ニュース

DDoS攻撃を緩和するクラウドサービス「Arbor Cloud」の日本センター開設――ピークサイズは8Tbpsに対応

文◎唐島明子(編集部) 2018.02.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

DDoS対策ソリューションで有名なアーバーネットワークスが記者説明会を開催し、新DDoS攻撃の技術と傾向を説明した。DDoS攻撃のなかでもボリューム攻撃のピークサイズは600Gbpsほどに落ち着いているが、攻撃の数は増えているほか、複数の手法を組み合わせるなど攻撃が複雑化しているという。


「セキュリティというと『守る』と考えるが、実は『可視化』が全てである」――。こう語るのはアーバーネットワークス カントリーマネージャーの河田英典氏だ。


アーバーネットワークス カントリーマネージャーの河田英典氏

同社は世界最大のネットワーク監視システム「ATLAS(Active Threat Level Analysis System:脅威レベル解析システム)」で世界中のネットワークを監視している。ATLASの情報は世界中のTier1サービスプロバイダーやISP・研究機関から収集しており、ATLASをベースに世界のDDoS攻撃状況をマップ上で可視化する「Digital Attack Map」を公開している。

ネットワーク監視システム「ATLAS」


世界のDDoS攻撃状況を可視化する「Digital Attack Map」


アーバーネットワークスは、DDoS攻撃をミティゲーション(攻撃緩和)するクラウドサービス「Arbor Cloud」を提供している。そのArbor Cloudの日本センターを、2018年2月中に開設すると河田氏は発表した。

これまで、最も日本に近いArbor Cloudのセンターはシンガポールだったが、今後は日本国内でミティゲーションするようになることで処理速度が向上し、ネットワークの遅延を回避できるという。また、官公庁・地方自治体・金融機関など、物理的に日本国内にクラウドサーバーを設置する必要のある団体・企業もArbor Cloudを利用可能になる。

DDoS攻撃、2017年は合計750万回で4秒に1回発生アーバーによれば、直近のDDoS攻撃のトレンドとしては、ボリューム攻撃のピークサイズは減少傾向にある一方で、攻撃回数は増加している。2016年の最大の攻撃は841Gbps、2017年は641Gbpsで、最近は600Gpbs程度に落ち着いているという。その理由は、「攻撃者は600Gbpsの攻撃でも800Gbpsの攻撃でも大差ないと認識しているため」(河田氏)だ。他方、攻撃の回数は2016年は680万回だったものの、2017年は750万回で4秒に1回の攻撃が発生している。

ボリューム攻撃のピークサイズ


DDoS攻撃の回数


そして攻撃手法は複雑化しているそうだ。具体的にはボリューム攻撃、アプリケーション攻撃、TCP状態枯渇攻撃などの中から、2つ以上の手法を組み合わせて攻撃してくる例が出ており、攻撃の成功率が高まっているという。

こうしたDDoS攻撃対策に力を入れる企業の多くは、通信事業者や世界的にも有名な大企業だ。しかし、企業規模に関わらず、オンラインを商売で利用している証券会社やゲーム会社、そして自治体や官公庁などもDDoS攻撃の対象になるケースは少なくない。

ハードウェアを購入してまでDDoS攻撃対策をする必要のない企業にとって、Arbor Cloudのようなクラウドサービスは導入しやすいソリューション。Arbor Cloudの場合は、1回72時間のミティゲーションを年に何回利用するか、そして通常時のトラフィックはどれくらいかによって利用金額が決まるという。

Arbor Cloudのセンターは、2月中に設置される日本センターを含めると17カ所にあり、その17カ所を合計すると全体で8TBpsのキャパシティがある。かなり大きなDDoS攻撃にも耐えうるキャパシティだ。

同社は来年の今頃、もう1拠点、日本国内にArbor Cloudのセンターを設ける予定だという。

スペシャルトピックスPR

synology1907
cloudian1907
nec1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます