キーパーソンが語る

<特集>エッジコンピューティングの全貌 第4回

OpenFogコンソーシアム 安田氏に聞く「フォグはエッジを包含する」

構成◎坪田弘樹(編集部) 2017.10.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

エッジコンピューティングと似たコンセプトである「フォグコンピューティング」。その推進団体がOpenFogコンソーシアムだ。日本地区委員会ディレクターの安田誠氏にOpenFogの目的、エッジとフォグの違いを聞いた。

 
――OpenFogコンソーシアムはどのような目的で設立されたのですか。

安田 オープンな相互互換性のあるエッジを作ることです。

OpenFog設立時のメンバーには、Industrial Internet Consortium(IIC)のキーメンバーでもあるシスコシステムズやインテルが含まれています。IICで検討されているIoTのモデルは言うなれば、センサーからクラウド上のアプリまでワンセットで作るようなものですが、そのような垂直型ではなく、水平分業型モデルに適したエッジが必要だという考えが大元にあったわけです。

安田誠氏
OpenFogコンソーシアム 日本地区委員会ディレクターを務める
日立製作所 ICT事業統括本部 執行役員 Senior Technology Evangeristの安田誠氏



「エッジ」と「フォグ」の違いは?――それは「エッジ」と「フォグ」の違いとも言えますね。

安田 エッジとフォグの違いは、実はOpenFogコンソーシアムの中でも最も大きな議論のポイントです。

我々の考えでは、エッジコンピューティングとは、一定の業種に特化したバーティカルな1つのシステムがある中でフィールドに近い側で分散処理をすることを目的としています。それに対してOpenFogでは、エッジにあるノード「フォグノード」を、もっと様々な目的・用途に使えるオープンなものにしようと考えています。

様々なシステムから使えるように共有化することで、エッジをフレキシブルで再利用性のあるものにするのです。それによって、システム開発の工数や時間、コストが少なくなりますし、バーティカルシステムをワンセットずつ作るよりも高い経済効果が見込めます。

その意味で、フォグはエッジの考えを広げたものと言えます。

――具体的に、フォグノードとはどのようなものになるのですか。

安田 フォグノードは基本的にクラウド等の上位システムと連携して全体として動くものですが、フォグノード自体にもコンピューティング処理のほかストレージやネットワーク接続、コントローラ、アクセラレータ等の機能を内包し、自律的に動くものとして作ろうとしています。

フォグノードに自律性を持たせ、かつオープンなコネクティビティを備えることで、クラウドとフォグ、その下のセンサーやデバイスとの組み合わせ方が広がります。

複数のクラウドが1つのフォグノードを使うこともできますし、異なるタイプのフォグノードが1つのクラウドに収容されることもあるでしょう。また、フォグノード同士がメッシュでつながるようにもできます(図表)。そのように、様々なつなぎ方ができるようにすることで経済性や利便性が高まります。

 

図表 フォグコンピューティングのイメージ
図表 フォグコンピューティングのイメージ

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
intel1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_b
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます