企業ネットワーク最前線

ウォッチガードがクラウドベースの新戦略、「多要素認証」を中小企業にも

文◎松本一郎(編集部) 2018.10.02

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

UTMベンダーのウォッチガードが、SMB向けに多要素認証ソリューションを提供し始めた。同社のクラウド強化戦略の第1弾であり、これまで弱かった中堅企業を開拓する“武器”としての役割も担う。

中堅企業のシェア伸ばすAuthPointの特徴は、クラウド上で認証基盤が提供されることだ。前述の通り、SMBに多要素認証ソリューションが広がらない大きな理由はコストにある。

しかし、AuthPointの場合、専用アプライアンスやサーバーソフトの購入が不要なため、「競合他社と比べて、非常に安価に導入できる」と同社プリセールスエンジニアの猪股修氏は話す。

AuthPointのターゲットとしては、SMBの中でも特に中堅企業を想定しているという。やはり、規模が大きい企業ほど多要素認証への関心は高いからだが、このことは中堅企業へのUTM拡販にもつながると見ているという。

「我々はこれまで、どちらかというとSMBの中でも“小”の企業をケアしており、エンタープライズへのアプローチは弱かった」

6月に代表執行役員社長に就任した谷口忠彦氏はこう述べたうえで、「AuthPointというニューテクノロジーによって、競合他社から少しビハインドしていた部分をキャッチアップしていきたい」と意気込んだ。実際、すでにUTMビジネスとのシナジーは出てきているという。

なお、ウォッチガードでは今後、企業の独自アプリケーションについてもSSOできるようにするという。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン 代表執行役員社長 谷口忠彦氏(右)、システムエンジニア部 プリセールスエンジニア 猪股修氏
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン 代表執行役員社長 谷口忠彦氏(右)、
システムエンジニア部 プリセールスエンジニア 猪股修氏


クラウドで多階層管理を強化実はAuthPointは、ウォッチガードの新しいクラウド基盤「WatchGuard Cloud」を使ったソリューションの第1弾でもある。

同社は今後、これまで機能ごとに別々に構築していたクラウド基盤をWatchGuard Cloudに統合していきながら、様々なかたちでソリューションの強化を図っていく計画だ(図表2)。

 

図表2 WatchGuard Cloudプラットフォーム
図表2 WatchGuard Cloudプラットフォーム


第2弾としては、可視化ツールの「Dimension」のWatchGuard Cloudへの統合を予定しており、従来のように自分でサーバーを立てなくても、セキュリティ状況を可視化できるようにする。

WatchGuard Cloudに統合していく一番の目的は、マルチテナント/マルチTier(多階層)管理体制の強化にあるという。ウォッチガードの場合、UTMと一緒に運用管理サービスもあわせて提供するMSSP(Managed Security Service Provider)のパートナーが多い。ただ、従来は、「そのパートナーの下にも販売店があって、さらにその下にも販売店と、Tierがたくさんあり、管理が大変になっていた」(猪股氏)。

しかし、WatchGuard Cloudへの統合が進むことで、マルチテナント/マルチTier環境での運用管理性は抜本的に向上する。個々の販売店やユーザー企業等に対して、必要な権限を適切かつ柔軟に設定できるようになるからだ。また、将来的には「ウォッチガードが提供するサービスは、すべてWatchGuard Cloudで管理できるようになる」と猪俣氏は説明する。

「米国ではMSSPが顕著に伸びており、いずれグローバルで同じ流れになるだろう。日本でも今後さらにMSSPのパートナーの育成やリクルーティングに力を入れていく予定だ。WatchGuard Cloudは、そのための基盤として重要なキーになってくる」と谷口氏。WatchGuard Cloudの第1弾であるAuthPointは、ウォッチガードの新戦略の第1弾でもあるわけだ。

スペシャルトピックスPR

saxa1906
NTTコムウェア1906
ciena1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの課題解決! 10の最強メソッド
[課題1]IoTで何をすればいいのか分かりません [課題2]IoTを推進できる人材が社内にいません [課題3]中小企業でもIoTで成果は出せますか? [課題4]いつまで経ってもPoCを“卒業”できません… このほか10の課題を解決する最強メソッドを紹介!

●[インタビュー] オプテージ 荒木誠社長「情報・通信の事業統合は必然 ローカル5Gには多くの可能性」 ●DDoS対策にさらなる価値を ●イタリア発ローカル5G、日本へ ●ローカル5Gとキャリア網を連携 ●住商らが国内初ローカル5G実験 ●資生堂やドコモも参入!ビューティーテック ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます