キーパーソンが語る

「Sigfoxで世の中は変わる。セルラーIoTとは別世界だ!」、KCCS黒瀬社長インタビュー

聞き手◎太田智晴(編集部) 2017.12.11

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

京セラコミュニケーションシステム
代表取締役社長 黒瀬善仁氏

「こんなモノまで、つなげるの?」というのがSigfoxの世界――。国内でSigfox事業を展開する京セラコミュニケーションシステム(KCCS)の黒瀬善仁社長はSigfoxにより、今まで夢にも思っていなかったモノもIoT化されていくと語る。年100円~という圧倒的な通信料金の安さを武器にするSigfoxの現状と今後の戦略について、黒瀬社長に聞いた。

 
――Sigfoxのサービスが2月27日に始まってから、半年以上が経ちました。ここまでの手応えはいかがですか。

黒瀬 いきなりエンドユーザーの利用が増えたということはありませんが、多くのパートナーがSigfoxのネットワークを使った実証実験を始めています。Sigfoxを利用したサービスやデバイスを1年以内に提供するとお約束いただいたパートナーの数は、10月11日時点で203社にも上っています。

――サービス開始前の想定と比べると、期待以上の滑り出しですか。

黒瀬 正直に言うと、思っていたよりも、PoC(Proof of Concept:コンセプト実証)に時間がかかっている印象はあります。海外の状況と比べると日本は出遅れていますから、時間軸という意味では、もう少し前に進めたかったですね。

――PoCは活発なものの、なかなか実導入に至らないというのは、日本のLPWA市場全体についていえることです。

黒瀬 ただ、1年後には200近くのサービスやデバイスが登場するといっても過言ではない状況ですから、日本のLPWA市場はまもなく本当に大きく立ち上がると期待しています。

封筒にもSigfox――Sigfoxを活用したPoCが数多く進行中ということですが、どういった分野のPoCが多いのですか。

黒瀬 一番目立つのは、水道・ガスなどのユーティリティ系です。あとは、子供や高齢者の見守り、運送用パネルなどのアセット管理も非常に多いです。

――LPWAの代表的なユースケースといえるものが中心ですね。

黒瀬 そうですね。まだ十分に開拓できていませんが、我々としては、想像も付かないような使い方も今後出てくると思っています。Sigfoxでこれだけ通信料金が安くなると、今まで夢にも思っていなかったモノにも、通信機能が搭載されていくはずだからです。

――例えば、どんなモノが考えられますか。

黒瀬 9月にSigfoxのワールドワイドのイベント「Sigfox World IoT Expo」がプラハで開催されたのですが、そこで発表された新サービスの1つに「Admiral Ivory」があります。小包や封筒の開封チェックなどに使えるサービスです。

おばあちゃんが孫にプレゼントを送ったとしますよね。プレゼントが開封されたと封筒の中のセンサーが検知すると、Sigfoxでクラウドにデータを送信。これをトリガーに、孫のスマートフォンへ「おめでとうメッセージ」を送るといったことが実現できます。

また、空になったペットボトルの管理にSigfoxを使うというユースケースも紹介されました。こうしたことが機器を含めて数十円、数百円以下のレベルで実現できるようになるのが、Sigfoxのすごいところです。

――確かに、これまでの常識からは想像できないユースケースです。年100円~というSigfoxの通信料金の安さは、IoT市場に強いインパクトを与えましたが、改めて低コストで提供できる理由を教えてください。

黒瀬 なぜ、Sigfoxが安くできるかというと、今まで通信できなかったモノを“通信の世界”に取り込むため、徹底的に機能を削ぎ落としたからです。

高速化などを目的に、プロトコルをどんどんヘビーにしてきたのが、これまでの通信の歴史です。しかし、Sigfoxの発想は逆です。通信速度はたった100bps。機能を徹底的に割り切ることにより、部品1つとっても低コストに作れるようになっています。

また、データ量が小さいということは、1基地局当たりの収容数も増えるということです。通信料金は、1つの基地局と通信回線にどれだけのユーザーを収容できるかで決まりますから、結果的に通信料金も安くできるわけです。

標準化団体が策定する通信規格の場合、あらゆる要望を聞きながら、その最小公倍数を探っていきますから、どうしてもプロトコルヘビーになってしまいます。

――仏Sigfox社の独自規格だからこそ、大胆な割り切りが可能ということですね。Sigfoxの通信モジュールの価格は今どのくらいですか。

黒瀬 現在は約2ドルですが、2022~2023年ごろには50セントくらいになる見込みです。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

黒瀬善仁(くろせ・よしひと)氏

1961年7月生まれ、鳥取県出身。85年、慶應義塾大学経済学部を卒業後、京セラ入社。95年、京セラコミュニケーションシステムの設立に伴い出向、2000年に転籍。04年に取締役就任。10年常務取締役、15年4月専務取締役、ICT/エンジニアリング事業の要職を経て、15年12月に代表取締役社長に就任

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
intel1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_a
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます