キーパーソンが語る

楽天・平井副社長が語るMVNO戦略「楽天経済圏の拡大へ、新タイプのキャリア目指す」

聞き手◎土谷宜弘(月刊テレコミュニケーション編集長) 2015.10.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

楽天 代表取締役副社長 執行役員
平井康文氏

楽天グループは、昨年10月に開始したMVNOサービス「楽天モバイル」を4番目の事業の柱と位置付けている。MVNOをめぐる競争が激しくなるなか、ポイントや端末、実店舗展開で差別化を図る。今年2月、楽天副社長に就任しモバイル事業を統括する平井氏は「MVNOでもMNOでもない新たな通信キャリアを目指したい」と意気込む。

 

――シスコシステムズ日本法人社長から楽天副社長への突然の転身は、世間を驚かせました。どのようないきさつがあったのですか。

平井 シスコに約7年間在籍して退任することになったとき、私が理事を務めていた新経済連盟の代表理事が三木谷(浩史・楽天代表取締役会長兼社長)だった縁で、「楽天に来てMVNO事業を担当してほしい」と頼まれました。

三木谷は昨年10月29日に立ち上げたMVNOサービス「楽天モバイル」を、既存のeコマース、金融事業、デジタルコンテンツ事業に加えて4本目の事業の柱にしたいとの思いを持っています。

楽天モバイルのスタート時に掲げた「数年間で1000万契約」という目標は、正直なところチャレンジングな数字です。だからこそ私はやりがいを感じ、お引き受けしました。もし目標が1桁少ない100万であれば、私ではなく、もっと携帯電話に詳しい人に任せればいいのではないかと思ったはずです。

――着任から半年足らずですが、手応えはいかがですか。


平井 入社以来、やりがいと同時に大きな手応えを感じています。三木谷の構想通り、楽天モバイルは新たな事業の柱になるとの確信を日々強めているところです。

楽天グループには、設立から15年の歴史を持つ電気通信事業者フュージョン・コミュニケーションズがあり、私はこちらの代表取締役会長も兼任しています。社内に電気通信事業者がいることでMVNOにスピーディに参入できましたし、これからもお互いに協力することでグループ全体の成長エンジンになると期待しています。

楽天 代表取締役副社長 執行役員 平井康文氏 


モバイルで楽天経済圏を後押し――「楽天経済圏」と呼ばれる独自のビジネスモデルの中で、モバイル事業はどのような役割を果たすのでしょうか。

平井 楽天は従来、楽天市場をはじめ楽天トラベル、楽天ブックス、楽天カードなどグループ企業が提供するサービスで形成される経済圏の中で共通して利用できるポイントプログラム「楽天スーパーポイント」を通じ、会員を拡大するとともに経済圏内でのサービス利用や回遊性を促進してきました。

サービスを展開するプラットフォームに、エンドポイントとしてスマートフォンやタブレットが加わったことで親和性が高まり、ユーザーにも最高のポータルを提供することができます。それによって他社との差別化を図るだけでなく、グループ全体のARPUを上げていきたいと考えています。

――楽天にとってモバイル事業は、楽天市場へのアクセス手段の1つとか、利益を増やすためといったことが目的ではなく、グループ全体を戦略的に後押しする事業と位置付けているわけですね。

平井 その通りです。今年3月に開催された株主総会でもご報告しましたが、昨年度の好決算の要因の1つに、楽天市場においてスマートフォン向けページを作り込んでいったことが挙げられます。楽天グループの他のサービスのサイトに誘導する仕組みを設けることで、グループ全体の売上増につながっています。

楽天市場の流通総額に占めるモバイル率は現在47%です。楽天モバイルの端末には楽天グループの主要アプリをプリインストールしており、この数字は今後さらに高まると予想しています。

通信キャリア各社は現在、通信インフラからサービスに軸足を移しつつありますが、我々はその動きを事業開始当初から取り入れているというわけです。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

平井康文(ひらい・やすふみ)氏

1983年3月九州大学理学部卒業。同年4月日本アイ・ビー・エム入社。2001年1月同社ソフトウエア事業部長。03年3月マイクロソフト(現・日本マイクロソフト)入社。06年7月同社執行役専務。10年8月シスコシステムズ代表執行役員社長。15年2月楽天副社長執行役員(現任)。同年3月同社代表取締役(現任)、楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズ代表取締役会長(現任)

スペシャルトピックスPR

necaspire
moconavi1807
sun1807

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
yamaha_swx3100

スペシャルトピックス

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます