企業ネットワーク最前線

標的型攻撃対策のLastlineが日本に本格参入「最終防衛ラインは次世代サンドボックスが守る」

文◎太田智晴(編集部) 2014.12.11

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「Lastlineという社名が表しているように、我々は皆様の情報資産を守る最終防衛ライン」(共同創業者のクルーゲル氏)――。北米を中心に300社以上の導入実績がある標的型攻撃対策ベンダー、Lastlineが日本法人を設立した。


標的型攻撃対策ベンダーの米Lastlineは2014年12月10日、日本市場への本格参入のため、日本法人を10月15日に設立したと発表した。

標的型攻撃対策というと、国内ではファイア・アイの製品が有名だが、カントリーマネージャに就任した伊藤一彦氏は、「今まで標的型攻撃対策においては1社が独走していた。そこに本格的な競合ベンダーが参入し、日本でもようやく標的型攻撃対策の選択肢ができたと認知してほしい」とLastlineをアピールした。


米Lastline CEO イエンズ・アンドレッセン氏 米Lastline 共同創業者 兼 チーフサイエンティスト クリストファー・クルーゲル氏 Lastline カントリーマネージャ 伊藤一彦氏
米Lastline CEO イエンズ・アンドレッセン氏 米Lastline 共同創業者 兼 チーフサイエンティスト クリストファー・クルーゲル氏 Lastline カントリーマネージャ 伊藤一彦氏

 

次世代サンドボックスで検知回避型マルウェアも防御

Lastlineの共同創業者で、チーフサイエンティストを務めるクリストファー・クルーゲル氏によれば、Lastlineの標的型攻撃対策ソリューションには大きく3つの特徴があるという。まずは、次世代サンドボックスによる非常に優れた検知技術だ。

標的型攻撃の防御が難しい理由の1つは、未知のマルウェアによって攻撃が行われるからである。つまり、シグネチャベースの対策では検知できない。

そこで、登場したのがサンドボックスである。サンドボックスでは、隔離された環境で実際にプログラムを実行し、その振る舞いからマルウェアかどうかを判定する。このため、シグネチャのない未知のマルウェアも検知できる。

ただ、サイバー犯罪者とのイタチごっごは終わらない。最近、このサンドボックスを回避する高度なマルウェアが増加しているからだ。サンドボックス上で実行された場合、マルウェアとしての振る舞いを停止する検知回避型マルウェアである。


Lastlineの次世代サンドボックス
左が従来型サンドボックスで、右がLastlineの次世代サンドボックス。従来型サンドボックスがOSへの命令しか可視化できないのに対し、Lastlineはマルウェアからのあらゆる命令を可視化できるという


クルーゲル氏によると、こうした検知回避型マルウェアには、サンドボックス環境で実行されているかどうかを、サンドボックスに気付かれずにチェックする機能が実装されているという。

従来型サンドボックスは、仮想マシンベースでOSだけをエミュレーションしており、「OSへの命令以外は、まったく見えていない」。このため、検知回避型マルウェアのこうした振る舞いを見つけることができないという。

一方、Lastlineのサンドボックスは、マルチウェアが実行するあらゆるCPUへの命令を監視できるフルシステムエミュレーションとなっており、「検知を回避しようという試みも発見できる」そうだ。

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
intel1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_a
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます