ICT×未来

<特集>IoTと宇宙(最終回)

センチメーター級測位がIoTを変える

文◎唐島明子(編集部) 2017.12.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

準天頂軌道のみちびき2、4号機
(提供:内閣府宇宙開発戦略推進事務局)

日本版GPSとも言われる「みちびき」のサービスが、2018年4月からオープンになる。これまでの「誤差10メートルの測位」から「ピンポイント測位」の世界に突入だ。IoTにおけるGPSの活躍範囲は格段に広がる。

 
クルマのナビゲーションから高齢者の徘徊対策、建設機械の位置管理、登山者のトラッキング……。GPSは、数えきれないほどのIoTアプリケーションで活用されている。

そんなGPSの利用シーンが2018年4月、飛躍的に拡大・高度化する。これまで利用実証などが行われてきた日本の測位衛星「みちびき」のサービスが、いよいよオープンに利用可能になるからだ。

GPSの可用性を向上みちびきがもたらす変化は、大きく2つに整理できる。「GPS補完」と「GPS補強」だ。

1つめのGPS補完は、GPSの可用性を向上させる。みちびきのカバレッジには、日本のほかにも、東南アジアやオーストラリアも含まれる。これらのエリアでGPS測位の安定性が高まる。

そもそもGPSとは、GNSS(Global Navigation Satellite System、全球測位衛星システム)の1つで、米国政府が運用する衛星測位システムのことだ。世界中で利用されている米国のGPSは現在、合計31機のGPS衛星で地球全体をカバーしながら、地球に向けて測位信号を配信している。なお、GNSSには、GPSのほかにも日本のみちびきはもちろん、ロシアの「GLONASS」、欧州の「Galileo」、中国の「BeiDou」などがある。

衛星測位を行うには、衛星からの測位信号を受け取る受信機(例:スマートフォンやトラッキング端末)は、少なくとも4機の衛星から測位信号を受信することが必要になる。安定した測位精度を出すには8機以上が望ましいとされている。ある地点から見えるGPS衛星の数は基本的に6機だが、高層ビルが立ち並ぶ都心、山間部など、上空の見晴らしが悪いロケーションでは6機すべてを視界に捉えるのは難しく、4機以下になることもある。このため、GPSによる測位が困難なエリアは、実は意外に多い。

しかし、みちびきのサービスが始まれば、視界に捉えられるGPS衛星の数が少ないことによる測位不良は、一気に改善することになる。GPS衛星と同一周波数・同一時刻の測位信号を配信するみちびきは、GPSと一体的に運用可能な衛星測位システムであり、みちびきがGPS衛星を補完できるためだ(図表1)。

 


図表1 みちびきはGPS互換

図表1 みちびきはGPS互換
出典:qzss.go.jp



2017年10月10日、4号機の打ち上げ・切り離しが成功し、みちびきは4機体制になった。4機のうち1機(3号機)は常に赤道付近の上空に滞在する静止衛星で、3機(1、2、4号機)は“8の字”を描く準天頂軌道衛星だ(図表2)。

 


図表2 4機体制になった「みちびき」の軌道とカバレッジ
図表2 4機体制になった「みちびき」の軌道とカバレッジ



1、2、4号機は、準天頂の名の通り、「日本のほぼ真上(仰角70度以上)」を通過する(図表3)。3機は交互に仰角70度以上に約8時間滞在するため、少なくとも1機は常に日本の準天頂にいる構成になっている。つまり、みちびきは24時間体制で、高層ビルや山の影響を受けづらい真上から測位信号を配信する。

GPSの受信機からすると、見えるみちびきの数だけGPS衛星が増えた状態となり、GPSによる測位の可用性と精度が大きく高まることになる。

 


図表3 準天頂軌道衛星にあるみちびきの見え方
図表3 準天頂軌道衛星にあるみちびきの見え方
出典:qzss.go.jp



これまで十分なトラッキングができなかったエリアでも、従来より安定的かつ高い精度で測位できるようになるのだ。みちびきを運用する内閣府は、さらに2023年度には7機体制に増やす計画を立てている。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

1810yamaha
1810watchguard
1810macnica

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】LPWA、再加速
●Sigfox&LoRaの現在地/●注目の新興LPWA「Zeta」「ELTRES」の勝機/●アナリストが見通すLPWAの今とこれから/●セルラーLPWAが本格開始!ドコモ、KDDI、ソフトバンクのIoT無線戦略

●東大 江﨑浩教授インタビュー「デジタルとリアルの逆転経済へ」/●対応急がれるISDN&PHSマイグレーション/●ワイヤレスファースト!クラウド型から始まるネットワーク変革/●A10のCEOが語る「5G網の防衛術」/●産業制御システムの守り方とは?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます