぎない。その可能性が“現実化”するためには、様々なチャレンジが必要になるだろう。NTT東日本 ビジネス開発本部 第一部門 基盤ビジネス推進担当 担当部長の黒澤大志氏は次のように語る。

「何をすれば、エッジコンピューティングはありがたいのか。また、そのネットワークにはどういう要件が求められるのか。これまでのNTT東日本であれば、『我々が答えを知っている』という前提でサービスを開発していた。しかし、今回はその前提を捨てる必要がある。答えは分からないからだ」

そこで「まずはやってみよう」と設立したのが、スマートイノベーションラボだという。

スマートイノベーションラボ内に用意している、パートナー企業が検証や議論を行うためのワーキングスペース「スマートイノベーションルーム」。プレゼンや共同作業、打ち合わせ、個人作業などの目的別に部屋が用意されている
スマートイノベーションラボ内に用意している、パートナー企業が検証や議論を行うための
ワーキングスペース「スマートイノベーションルーム」。プレゼンや共同作業、打ち合わせ、
個人作業などの目的別に部屋が用意されている



現時点では、埼玉県、SOMPOホールディングス、博報堂DYホールディングス、ベンチャー企業のDVERSEの4者が共同実証のパートナーとして公表されている。また、黒澤氏によれば、この他にもいくつかのパートナーとのディスカッションがすでにスタートしているという。

NTT東日本がパートナーと共同で取り組み始めたエッジコンピューティングの“答え探し”――。その現状をレポートする。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

cyber1903
zeta1903
sonet1903

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】
これからの企業ネットワークの
教科書  2019年度版
◆IoT時代の無線化オフィス ◆NW機器もサブスク化? ◆これが正解! 有線LAN高速化 ◆NW管理はマルチドメインで ◆常時SSL時代のセキュリティ

●[インタビュー] NTT 代表取締役副社長 井伊基之氏「GAFAに伍する国際競争力を」/●本格普及期へ突入するSD-WAN/●ファーウェイが“疑念”に反論/●MWC19 Barcelonaレポート/●セキュリティ人材不足時代の次世代FW/UTM/●NTTコムがeSIMによるIoT向け新サービス
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
プレゼントキャンペーン201904A

スペシャルトピックス

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺を確実に防御!
メール攻撃対策の頼れる存在

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

NTTコミュニケーションズ働き方改革を中小・中堅企業へ!

テレワークに必要なモバイルNW、PC、セキュリティをオールインワン提供するNTT Comの新パッケージ

SBクラウド日中間通信を国内並みの高品質に!
安心して使えるQR決済を下支え

Alipayで安定した決済サービスを提供するために導入した回線は?

パロアルトネットワークスパブリッククラウドをセキュアに!
24/365最新ポリシーで自動監視

パブリッククラウドのセキュリティリスクを軽減する「RedLock」

CDNetworks中国でのWeb配信を8.5倍高速化
その真相とは?

中国でのWeb配信にはグレートファイアウォールなど多くの壁がある。

IIJグローバルソリューションズ日中の拠点間通信に“第3の選択肢”
セキュリティ対策も万全

日中間通信で「高品質」と「低コスト」の“いいとこ取り”!

アクセスランキング

tc1904
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます