企業ネットワーク最前線

AI/IoTのアナリティクスが失敗する3つの理由――「SAS Viyaでイノベーション起こす」

文◎太田智晴(編集部) 2018.01.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

SAS Institute Japan
代表取締役社長 堀田徹哉氏

SAS Institute Japanは2018年1月25日、2018年度ビジネス戦略及びSAS Viya製品発表会を開催。アナリティクスに必要な機能をすべて搭載するという統合アナリティクスプラットフォーム「SAS Viya」を活用したAI/IoTによって、「新しいイノベーションを日本で起こしていく」と堀田徹哉社長は語った。

 
「引き続きマーケットのアナリティクスに対する需要は強い。特にAIとIoTは大変なブームで、お陰様でSASジャパンは二桁成長を遂げることができた」

2018年1月25日に開かれたSAS Institute Japanの記者説明会。代表取締役社長の堀田徹哉氏は、2017年度をこう振り返った。従来より強みとしてきた金融に加え、昨今のデジタル変革の進展にともない、製造業や小売業なども、SASジャパンの成長を大きく牽引したという。

SASジャパンの2017年度の業種別成果
SASジャパンの2017年度の業種別成果



業績好調のSASジャパンはこれまでの戦略を大きく変えることなく2018年度のビジネスも進める方針だが、そうした中にあって新たな成長ドライバーとして注力する1つが「SAS Viya」である。

「Viyaによって新しいホワイトスペースを開拓し、SASの成長をドライブしていく。これからのSASの成長にViyaという新しいプラットフォームは欠かせない」と堀田氏は語った。

アナリティクスの取り組みが失敗する3つの理由SAS Viyaは、同社が2年前にリリースした統合アナリティクスプラットフォームだ。

AI/IoTブームの中、数多くのアナリティクス製品が市場に出回っているが、なぜSAS Viyaなのか。ソリューション統括本部 ビジネス開発グループの小林泉氏は、多くの企業が直面している課題を指摘しながら、SAS Viyaの特徴を紹介した。

SAS Viyaのアーキテクチャ概要
SAS Viyaのアーキテクチャ概要



AIやIoTを活用したアナリティクスに取り組んでいるものの、なかなか成果につながらない――。そうした企業は少なくないはずだが、小林氏によると、その理由は大きく3つに分類できるという。

1つめは、データの取得・加工・品質・準備といったデータハンドリング。「どんなデータを持ってくるのか。分析する前のデータハンドリングのところで大きな課題を抱えている」

2つめは、予測モデリングの問題だという。「スキルのギャップがあり、うまく使いこなせなかったり、いろんなモデルを作っていて、整合性が取れないといった課題がある」

そして最後が、「ビジネスにおける価値創出とガバナンス、実行と評価」だ。「ビジネスというのは、計画を立てて実行し、それを評価することで回っていく。だが、ビジネス価値が出ているのか、評価できていないお客様が多くいる」

小林氏によれば、こうした課題を解決し、アナリティクスの活用によってビジネス価値を創出するためには、アナリティクス・ライフサイクルが重要なカギを握るという。以下のスライドに示したData → Discovery → Deploymentの大きく3つのプロセスから成るライフサイクルである。

「この3つのプロセスを高速に回す必要があるのがアナリティクスの難しいところだが、SAS Viyaはこの3つを単一環境で回すことができる」と小林氏は説明した。

アナリティクスでビジネス価値を出すために必要なライフサイクル
アナリティクスでビジネス価値を出すために必要なライフサイクル



さらに堀田氏も、これら3つのプロセスの一部を提供するベンダーは多いが、「全部を1つのテクノロジー上で統合しているのはSASだけ。そこが最大の特徴で唯一無二」とSAS Viyaをアピールした。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nec1907
intel1906
extreme1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます