導入・選定ガイド

マルチクラウドの準備を始めよう!――NW・セキュリティ見直しの勘所とは?

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.05.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

パブリッククラウドの普及によって、企業は新たな課題に直面している。パフォーマンスの劣化、セキュリティリスクの増大、運用管理の複雑化だ。これらの悩みを一掃するためのポイントを整理する。

ネットワーク設計の見直し - 宛先ごとに経路を分散インターネット回線やFW/プロキシを圧迫するトラフィックをどうさばくのか。最も単純な対処法は、回線帯域とFW/プロキシ設備の増強だ。

ただし、回線の広帯域化は避けられずとも、設備費の増大はできれば抑えたい。そこで有効な対策が、クラウド向け通信の「オフロード」だ。

一般的にインターネット向けのトラフィックは、各拠点からWANを経由して本社やデータセンター(以下、センター拠点)に集め、そこに設置したプロキシ/FWを経由して外に出すというネットワーク構成をとる企業が多い。だから、トラフィックが増えると詰まりやすいのだ。

そこで、ボトルネックになりやすいプロキシ/FWをバイパスさせたり、宛先ごとに経路を分散させたりすれば、パフォーマンスの劣化は防げる。

渋滞ポイントを迂回せよ図表2は、A10ネットワークスのADC(アプリケーションデリバリコントローラ)製品「A10 Thunder」を使ったプロキシバイパスの例だ。Office 365のユーザーで採用が進んでいるが、他のクラウドでも使える。

 

図表2 A10ネットワークスのクラウドプロキシ
図表2 A10ネットワークスのクラウドプロキシ


ADCが宛先ごとに通信を振り分け、Office 365の通信はプロキシを通さずに直接インターネット回線へ送る。プロキシを経由するトラフィック量はOffice 365の利用前と変わらないため、設備増強は不要だ。もちろんADCの導入コストは必要だが、A10ネットワークスによれば、プロキシを大容量化するのに比べて10~20分の1のコストで済むケースもあるという。同様のソリューションは「F5 BIG-IP」のF5ネットワークスなど他のADCベンダーも提供している。

また、プロキシを迂回した後の出口の回線も分けると、より効果的だ。クラウド専用の回線を新たに用意し、通常のインターネット通信と経路を分けるのだ。宛先が決まっており、しかもクラウド側で十分なセキュリティ対策が行われていることから、前者はFWも経由せずに回線に流す構成を取る例もある。これで、既存のFW・回線の過負荷も防げる。

スペシャルトピックスPR

ciena1906
netscout1908
synology1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの課題解決! 10の最強メソッド
[課題1]IoTで何をすればいいのか分かりません [課題2]IoTを推進できる人材が社内にいません [課題3]中小企業でもIoTで成果は出せますか? [課題4]いつまで経ってもPoCを“卒業”できません… このほか10の課題を解決する最強メソッドを紹介!

●[インタビュー] オプテージ 荒木誠社長「情報・通信の事業統合は必然 ローカル5Gには多くの可能性」 ●DDoS対策にさらなる価値を ●イタリア発ローカル5G、日本へ ●ローカル5Gとキャリア網を連携 ●住商らが国内初ローカル5G実験 ●資生堂やドコモも参入!ビューティーテック ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます