ICT×未来

ウェアラブルは、東京オリンピックをどう面白くするのか?――日本のIT産業に「50年に一度のチャンス」

文◎太田智晴(編集部) 2015.09.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「“ウェアラブル×IoT”で日本は何を発信するのか」――。2020年の東京オリンピックに向けて、こんなテーマのディスカッションが「Wearable Tech Expo in Tokyo 2015」で繰り広げられた。参加したのは、夏野剛氏などIT業界の論客に加えて、東京オリンピックの組織委員会の“中の人”たち。ウェアラブルは一体、オリンピックにどんなイノベーションを起こすのか。

 

「人間に付けるIoTはウェアラブル、人間に付けないものはIoTと呼ばれているわけだが、1年半前、日本にはすごいチャンスがあった。しかし、この1年半で日本はチャンスを逃した」

2014年3月の初開催から1年半、今年9月7日~8日に2回目が開かれたカンファレンスイベント「Wearable Tech Expo in Tokyo」。その「“ウェアラブル×IoT”で日本は何を発信するのか」と題されたディスカッションにおいて、慶應義塾大学大学院 特別招聘教授の夏野剛氏はこう述べた。

 

Wearable Tech Expo in Tokyo
(左から)モデレータの上路健介氏、慶應義塾大学大学院 特別招聘教授の夏野剛氏、ネットイヤーグループ CEOの石黒不二代氏、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 理事・スポーツディレクターの室伏広治氏、同 テクノロジーサービス局 局長の舘剛司氏、モデレーターの湯川鶴章氏


期待感ばかりが先行していた1年半前と比較すると、Apple Watchも発売された現在、ウェアラブルやIoTは様々なトライを重ねながら、ビジネスの本格立ち上げを目指すフェーズにあるといえるだろう。

ただそうしたなか、日本は欧米に大きく出遅れてしまった、というのが夏野氏の見方だ。ネットイヤーグループ CEOの石黒不二代氏も、「私も今、IoTでは非常にビハインドだと思っている」と話した。

では、ウェアラブルやIoTにおいて、日本が勝てるチャンスはもうないのだろうか。

夏野氏は、欧米とは違う分野を攻めるべきという意見だ。「例えば、スポーツ界のIT化は、アメリカでもヨーロッパでもそんなには進んでいない」。5年後には、世界最大のスポーツイベントであるオリンピックも東京で開催される。

また、石黒氏は次のように語った。「インターネットで負けて、次にモノにインターネットが入ってくるとき、モノづくりの国、日本はどこまで行けるのか。オリンピックに向けて、日本が持っている資産はそんなに悪いものではない。私は挽回可能だと思っている」

スポーツ×ウェアラブルの融合――。2020年に向けて、その可能性を追究することこそが、日本がウェアラブルやIoTで勝つための大きなカギを握るというのだ。

「80年代に日本はウォークマンを作った。スポーツでも、そんな今までにないテクノロジーを実現することが、日本ならできるのではないか」

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 理事・スポーツディレクターの室伏広治氏によれば、実際、こうした期待が海外の関係者からは寄せられているという。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

synology1907
cloudian1907
nec1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの課題解決! 10の最強メソッド
[課題1]IoTで何をすればいいのか分かりません [課題2]IoTを推進できる人材が社内にいません [課題3]中小企業でもIoTで成果は出せますか? [課題4]いつまで経ってもPoCを“卒業”できません… このほか10の課題を解決する最強メソッドを紹介!

●[インタビュー] オプテージ 荒木誠社長「情報・通信の事業統合は必然 ローカル5Gには多くの可能性」 ●DDoS対策にさらなる価値を ●イタリア発ローカル5G、日本へ ●ローカル5Gとキャリア網を連携 ●住商らが国内初ローカル5G実験 ●資生堂やドコモも参入!ビューティーテック ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます