新製品&新サービス

SAPがウェアラブル向け業務アプリの第一弾――倉庫&保守業務をスマートグラスで効率化

文◎太田智晴(編集部) 2014.11.06

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

SAPジャパンがウェアラブルデバイスを活用した業務アプリケーションの提供を開始した。AR(拡張現実)により、スマートグラス内に作業指示などを表示。倉庫でのピッキング作業やフィールドでの保守保全作業を支援する。


「今や誰もがスマートデバイスを使っている。ウェアラブルに関しても、先行投資することで、ハードウェアの制約が取り払われたとき、SAPが先頭に立っていたい」

SAPジャパンは2014年11月6日、2つのウェアラブルデバイス向けモバイルアプリケーションを発表。その記者会見の席上、同社 IVE&ソリューション本部 テクノロジー&プラットフォームソリューション モビリティソリューションズ ディレクターの井口和弘氏はこのように述べ、SAPとしてウェアラブルに積極的に取り組んでいく姿勢を表明した。


SAPジャパン ソリューション&イノベーション統括本部 モビリティソリューション本部 シニアモビリティスペシャリスト 平垣達也氏 SAPジャパン IVE&ソリューション本部 テクノロジー&プラットフォームソリューション モビリティソリューションズ ディレクター 井口和弘氏
SAPジャパン ソリューション&イノベーション統括本部 モビリティソリューション本部 シニアモビリティスペシャリスト 平垣達也氏 SAPジャパン IVE&ソリューション本部 テクノロジー&プラットフォームソリューション モビリティソリューションズ ディレクター 井口和弘氏

 

倉庫での作業や保守保全作業をウェアラブルでハンズフリー化

現在のところ期待ばかりが先行している感もあるウェアラブル。SAPが狙うウェアラブルの業務活用についても、まだまだ未知数なわけだが、井口氏は「我々の独りよがりではない」と強調する。

「数多くのお客様が、Google Glassなどのスマートグラスに大変な興味を持たれている。今回発表した2つのアプリケーションも、ドイツ本社とユーザー企業10社とのコ・イノベーションにより生まれたものだ」

2つのウェアラブル向けアプリケーションとは、倉庫などでのピッキング作業を効率化する「SAP AR Warehouse Picker」と、保守保全作業を支援する「SAP AR Service Technician」である。SAPがウェアラブルにより、倉庫業務や保守保全業務にどのようなイノベーションをもたらそうと考えているかは、次のコンセプトビデオにまとめられている。


倉庫でのピッキング作業効率化に関するコンセプトビデオ


近未来のフィールドサービス業務に関するコンセプトビデオ


“コンセプトビデオ”と断っているように、このビデオで表現されている世界すべてが、今回の製品で現実化しているわけではない。「今できることを盛り込んだ。これはあくまで第一弾」と井口氏。

現時点で実装されている機能を紹介すると、SAP AR Warehouse Pickerではピッキング指示の受信や、スマートグラスのカメラを活用したバーコードの読み取り、音声認識によるコマンド入力などが可能になっている。


SAP AR Warehouse Pickerの概要
SAP AR Warehouse Pickerの概要


また、SAP AR Service Technicianは、3Dモデルによる作業手順の参照、音声メモによる作業報告の記録、遠隔地にいる専門家とのビデオ通話といった機能を搭載している。製品名にある通り、ともにAR(拡張現実)機能を活用し、現場業務の支援を実現している。従来こうした業務は、バーコードスキャナーやスマートデバイスなどを活用して行っていたが、スマートグラスを利用することでハンズフリー化できる。


SAP AR Service Technicianの概要
SAP AR Service Technicianの概要


なお、SAPのウェアラブル向けアプリケーションは、同社が最近注力している「業務のモバイル化」の延長線上にあるものだ。「我々はすでに500以上のモバイルアプリケーションをリリースしているが、今までモバイルで培ったものが、今回初めてスマートグラス対応として出たと認識してほしい」と同社 ソリューション&イノベーション統括本部 モビリティソリューション本部 シニアモビリティスペシャリストの平垣達也氏は説明した。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

necaspire
1810yamaha
1810watchguard

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】LPWA、再加速
●Sigfox&LoRaの現在地/●注目の新興LPWA「Zeta」「ELTRES」の勝機/●アナリストが見通すLPWAの今とこれから/●セルラーLPWAが本格開始!ドコモ、KDDI、ソフトバンクのIoT無線戦略

●東大 江﨑浩教授インタビュー「デジタルとリアルの逆転経済へ」/●対応急がれるISDN&PHSマイグレーション/●ワイヤレスファースト!クラウド型から始まるネットワーク変革/●A10のCEOが語る「5G網の防衛術」/●産業制御システムの守り方とは?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます