企業ネットワーク最前線

【LPWAフェスタ】Sigfox、LoRaWANは離陸フェーズに 関心集めた“日本発”の新LPWA規格

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2017.10.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

SigfoxやLoRaWANのビジネスの本格化や新たな技術規格の登場で、注目を集めるLPWA。その技術、製品・ソリューションが一堂に会す専門イベント「LPWAフェスタ2017」が開催された。LPWAの新たな動きをレポートする。

BluetoothとLoRaWANとの連携も技術・ビジネスセミナーで多くのセッション数が設けられたのが、LoRaWANの具体的なビジネス展開をテーマとする講演である。

推進団体のLoRa Allianceの中心メンバーの1社であるセムテックのセッションでは、まずLoRa Allianceの会員が500社を超え、42以上のオペレータがサービスを展開するなど、LoRaWANの普及がさらに大きな広がり見せていることが報告された。続いて、従来の「クラスA」仕様に加えて、基地局側の要求で「下り」の通信を可能にする「クラスB」、消費電力は増えるが下りの通信機能をさらに強化した「クラスC」などの新たな技術仕様が紹介された。

また、LoRaWANの導入形態には、①サービス事業者、自治体の通信サービスを利用する方法、②ベンダーのLoRa構築サービスを利用して自営網を構築する方法に加えて、③小規模なシステムであればキットやオープンソースのネットワークサーバーを活用して、ユーザーが自ら構築する方法もあるとし、LoRaWAN構築のための知識を得る機会などが紹介された。デバイス開発を手がけるBraveridgeのセッションでは、LPWA規格の概要が解説され「LoRaWANのシステム構築は難しくない」点が強調された。

ネットワークサーバーを手がけるActilityのセッションでは、LoRaWAN活用の最近のトレンドの1つとして位置情報を活用するユースケースが紹介された。GPSが使えないインドア環境で車椅子などの管理を行うためにBluetoothのビーコンとLoRaWANを組み合わせて活用するというもので、誤差2.5mの精度でのトラッキングが可能だという。

通信速度の制約が大きいLoRaWANでは、FOTAは実現しにくいといわれるが、Actilityではファームウェア全体ではなく修正に必要な所だけをデバイスに送り、更新を行うことで、FOTAを可能にするソリューションの提供を計画しているという。

シスコシステムズのセッションではLoRaWAN基地局からの電波を利用してセンサーにGPSを搭載しなくても20mから200mの精度での位置把握を可能にする「Geo-Location」が取り上げられた。

「Geo-Location」に対応するシスコのLoRaWANゲートウェイ装置
「Geo-Location」に対応するシスコのLoRaWANゲートウェイ装置

 
ACCESSのセッションでは、同社が開発したBluetooth搭載のLoRaWANデバイス「Human Tracker」を利用する位置情報ソリューションが紹介された。このデバイスにはGPSも搭載されており、屋内外で高精度の位置情報を把握できる。

ACCESSが展開するBluetooth搭載のLoRaWANデバイス「Human Tracker」
ACCESSが展開するBluetooth搭載のLoRaWANデバイス「Human Tracker」

 

ACCESSではHuman Trackerの活用法として、搭載されたBluetoothの機能を利用して、ヘルスメータや環境センサーなどのデバイスを収容し、LoRaWAN経由でクラウドに接続するデータブリッジとして利用することも計画しているという。エヌエスティ・グローバリストのブースでは、Bluetoothを搭載した多数のセンサーデバイスのデータを集約してLoRaWANネットワークに接続するコンバーターユニット「SpreadRouter-BLE」が展示されていた。今後、近距離無線とLPWAを組み合わせたデバイスの展開が広がりそうだ。

LoRaWANでは多彩なプレイヤーが自社のニーズに合わせたデバイスの開発に乗り出すことになると見られている。こうした動きを見据えてRedwoodCommのブースでは、世界初となるLoRa対応デバイステスター「RWC5020A」が出展されていた。東陽テクニカのブースでは同社が8月にスタートさせたLoRaWANの認証試験サービスがアピールされた。

マクニカネットワークスのブースでは、PoC向けソリューションとともに、海外で利用されているプッシュスイッチやセンサーなどの多様なLoRaWANデバイスが展示され、来場者の関心を集めた。

LoRaWANに対応したセンサーやスイッチデバイス(マクニカネットワークスブース)
LoRaWANに対応したセンサーやスイッチデバイス(マクニカネットワークスブース) 

スペシャルトピックスPR

1810macnica
1810prtg
1810riverbed

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
iot24

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます