企業ネットワーク最前線

ワークスタイル変革Day 2015 講演レポート

HP/アルバ下野氏「無線LANを4つの方向で強化、モビリティファーストを実現する」

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2015.11.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

HP/アルバネットワークスの下野慶太氏は、ワークスタイル変革Day 2015の講演で、様々なICTツールを場所に制約されずに利用できるネットワーク環境「モビリティファースト」がワークスタイル変革の基盤になると訴えた。

11ac Wave2の目玉はマルチユーザーMIMOまず、1番目の高い安定性とパフォーマンスの実現に大きく寄与する技術として取り上げられたのが、今年から製品が投入されている最新の無線LAN規格IEEE802.11ac Wave2だ。11acは第5世代の無線LAN技術で、規格上の最大通信速度は前世代の802.11nの10倍超、6.93Gbpsに及ぶ。無線LANもいよいよギガビットの時代を迎えるのだ。

下野氏が最大通信速度の向上以上に、11acで注目すべきポイントとしてあげたのが、Wave2でサポートされたMU-MIMO(マルチユーザーMIMO)だ。

現在のMIMOは送信、受信側の双方にn個のアンテナを実装することでn倍の通信速度を実現する。これに対してマルチユーザーMIMOは、送信側のn本のアンテナを利用して、1本しかアンテナを持たない最大n個の受信側の端末に同時にデータを送る。最大通信速度は向上しないが、混雑時でも通信速度が下がりにくく、安定した通信品質が実現できるのだ。アルバでは2015年秋発売のアクセスポイント「AP320シリーズ」で11ac Wave2に対応する。

 

802.11acの登場で無線LANの通信速度はGbpsの大台に乗る
802.11acの登場で無線LANの通信速度はGbpsの大台に乗る



もう1つ、モビリティファーストで高い安定性・パフォーマンスを実現する上で重要になるのが、ビデオやVDI、ユニファイドコミュニケーション(UC)などの多様なアプリケーションをそれぞれ快適に利用できるようにすることだ。

アルバではこれを可能にするツールとして、モビリティコントローラでアプリケーションを識別・可視化するソフトウェア製品「AppRF」を提供している。AppRFを導入することで、業務上不要なアプリケーションを利用している通信を止めたり帯域を絞ったりすることができる。

位置情報の活用し無線LANを高付加価値化2番目のセキュリティ対策の実現手段として取り上げられたのが、統合認証基盤の「Clear Pass」だ。BYODやIoTが進展し、様々なデバイスがネットワークに接続されるようになるとセキュリティリスクは格段に高くなる。

Clear Passはこうした状況に対処できるようにするもので、ネットワークに接続しようとする全てのIPデバイスに対し、多様なコンテキスト情報(例えば、誰が、どういう端末で、OSは何を使ってなど)を用いて認証を行い、アクセス制御などを集中管理する。

 

統合認証基盤「Clear Pass」はIPデバイスの多彩なコンテキスト情報を用いて認証を行う
統合認証基盤「Clear Pass」はIPデバイスの多彩なコンテキスト情報を用いて認証を行う


Clear Passでは、他のベンダーのファイヤーウォール製品やMDM製品などに認証情報を受け渡し、これらの製品の機能と組み合わせた「多層防御」が実現できることも大きな特徴となっている。

下野氏は、セキュリティ対策の有効な手法としてもう1つ、アルバのモビリティコントローラによるアクセス制御機能を説明。SSIDとVLANと組み合わせてアクセス制限を実現する手法に比べて、シンプルで効率的なセキュリティ対策が実現できるとした。

3番目のネットワーク監視では、アルバの統合管理製品「AirWave」が紹介された。複数の拠点で構成された有線および無線のマルチベンダーネットワークを一元管理できる製品で、モバイルデバイスとアプリケーションの状態を可視化する機能を持っている。

最後のネットワークの高付加価値化の手段として取り上げられたのが、位置情報ソリューションの「Mobile Engagement」だ。これは無線LANやBluetooth Beaconで取得した利用者のスマホの位置情報と個人プロファイルを活用して、ニーズに応じた広告や通知、施設内ナビゲーションなどを提供できるようにするものだ。これにより、無線LAN設備の収益化が実現できる可能性があるという。

下野氏は「Meridian」という開発プラットフォームも紹介。「使えばネットワーク技術者も位置情報を使ったアプリを簡単に作れる。社内情報の配信などワークスタイル変革のツールとしても活用できるのではないか」とアピールした。

スペシャルトピックスPR

necaspire
moconavi1807
sun1807

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
watchguard0921

スペシャルトピックス

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます