ニュース

Wi-Fiセキュリティをより強固に、新規格「WPA3」「Easy Connect」が登場

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.06.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

無線LANの業界団体であるWi-Fi Allianceが2018年6月28日、新たなセキュリティの認証プログラム「WPA3」を発表した。10年以上使われてきたWPA2をより強固にしたもので、2019年後半頃には様々なメーカーの無線LAN製品への搭載が始まる見通しだ。また、IoTデバイス向けに、簡素な手順でセキュリティ機能を搭載できる「Easy Connect」も合わせて発表された。


今や誰もが日常的に利用している無線LAN(Wi-Fi)。Wi-Fi Allianceでマーケティング担当バイスプレジデントを務めるケビン・ロビンソン氏によれば、「実際に利用されているアクティブなデバイスは世界で90億台」にも及ぶという。さらに「この1年だけでも、30億のWi-Fiデバイスが新たに出荷されている。世界の通信トラフィックの半分はWi-Fiに関するものだ」。


Wi-Fi Alliance マーケティング担当バイスプレジデント ケビン・ロビンソン氏


そんなWi-Fiのセキュリティをより強固にする新たな標準規格が登場した。Wi-Fi Allianceが新たに立ち上げた認証プログラム「Wi-Fi SERTIFIED WPA3」(以下、WPA3)と「Wi-Fi SERTIFIED Easy Connect」(以下、Easy Connect)だ。

WPA3は、これまで約10年使われてきた暗号化規格「WPA2」の後継に当たるもの。Wi-Fiセキュリティの簡素化と強固な暗号化を実現するものだという。



WPA3の概要


具体的には、Wi-Fi接続を行う際のパスワード認証を強固にする新たな仕組みを導入することで悪意のある第三者によるハッキングを防ぐ。ハッカーはオンライン辞書攻撃と呼ばれる手法によってユーザーのパスワードを推測するが、WPA3で新たに採用したプロトコルでは、このパスワード推測が非常に困難になるという。

ロビンソン氏によれば、「推奨される複雑性を満たさないパスワードであっても保護することが可能」だ。さらに、仮にパスワードが漏洩した場合でもWPA3では新たな認証・接続の手順を行うため、「将来的な秘匿性も担保される」とした。なお、ユーザーがWi-Fiに接続する際の方法はWPA2を利用していた「従来とまったく変化はない」。

この新規格は、家庭等で利用される個人向けデバイス用の「WPA3-Personal」と、企業向けの「WPA3-Enterprise」の2つのモードが用意されている。



WPA3では、PersonalとEnterpriseの2つのモードが用意されている


後者のWPA3-Enterpriseでは「企業や組織等がWi-Fiデバイスを一元的に管理する」ことが可能だ。さらに、暗号強度も従来の128ビットから192ビットに向上させている。なお、既存のWPA2との互換性を維持するため「移行モード」も用意。例えば、WPA3対応の無線LANアクセスポイントにWPA2対応デバイスが接続した場合でも暗号化通信を利用できる。

Wi-FiデバイスをWPA3に対応させるには「概ねソフトウェアのアップデートで可能」とロビンソン氏は語ったが、192ビット暗号等の一部機能についてはハードウェア性能に依存する部分もあり、「いつごろ対応するかはメーカーの判断による」とも話した。Wi-Fi Allianceとしては「2019年の後半ごろから、かなりの数のデバイスがWPA3に対応し、WPA2からの移行が進んでいくと考えている」ようだ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

1810watchguard
1810macnica
1810prtg

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT LIFE 争奪戦
   ホームからヘルスケア、育児、ペットまで

◆JAIST 丹康雄教授インタビュー「スマートホームからライフへ」/◆ スマートホーム市場の行方/◆IoTで家事を効率的に/◆医師がIoTを処方する時代へ/◆BabyTechが子育て世代を救/◆ペットの健康をIoTが守る

●光ファイバーもLTEもダメでも諦めない!“ワケあり物件”のネットワーク構築法/●スマートメーターへの採用進むHD-PLC/●見えてきた新自営無線「sXGP」の実力/●ZETAが仕掛ける「LPWA 2.0」
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

アクセスランキング

tcb
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます