企業ネットワーク最前線

IoTビジネスカンファレンス 講演レポート

BLEとLoRaWANでコストの障壁を突破――IoTサービスの創出に挑むレンジャーシステムズ

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.11.10

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

レンジャーシステムズ 執行役員
IoT事業部長 木村秀一氏

2016年からBLEを中心とするIoTコネクティングサービス「monoコネクト」を展開するレンジャーシステムズが、11月からラインナップにLoRaWANを追加、IoTビジネスを加速させている。安価なデバイス・ネットワークコストと、多彩な技術を活かし、企業とともに新たなIoTサービスの創出に取り組んでいくという。

LoRaWANの活用で短期間・低コストで課題を解決木村氏は、講演の後半「本日のメインテーマ」として、この日、新メニューとして提供を開始したLoRaWANサービスについて解説した。

LoRaWANは、省電力性と長距離通信を特徴とするIoT無線技術LPWA(Low Power Wide Area)の1つだ。LPWAではLoRaWAN、sigfox、NB-IoTの3つが主力となっているが、このうちsigfoxは各国1社のサービス事業者(日本では京セラコミュニケーションシステム)、NB-IoTは携帯電話事業者が構築したインフラを、企業ユーザーが利用する形になるのに対し、LoRaWANでは「免許を受けずに自らネットワークを構築しサービスを行える」点が大きな特徴だという。

加えて、LoRa Allianceによって技術仕様が策定されているオープンな通信方式であること、1基地局で数kmをカバーできる広域通信性能、送信時で20mA程、スリープ時にはその100分の1程度という高低消費電力性などの特徴を持つが、1回に送信できるデータ量が最大で240バイトにとどまるといった制約もあると述べた。

さらに木村氏は、LoRaWAN技術仕様についてさらに踏み込んだ解説を行い、センサーネットワークで広く使われる通信モード「クラスA」ではTCPと同様の誤り訂正が可能であることや、LoRaWANでは伝送距離と通信速度がトレードオフの関係になることなどを説明した。

エンドデバイスから、ゲートウェイ、クラウド(ネットワークサーバー)までワンストップで提供する「monoコネクト for  LoRaWAN」
エンドデバイスから、ゲートウェイ、クラウド(ネットワークサーバー)まで
ワンストップで提供する「monoコネクト for  LoRaWAN」 


 
さて、今回新たに提供が開始されたLoRaWANサービス「monoコネクト for LoRaWAN」は、LoRaWANネットワークの構成要素である、エンドデバイス、ゲートウェイ、ネットワークサーバーの3つをレンジャーシステムズがワンストップで提供、企業のIoTサービス構築のニーズに応えていくというものだ。

木村氏が、このサービスの大きな強みとなると見ているのが「コスト」だ。レンジャーシステムズではLoRaWANの規格がオープンであることを活かし、「ネットワークサーバーを自社開発しコストの大幅削減に成功した」という。

加えて、台湾に本社を置くジェムテック(Gemtek Technology)と販売・技術提携を結び、屋内・屋外ゲートウェイ、GPSトラッカー、ソーラーパネル内蔵センサーなどの多彩なデバイスをラインナップ、レンジャーシステムズ自身でも、温湿度をはじめとする超小型センサーデバイスを開発している点も、同社のLoRaWANサービスの大きな強みとなる。

ジェムテック製のLoRaWANゲートウェイ、センサー
ジェムテック製のLoRaWANゲートウェイ、センサー


 
さらに、NVNEとして積み重ねてきた、ネットワークの保守・運用の経験・ノウハウもレンジャーシステムズのLoRaWANサービスの大きな差別化ポイントになると木村氏は見る。

レンジャーシステムズではLoRaWANによる実証実験を積み重ねており、すでにいくつかの導入事例もでてきている。その1つが、ある大手企業が300台規模の自社の駐車場に導入したスマートパーキングのケースだ。各駐車スペースの地面にパーキングセンサーを設置、データを1台のゲートウェイを介して集約し、ディスプレー上でリアルタイムに把握できるようにするものだ。LoRaWANを用いることで、整備完了まで1カ月弱という、圧倒的な工期・コストの削減を可能にしたという。

LoRaWANを利用したスマートパーキングの導入イメージ
LoRaWANを利用したスマートパーキングの導入イメージ




レンジャーシステムズでは、LoRaWANゲートウェイの位置と電波強度を利用し、誤差100m以下の精度で(ゲートウェイ間隔3㎞以下の場合)、デバイスの位置を把握できるシステムの開発を、来年3月の実用化に向けて進めており、近く地域通信会社のQTNet(本社・福岡市)と実証実験を開始するという。

さらに、木村氏はMVNEとして蓄積してきたモバイルコア技術を活かして今後NB-IoTにも取り組んでいくとした上で、「 当社が掲げる“先端モバイル技術とソリューションで、ワクワクの輪を広げるカンパニー”というビジョンの下、皆様とともに面白いサービスを作り上げていきたい」と述べ、講演を締め括った。

スペシャルトピックスPR

sas1808
necaspire
moconavi1807

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
watchguard0921

スペシャルトピックス

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます