キーパーソンが語る

SDN/NFV時代に「キャリアイーサネット」はどう進化していくのか?

構成◎坪田弘樹(編集部) 2015.08.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

キャリアイーサネットの業界団体「Metro Ethernet Forum(MEF)」が新ビジョン「第3のネットワーク」を打ち出した。キャリアイーサネットは今後、どのような方向に進化していくのか。MEF COOのケビン・バション氏と、MEFの主要メンバー企業の1社であるKVHでVice President 執行役員を務めるギント・アトキンソン氏に聞いた。

クラウドとネットワークをバンドル――具体的に、どのようなサービスが可能になるのですか。

アトキンソン 我々KVHは、まさにこのLSOを使ったサービスを提供しようとしています。

LSOは、さまざまなネットワーク、データセンター、クラウドサービスを結びつけるところで威力を発揮します。現在、企業のお客様は複数のデータセンター/クラウドサービスを使うようになっており、それにアクセスするためのネットワークもまた同様です。こうした多種多様なサービスを組み合わせて、利用するためのプロビジョニングには従来、何週間もの期間がかかっていました。それを数時間で可能にし、またサービス全体を一元管理するのにLSOは役立ちます。

具体的な我々のサービスの例で説明しましょう。KVHは2013年に、日本で初めて100Gbpsのイーサネットサービスの提供を開始しました。そして、東京・大阪、シンガポール、香港の主要データセンター拠点をつなぐ広帯域なネットワークを構築し、これを基盤としてお客様と、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureといったクラウドサービスを高信頼なプライベートネットワークでつなぐ「KVH Cloud Connectivity Services」を提供しています。

通常、企業のお客様がこうしたクラウドサービスとのダイレクトアクセスを行おうとすれば、AWSの場合はAWSの、AzureならAzureのAPIを使ってそれぞれセットアップが必要です。そのサービスオーケストレーションを我々が代わって行い、全体を制御します。クラウド事業者とアクセスネットワーク事業者のインフラをLSOに基いて制御するのです(図表)。

多様なクラウドサービスとネットワークとの接続をどのように効率的に制御するのかという課題を解決するのにLSOが効力を発揮します。

 

 

図表 LSO for Cloud Service Delivery のユースケース例
LSO for Cloud Service Delivery のユースケース例


――複数の通信事業者/サービスプロバイダー、クラウド事業者間でのオーケストレーションを可能にすることがLSOの目的なのですね。

アトキンソン マルチサービスのオーケストレーションが可能になるという点が重要です。

MEFの仕様に準拠していれば、どの事業者・ベンダーから提供されるサービスもネットワーク接続も組み合わせることが可能になります。つまり、我々のような事業者は、いかによいサービスを提供するのか、エンドツーエンドのエクスペリエンスをいかに磨いていくのかに集中することができるようになるのです。

我々のサービスでは、お客様はWebポータルから使いたいサービスや帯域幅を選んでもらうだけで、目的に応じたコネクティビティを利用していただくことができます。とにかく多くの帯域幅が欲しいという場合なら、遅延が大きくても安い帯域幅を注文すればよいでしょう。反対に、プライオリティの高いトラフィックについては遅延の少ない高品質なアクセスを利用できます。このような2種類の帯域を従量課金で利用していただけるため、弾力性に富んだ使い方が可能です。

こうした仕組みによって我々は、複数のサービスを包括してお客様に届けることができるようになります。この“ニューサービスバンドル”という考え方は、お客様に新しい価値を提供することにつながり、また、新たな需要を生み、我々の成長も後押ししてくれるでしょう。

スペシャルトピックスPR

softbank2003
aryaka2003
waf2003

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gへ Beyond 5Gへの挑戦
<Part1>6Gは究極の無線通信 <Part2>総務省の6G推進戦略 <Part3>韓国の6G商用化は2028年 <Part4>100ギガ無線へのトビラを開くテラヘルツを人類の手に <Part5>6Gの重要コンセプト「超カバレッジ拡張」 <Part6>6Gへつながる進化の道筋「5G evolution」の全貌 

[インタビュー]東京大学 教授 中尾彰宏氏「ローカル5Gに価格破壊 王道と違う6Gへの道を探求」 [ソリューション特集]スモールビジネスWi-Fi [事例研究]ミクシィがホワイトボックス導入 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconaviBYODもセキュリティもこれひとつ
本当に明日からできるテレワーク

業務システムのリモート利用や公私分計をセキュアに実現するmoconavi

アライドテレシススモールビジネスのWi-Fi整備は
プロにおまかせ!

アライドテレシスなら安く・早く・楽に・安全に導入・運用してくれる

ソネットSMBに“ちょうどいい”Wi-Fi

高コストはかけたくないが、家庭用では性能が足りない。そんなジレンマを解決できるWi-Fiがあった!

ジュニパーネットワークス“ただのSD-WAN”はもう要らない!
LANもWi-Fiもすべてクラウド管理へ

今必要とされているのは、
“SD-WAN+α”のソリューションだ。

Citrix SD-WANシトリックスといえば「UX重視」
その哲学はSD-WANにも!

情シスも現場も幸せになれる
「SD-WAN」がここにある。

ソフトバンク目的・用途別にSD-WAN使い分け!
ソフトバンクが“3つめ”を出す理由

IaaS利用に最適な新SD-WANで
企業のクラウドシフトをサポート!

ブロードメディア・テクノロジーズAryakaの“SD-WAN as a Service”
なら全部お任せできる!

AryakaのSD-WANはコアからラストマイルまで一括で運用を任せられる

東京エレクトロンデバイスクラウド基盤にお勧めのWAF
高い検知性能でコスト削減

WAF市場のリーダー、F5製品は多角的分析による検知精度の高さが特徴だ

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます