導入・選定ガイド

ビデオ会議の最新動向2017(前編)――「ハドルルーム」に大注目

文◎村上麻里子(編集部) 2017.10.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ビデオコミュニケーション市場は、大規模会議室向けの普及は一段落し、小規模向けが中心となっている。グローバルで数千万室の潜在需要があるだけに、市場の拡大が続きそうだ。

Skype for Businessの使い勝手を補完製品におけるもう1つのトレンドが、「Microsoft Skype for Business(以下、SfB)」や「Cisco Spark」といったクラウド型のコラボレーションツールとの連携だ。

このうちSfBについては、Office 365の導入をきっかけにWeb会議としての利用を検討する企業が多い。ところが「関心が高い割に、実際に活用しているのはIT企業やITを積極的に活用する企業に限られている」と富士キメラ総研 第二研究開発部門 研究員の花棚洋氏は指摘する。

主な原因として、設定の煩雑さが挙げられる。

SfBによる会議を始めるまでに平均すると8~10分程度かかるため、やがて使わなくなってしまう企業が多いのだという。また、相手の声が聞きづらかったり、画像が見づらいといった使い勝手の問題もある。

これらの課題を解決し、SfBを遠隔会議システムとして使いこなすためには、機能を補完する製品が必要になる。

例えばヤマハのマイクスピーカーシステム「YVC-1000」はマイクとスピーカーが分離しており、スピーカーを内蔵した本体をディスプレイのそばに置くことで、話者の映像と音声の自然な一体感を実現する。今年10月に発売予定の「YVC-1000MS」は、YVC-1000の機能を踏襲しつつ、SfBの認証を取得したマイクロソフト認定モデルだ。

本体上部に「コールボタン」が搭載されており、マウスなどを使わずにボタン1つでSfBの着信や通話終了を行える。また、音質チューニングやマイクミュート連動などの仕様変更により、SfBを使った快適な遠隔会議が可能になる。

「SfBをクライアントとして既存の会議システムと連携する製品は、SIerも今後の成長が期待できる商材として注目している」とVTVジャパン代表取締役の栢野正典氏は話す。

一方、シスコのSparkもテレビ会議などとの接続が可能になったことで、既存の会議システムとの連携ニーズが企業の間で高まっている。

ロジクールのビデオコミュニケーション製品はSfBの認定を取得しているだけでなく、シスコ製品についても認定・動作確認済みだ。このため、「MeetUpとSparkをつなぎたい」という要望も増えているという。

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
intel1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_a
iot
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます