企業ネットワーク最前線

【国際紙パルプ商事】Androidスマホと「0AB~J番号」でなぜ顧客満足度が向上したのか?

文◎百瀬崇(ライター) 2014.12.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

国際紙パルプ商事はシャープのAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE」とKDDIの「auオフィスナンバー」を導入し、業務効率向上とコスト削減を実現した。さらにスマートフォンから0AB~J番号を利用可能にすることで、顧客からの信頼も向上したという。

「0AB~J番号」で顧客に安心感を与える

国際紙パルプ商事では、外出先のスマートフォンから取引先などへ電話をかける際、会社の電話回線を用いて発信できる「コールバック」(V字発信)という方式を以前は用いていた。

コールバック(V字発信)方式は、当時としては画期的だった音声と通信を駆使した通話方式で、これにより同社は固定電話並みの通話料金を実現した。また、スマートフォンの内線化による社内連携力の強化、個々のスマートフォンへのダイヤルイン番号の付与による会社宛の部署ダイヤルの呼量分散、電話機の再配置による固定電話機およびスマートフォンの適正台数への削減も図った。さらに、このコールバック(V字発信)方式には、相手に自分の携帯番号は通知せず、会社の「0AB~J番号」を通知できるというメリットもあった。

ただ、コールバック(V字発信)方式の問題は、通話環境により音質の劣化が顕著になる点であった。「顧客の声が聞き取れない」ということも少なくなかったという。また、通話相手とつながるまでに、何度もスマートフォンの画面をタップする必要もあった。

「採用当初は画期的なシステムだったのですが、従前の通話方式では、経路が煩雑で通話品質のさらなる向上を図るうえで技術的ハードルが高かったのです。そのため、これまでの費用対効果や運用を変えずして切り替えられる新たな通話サービスを模索していました」(満足氏)。そこでKDDIの営業担当者に相談したところ、勧められたのが「auオフィスナンバー」だった。

auオフィスナンバーとは、次のようなサービスだ。スマートフォンから電話をかける際、「0077-26」のプレフィックス番号を相手の電話番号の前に付けることで、相手先には名刺に書かれたダイヤルインの0AB~J番号を通知することができる。また、取引先などからの0AB~J番号宛ての着信を、登録したスマートフォンに着信させることも可能だ。0072-26のプレフィックス番号は、専用アプリがONになっていれば自動で付加されるため、自分で入力する手間も不要である。

「当社の電話の運用方法に則しており、運用を大きく変えずに移行できることもあって、auオフィスナンバーを採用することにしました」(高橋氏)

 

auオフィスナンバー
「0077-26」のプレフィックス番号を付けることで、相手には名刺に書かれているダイヤルインの0AB~J番号を通知できるauオフィスナンバー。プレフィックス番号は、専用アプリをONにしておけば、自動で追加される



2014年7月にauオフィスナンバーを導入したことで、音質は格段に向上した。また、専用のアプリを利用することで、何度もタップする必要がなく、手軽に使えるようにもなった。

 

auオフィスナンバー
auオフィスナンバーは、アプリを「ON」にするだけですぐに利用できる



さらに、BCP対策の強化につながることも、採用の大きなポイントだったという。従来のコールバック(V字発信)方式では、オフィスのゲートウェイ(回線収容装置)に着信するため、災害などでオフィスビルへの電力供給がストップすると利用できなくなるという課題があった。しかし、auオフィスナンバーなら、オフィスビルが停電しても、問題なく利用できる。

国際紙パルプ商事の各営業担当者の名刺にはダイヤルイン番号が印刷されているが、そもそも、なぜ同社は0AB~J番号にこだわるのだろうか――。「顧客に安心感を与えるためだ」と松永氏は言う。

「携帯番号の場合、圏外にいて着信できないことも考えられます。0AB~J番号なら、お客様はそういった心配もなく、安心して電話をかけられるはずです。また、携帯番号にかけるよりも、0AB~J番号にかけた方が通話料金は安く済むという点も考慮しています」

AQUOS PHONEとauオフィスナンバーで課題を解決した国際紙パルプ商事。導入担当者たちは、「“ハード”と“ソフト”の両面から改善できた」と話しているという。

 

Google Appsで異なる部署間のスケジュールを共有

国際紙パルプ商事では、「Google Apps」も利用している。現在は主に電子承認などで活用しているという。「電子承認をクラウド上で行うことで業務のスピードアップを図っています」

また、カレンダー機能も活用している。「Google Apps導入以前は統一されたグループウェアがなかったため、異なる部署間でスケジュールを共有できませんでした。しかし、Google Appsの導入で、異なる部署間でもスケジュールを共有できるようになり、予定の調整などがスムーズに行えるようになりました」と高橋氏。

国際紙パルプ商事では、基本的なポリシーとして、スマートフォンには業務用の情報を一切残さないようにしている。顧客の電話帳データもスマートフォン本体に保存するのではなく、アプリを使ってクラウド上の電話帳を利用する方式を取っている。iPhoneではなく、Androidを搭載するAQUOS PHONEを選んだ理由の1つには、この電話帳アプリとの互換性もあったという。

「今後は、通話機能のみならず、現場が所望する様々な営業ツールをスマートフォン上で展開していきたいです。その場合もスマートフォンにはデータを残さず、社内運用の強化やMDM等の管理ツールを最大限活用し、セキュリティ対策を万全にしたうえで、さらなる利便性を追求していきます」と語る満足氏。

AQUOS PHONEとauオフィスナンバーの導入で業務効率と顧客満足度の向上に加えて、コスト削減にも成功した国際紙パルプ商事――。Google Appsなどのクラウドサービスのさらなる活用により、次の一歩を踏む出す準備も万端である。

スマートデバイス/クラウド活用事例

スペシャルトピックスPR

nec1907
intel1906
extreme1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます