ビジネス・企業

ノキアがクルマ向け通信「C-V2X」の取り組みを紹介、「2020年から実装開始」

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.10.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ノキアは2018年10月30日、クルマ向けの通信規格である「セルラーV2X」の最新動向に関する記者説明会を開催した。自動車メーカーや通信事業者などで構成する「5GAA(5G Automotive Association)」の動向や、ノキア自身が手がける実証実験の成果などを紹介。2020年に予定されている車両への搭載に向けて、世界各地でトライアルが進んでいる。


ノキアは日本でも、C-V2Xの実用化に向けたトライアルを行っている。2018年上期に北海道で実施した内容を示したのが下の図だ。


ノキアとKDDI、ヘキサゴンの共同実証の概要


通信事業者のKDDI、世界最大手の測定機メーカーであるスウェーデンのヘキサゴンと共に行ったもので、LTEネットワークでブロードキャスト配信を行う「eMBMS」を使った世界最初の実証実験だという。

コネクテッドカーが普及すると当然、通信機能を備えた車両が街中に溢れ、その通信量も飛躍的に増える。このクルマ向け通信を効率的に行うために「ブロードキャスト配信技術を使うことを考えている。その検証が今回のトライアルの最大の目的だった」と、ノキアソリューションズ&ネットワークス テクノロジー統括部長の柳橋達也氏は話した。

同氏は、コネクテッドカー向けの通信にセルラー技術を利用することの利点を2つの観点で強調した。1つは広域性だ。すでに広いエリアをカバーしているLTEネットワークを使ってコネクテッドカー向けのインフラを整備できる。

そして、もう1つがブロードキャスト配信技術だ。車載センサーが感知できない範囲の情報や高精度地図、あるいは動画像などを効率的にクルマへ配信するために、eMBMSが必要になるという。



C-V2Xの優位性

センチメートル級の高精度測位が可能に
今回のトライアルは、次の2つのユースケースを想定して行われた。

1つは、あるクルマが道路上の障害物を検知した場合に、その情報を後続車などの他の車両に通知するというものだ。

障害物を検知したイベント情報をMECに送信し、MEC上のC-V2Xアプリケーションがその情報を伝えるべき車両を判断。それに基づいて、イベントに関連するすべての車両に情報を配信する。メッセージを受け取った車両は、車載タブレットのディスプレイにイベントを表示する(下図参照)。



ユースケース1


2つめは、センチメートル級の高精度な位置情報の配信である。自動運転の実現に向けては、クルマに対して高精度な3次元地図を配信するとともに、高精度な位置情報を取得することも不可欠だ。この位置情報精度の向上にブロードキャスト配信技術を活用する。

現在のナビゲーションシステムに使われている一般的なGPS測位では、数mから十数mの誤差が生じることが珍しくない。だが、高精度な位置情報が必要とされる測量などの分野では、このズレを補正するGNSS補正信号を使って誤差を1m以下、数sm程度に縮小する技術が使われている。

ただし、現状では利用するためのコストが高く、多くのコネクテッドカーに展開するのは難しい状況だ。そこで「GNSS補正信号をブロードキャストで配信することで、安価に共有する」(柳橋氏)ことが可能になるという。下の図のように、MECアプリケーションがGNSS補正信号を受け取り、それをeMBMS技術を使ってエリア内のコネクテッドカーに分配。各車両のGNSSレシーバーがデータを処理して、自己の位置を推定する。



ユースケース2


トライアルでは実際に、数cmレベルの高精度な測位が可能であることが実証され、ユニキャスト方式で信号を分配する場合と同等の精度の位置情報が提供できたという。

スペシャルトピックスPR

saxa1906
NTTコムウェア1906
ciena1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます