ICT×未来

NTTコム、KDDI、ソフトバンク、シスコがパネルディスカッション(後編)

キャリア3社が“本音”で語るNFVへの期待とは?

文◎太田智晴(編集部) 2015.04.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

前編ではNFVの現状に対して厳しい意見が続出したNTTコム、KDDI、ソフトバンクの3氏をパネリストに招いたシスコ主催のパネルディスカッション。後編では、NFVに対する期待を今度も“本音”で語った。


前編<“NFVの現実”をキャリア3社がチェック!>はこちら

NTTコムのNFVへの期待「一番はスピード感」

NTTコミュニケーションズの棚橋弘幸氏がNFVに一番期待していることとして挙げたのは「スピード感」だ。「お客さんからすれば、専用ハードでも仮想アプライアンスでも使えればいい。そのなかで、どこに期待するかというと、やはりスピード感。納期にしても、ハードだと時間がかかるが、ソフトであればすぐに提供できる」


NTTコミュニケーションズ 技術開発部 担当課長の棚橋弘幸氏
NTTコミュニケーションズ 技術開発部 担当課長の棚橋弘幸氏。技術開発部は、新サービスの開発を担っている


例えば棚橋氏はInteropのShownetのNOCメンバーを務めているが、昨年は出展社向けネットワークの構築にNFVを活用した。「Interopの出展社数はものすごく多いが、“物理”を増やすのと違い、NFVなら全部コピー、コピーで増やしていける。30出展社分のネットワークが40~50分でできた」という。


納期や故障対応の迅速化への貢献を期待
納期や故障対応の迅速化への貢献を期待


さらに棚橋氏は、故障対応、DevOps、サービスチェイニングの観点からも、NFVのスピード感への期待を語った。

まず故障対応については、従来の専用ハードウェアの場合、「オンサイト(保守)にしてもセンドバック(保守)にしても時間がかかる」。しかし、汎用サーバー上で稼働する仮想アプライアンスなら、「バックアップを取っておき、それを(別の汎用サーバー)にポイッと戻すだけ」で済むようになる。

「これまでからサーバーの世界ではよくやられていたことだが、それがネットワークの世界でも使えるようになり、時間短縮になる」


DevOpsとサービスチェイニング
DevOpsとサービスチェイニング


また、DevOpsについては、「ハードを並べて検証し、また本番環境をもう1回作り直すということをしなくても、同じサーバーだけ用意しておけば、検証環境で作ったそのままをコピーして持っていくことで本番環境を作れる」とNFVが果たす役割を説明した。

ちなみにDevOpsとは、「Development(開発)」と「Operations(運用)」の2つを組み合わせた言葉。開発担当者と運用担当者が連携して開発を進めるソフトウェア開発手法のことで、迅速な開発を可能にするとして、昨今脚光を浴びている。

最後のサービスチェイニングについては、こう話した。

「例えば、最初はルーターとファイアウォールくらいでサービスを始めたが、やはりお客さんの要望で『DPIが欲しいよね』となってきたとき、ソフトウェアを追加してつなげば、DPIオプションみたいなものがすぐに作れると思っている」

サービスチェイニングとは、個々のユーザーや用途などに応じて、必要なネットワーク機能をつないで提供することで、NFVの主要なユースケースの1つとされている。

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

comarch1806
bmtech1806
iijglobal1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_b
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます