企業ネットワーク最前線

ワークスタイル変革Day 2016 講演レポート

「働き方改革で労働効率向上や風土改革を狙う」、日本ユニシス丸尾氏

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2016.10.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日本ユニシスは今春、新ビジョン「Workstyle Foresight 2016」を策定し、在宅勤務の促進やサテライトオフィスの整備、スマートデバイス/クラウドの活用を軸とした働き方改革の取り組みを加速させている。場所や時間に制約されない新しい働き方により、生産性30%向上、イノベーションを喚起する風土の醸成、個人の生活充実と成長促進、の3つを実現させるのが目的だ。

サテライトオフィスやフリーアドレス化でオフィス環境も改革日本ユニシスでは、オフィス環境の改革も進めている。

具体的には、新宿・大手町・丸の内に合計3カ所のサテライトオフィスを設け、出社勤務と在宅勤務の間を補完する勤務場所として活用できるようにした。これにより移動時間の短縮や、直行直帰による個人の生活時間の充実、時間や場所が合わないことによる打ち合わせ日程の先延ばしなどを減らし、「時間」を生み出すことができる。また、結果的に業務効率の向上や残業の削減にもつながる。

 

 

日本ユニシスの都内の執務拠点
日本ユニシスの都内の執務拠点

 

サテライトオフィスの設置は、オフィス利用の効率化という狙いもあった。実は、サテライトオフィス設置のきっかけは、約1,400名の主にSE職が勤務する拠点の移転がきっかけだった。豊洲の本社では社員一人一人に座席が確保されているが、フロアを見渡すと意外と不在中の席も多い。営業職はもちろんのこと、SE職も開発プロジェクトに入ると本社の自席にいる時間は少なく、一人一人に座席を割り当てるのは非効率だ。そこで、2016年3月から、まずは試行的に1フロアだけフリーアドレス化を始めた。

しかし、フリーアドレス化だけでは、さすがに1,400人もの人数を本社に受け入れるだけのスペースを生み出すことは難しい。そこで、本社の自席以外にも仕事ができる環境として、サテライトオフィスを設置したわけだ。

フリーアドレス化によって、「会議室を取らずに、すぐにディスカッションを行えるようになった」「会議のペーパーレス化が進んだ」「Skypeのプレゼンス確認やチャット機能を使うようになった」など、場所に捉われずにコミュニケーションを取りやすいスタイルに変わり始めている。

またフリーアドレス化に伴い、より一層のペーパーレス化を推進するために、対象フロアの従業員には紙資料などを収納するための引き出しワゴンが提供されなくなり、半ば強制的にペーパーレス化が進んでいるという。これにより、場所に捉われずにデスクワークができるように変わりつつある。

フリーアドレス化に伴うこれらの変化によって、実はフリーアドレスのフロアでなくても、サテライトオフィスや在宅でもどこでも変わらずに仕事ができるやり方が自然と身につくようになることが期待される。


BYODでモバイルワークも推進時間や場所にとらわれない働き方を実現するうえでは、モバイルワークも重要だ。日本ユニシスの場合、昨年グループ全体に本格導入したモバイルゲートウェイサービス「mobiGate」が、モバイルワークの要となっている。

mobiGateは、スマートフォンやタブレット端末からクラウド上のゲートウェイを介して、企業の業務システムに安全にリモートアクセスするためのソリューションだ。1つの専用アプリから様々な業務システムを利用できること、端末にデータが残らないため紛失・盗難時にリモートワイプが要らないことなどが大きな特色だ。日本ユニシスはmobiGateを企業向けクラウドサービスとして展開しており、自社グループでも現在5,000人規模で活用している。

mobiGateは、グループウェア(メール/スケジュール/アドレス帳)、ファイルサーバー、社内Webサイト、各種クラウドサービス(Office 365、Salesforce.com、Google Appsなど)へのアクセスを標準でサポートするほか、アダプタの開発によって企業の独自システムにもアクセス可能だ。

 

mobiGate
mobiGateの概要




mobiGateは、専用アプリでしか社内システムにアクセスできないため、同一デバイス内での公私分離を簡単に実現できる。また、端末にデータを残さないので、リモートワイプも不要で、MDMに頼らずにセキュリティ管理ができる。端末に専用アプリをインストールするだけで使えるため、企業の情報システム管理者は端末の設定管理や運用からも解放される。これらの特長から、mobiGateはBYODにも適していると言える。日本ユニシスでもmobiGateについてはBYODでの利用を認めている。

丸尾氏は、同社におけるmobiGateの実際の利用状況についても紹介した。

「通勤時間の8~9時頃、昼休み、終業時間の17時半頃が利用のピークになる。勤務時間外の夜間の利用も多く、休日でも平日の3分の1程度のアクセスがある。また、1日に何回もスキマ時間にポケットからスマホを取り出して確認をするような使われ方がされている。こうした自発的な使い方は、特にBYODで行われていると考えている」

さらに、丸尾氏はmobiGateの特徴として、「クラウドサービスなので、新しい機能や便利な機能が自動的に追加される」点もアピールした。

例えば直近だと、年内を目途にビジネスチャット機能の追加や、Windows 10以降でサポートされる新しいアプリケーション実行環境「UWP(Universal Windows Platform)アプリ」への対応などが計画されているという。

日本ユニシスでは、働き方改革を実現するためのICTソリューションを「人へのアクセス」「情報へのアクセス」「情報の作成」の3つに分けて捉えており、多く製品を実際に自らの業務に活用している。

 

日本ユニシス
日本ユニシスが「働き方改革」に活用しているICTソリューション



丸尾氏は「特定の製品をお勧めするのではなく、我々自身の運用で分かった“向き不向き”も含めて、お客様の業務改革に最適なソリューションを提案していきたい」と述べ、講演を終えた。

スペシャルトピックスPR

nvidia2010
idaas2010
rsw2010

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ローカル5Gのホント
   
~ Sub6・SAの真実と導入企業の本音
[Part1]期待のSub6・SA 方式、その本当の実力 [Part2]中韓独のローカル/プライベート5G動向 [Part3]ケーブルテレビ 先駆者の“生みの苦しみ” [Part4]オフィスにローカル5G [Part5]ローカル5Gやるなら「現場を見てほしい」

<インタビュー>OKI 坪井正志専務「AIエッジ×5Gの社会実装進める」/日本マイクロソフト 手島主税常務「リモートを価値に変える」
●コロナで加速するクラウドPBX導入/●IP化で到来する映像伝送の新時代/●O-RANの“本命”RICとは何か/●北俊一の最強のケータイ業界への道

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

マクニカ“非純正”光トランシーバーを
朝日ネットが選んだ2つの理由

トランシーバーは純正品を使うという“常識”は、もはや過去のもの。

ソフトバンククラウドPBXとFMCをワンストップ
withコロナ時代の電話の課題解決!

ソフトバンクのConnecTalkでリモートワークの会社電話の悩み解消。

レンジャーシステムズローカル5G導入するならレンジャー
国内初のSA構成の免許取得も支援!

ローカル5Gの「本命」SA構成の免許取得はじめワンストップ導入支援。

マクニカIP化で“新しい放送”の世界
NVIDIAの新技術が導く未来とは?

IP化がもたらす放送の未来についてマクニカとエヌビディアが語った。

CASO複数SIMで切れないモバイル通信!
映像伝送から産業用まで幅広く対応

独自技術「Speed Fusion」で、安定して切れない、高速モバイル通信!

ネットギア業務用AVのIP化は「SDVoE」

大規模なデジタルサイネージや
ビデオウォール等への映像配信を、
もっと低コスト・シンプルに!

LANが届かない、電源がない──。
映像伝送の「困った」を解決!

IP監視カメラの設置を諦めていた企業に朗報!

NTTコムウェアスマホの中に会社の電話機が入り
テレワークでも固定電話に対応!

テレワーク時の電話対応をどうすれば? クラウドPBXで解決だ!

マクニカネットワークス株式会社/Actility S.AIoTで勘や記憶に頼らないコロナ対策

IoTによる換気と接触の見える化で、データに基づいた「3密回避」が簡単に実現できる。

原田産業なぜ、5Gの「超低遅延」の実現に
高精度な時刻同期が不可欠なのか?

5Gの真骨頂「超低遅延」に欠かせない高精度グランドマスタクロック!

Juniper Virtual Summit for Japanジュニパーがオンラインイベント
AIOps、5G、クラウドの最新情報!

<12月3日開催>加速するクラウド活用とネットワークの変革

スリーダブリュー多彩なローカル5G関連企業と連携

スリーダブリューは、多様なプレイヤーと連携し、ローカル5Gの課題をワンストップで解決できる。

RADWIN4.9GHz帯無線で建機の遠隔操作!

鉄道での実績に加え、昨今は建機や港湾クレーンの遠隔操作を実現する無線インフラとしても注目。

日本シエナコミュニケーションズ光/IP融合で5G超低遅延

光伝送のリーダーであるシエナは、光/IP融合に磨きをかけ、5G URLLCとNWスライシングの効率運用に貢献

パイオリンク <帝京大学>ADCによる負荷分散で
オンライン授業の品質を担保

コロナ対策でオンライン授業に全面切替。パイオリンクのADC導入!

Cisco Webex Calling取り残されてきた「固定電話」
新しい働き方の鍵はクラウドPBX

テレワーク中の会社宛電話をどうするか? 解決策を探ってみよう!

マクセル太陽電池はもう時代遅れ!
リチウム電池で8年以上の持ち

マクセルの「IoT電源システム」は、リチウム電池を用いた従来ない電源

アイ・オー・データ機器リチウム電池で安定的に水位計測

アイ・オー・データの「水位監視用電池式IoT通信システム」ならコンパクトサイズで設置も簡単!

NECネッツエスアイ自然災害の被害をIoTで最小化

LPWAを活用した災害対策サービスを提供するNECネッツエスアイ。最適な通信規格がマルチに選べる!

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカス5G時代の高速アプリ開発!

モバイルアプリなどの開発をさらに高速化するためには、「Enterprise DevOps」への進化が欠かせない。

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

セキュアなファイル転送を簡単かつ迅速に実行するには?

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます