導入・選定ガイド

IoTルーター/ゲートウェイ市場の最新トレンド――LPWA搭載製品も登場!

文◎唐島明子(編集部) 2018.01.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IoTシステムを本格導入する動きが一気に加速している。そんな国内IoT市場の動向とともに、コネクティビティの要でもあるIoTゲートウェイの特徴やLPWAとの関係などをレポートする。

 
「IoT(Internet of Things)は、件数ベースで明らかに増えてきた。あるITベンダーによれば、2016年は数十件だったIoT案件が、2017年はその5倍になったと聞いている」。こう語るのは、富士キメラ総研の第二部門主任を務める村瀬浩一氏だ。

同氏はまた、「2016年に行われていたPoC(概念実証)により、ITベンダーの中にノウハウが溜まり、IoTの具体的な効果も見えてきた。そのため、2017年からIoTビジネスが本格化している」と説明する。企業によるIoTの取り組みは、これまではPoCが中心だった。しかし、2017年からは本格導入に向けた動きが活発化しており、この流れは2018~21年へ続いていくという。

国内IoT市場全体の動向は?富士キメラ総研が2017年6月に発表した国内IoT市場調査によれば、IoT市場全体の規模は、2016年度に5532億円だったものが、5年後の2021年度には約2.5倍の1兆3806億円になる見込みだ(図表1)。

 

図表1 ビッグデータ・IoT関連ビジネスの国内市場(ビジネス形態別)
図表1 ビッグデータ・IoT関連ビジネスの国内市場(ビジネス形態別)


同調査では、IoTの市場を6つのレイヤーに分けている。6つとは、「コネクティビティ」「プラットフォーム」「アプリケーション」「システムインテグレーション」「上位サービス」「保守/運用サービス、他」。これらのレイヤーの中で、最も大きなポーションを占めるのは、システム開発を行うシステムインテグレーションであり、今後も同じ傾向が続く見通しだ。

また、2016年度から2021年度までの間で最も年平均成長率(CAGR)が高いのはコネクティビティのレイヤーで、CAGRは約27%になるというのが富士キメラ総研の見立てである。コネクティビティはモノをインターネットに接続するための第一歩であり、これからIoTの導入を進める企業や、その企業を支援するITベンダーにとって見逃せないところだ。

パッケージ提供するメーカーもコネクティビティの主要製品の1つが、「IoTルーター/IoTゲートウェイ」である。両製品を選定するうえで大前提となるのは、その製品がどのようなインターフェイスや通信サービスに対応できるかだ。

センサーや機械など、IoTルーター/ゲートウェイに接続したいIoTデバイスがWi-FiやBluetoothでデータを送信してくるのであれば、ルーター/ゲートウェイもWi-FiやBluetoothに対応している製品を、シリアル通信インターフェイスしか搭載していない工場の機械であれば、ルーター/ゲートウェイ側もそのインターフェイスに対応している製品を選択することになる。

また、ルーター/ゲートウェイに集めたデータを、有線WANや3G、LTEでクラウドなどに送信したい場合は、有線WANのポートや3G、LTEの通信モジュールを搭載した製品を選ぶことになる。LTEは、カバレッジが広く、有線ネットワークの工事が不要な手軽さもあり、最近のルーター/ゲートウェイはLTE対応が定番になっている。

とはいえ、ハードウェアのスペックで製品を差別化するのは難しい。そのため、「IoTゲートウェイのメーカーが、クラウドのプラットフォームも含めてワンパッケージのソリューションサービスを打ち出すケースがある」(富士キメラ総研・第二研究開発部門ADの辻田洋佑氏)。

例えば、IoTルーターとIoTゲートウェイの市場で高いシェアを持つサン電子は、同社のゲートウェイ「Rooster GXシリーズ」とプラットフォーム「Bacsoft IoT Platform」、3Gの通信サービスをセットにした「IoTスターターキット」を提供している。工場の機械、施設の空調機器などをRooster GXシリーズに接続すると、それらのデータは自動的にクラウドへ収集され、グラフィカルに表示できるようになる。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

comarch1806
bmtech1806
iijglobal1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_a
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます