企業ネットワーク最前線

【ジュエリー☆GSTV】18時間の生放送と戦う現場でiPhoneとクラウドPBXはどう活躍しているのか?

文◎太田智晴(編集部) 2014.01.31

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

ジュエリー業界に急成長している企業がある。宝石専門のテレビ通販チャンネル「ジュエリー☆GSTV」を提供するイマックビーシーだ。GSTVでは毎日18時間の生放送を放映しているが、臨機応変な対応力が不可欠な同社の業務に欠かせなくなっているのがiPhoneとクラウドPBXサービスである。

クラウドPBXを全面採用し、PBX/ビジネスホンは撤廃

早くもiPhoneを先進的に使いこなしているイマックビーシーだが、「ひっきりなしにかかってくる」という電話自体も実は今回、大きな進化を遂げている。その立役者は、クラウドPBXサービス「U3 Voice(ユーキューブボイス)」とケータイ内線ソリューション「KDDI ビジネスコールダイレクト」だ。

クラウドPBXは、PBX機能をクラウド型サービスとして提供するもの。ITシステムのクラウド化は進展しているが、PBXについては、まだまだオンプレミスが多いのが現状である。しかし、松田氏には、最初から“クラウド”という選択肢しかなかったようだ。「iPhoneはもはや“電話”ではなく“PC”です。PCとしての機能を充実させていくことが大事ですが、それにはクラウドしかありません」

イマックビーシーは、新宿本社と有明スタジオに加えて、大阪・神戸・横浜・名古屋・福岡にショールームを構えるが、国内の全拠点がクラウドPBXに移行しており、コールセンターを除いてPBXやビジネスホンは残っていない。

また、あわせて導入したKDDI ビジネスコールダイレクトは、auの携帯電話/スマートフォンを内線化できるサービスだ。外出先でも携帯電話/スマートフォンで内線通話が定額で行える。

 

クラウドPBX+FMC+iPhoneによる3つの効果

イマックビーシーは、iPhoneにこの両サービスを組み合わせることで、次の効果を実現した。

1つは、いつでもどこでもiPhoneで内線通話が可能になったことによる、コミュニケーションのさらなる迅速・円滑化だ。ちなみに、イマックビーシーでは今回のiPhoneとクラウドPBXの導入を機に、固定電話機の台数も大幅に削減。「将来的には、フリーアドレスや固定電話機の全廃も視野に入れています」と松田氏は話す。

2つめはコスト削減である。導入したクラウドPBXは、内線通話用のデータ回線が不要であり、KDDIの光ダイレクト回線のみで利用できる。イマックビーシーは従来、拠点間は内線化しておらず、外線で通話していた。しかし今回、データ回線の追加によるコスト増なしに、拠点間内線を実現できた。また、前述の通り、iPhoneについても内線通話は定額になっている。さらに松田氏がもう1つ挙げるのは、PBXの設置スペースの問題だ。PBXの設置には結構なスペースが必要だが、そのスペース代も削減できた。

そして、3つめは、PBXの運用保守の負荷がなくなったことである。「GSTVは、テレビやWebといったバーチャルな世界で基本的にビジネスを行っています。つまり、ネットワークがすべて。ですから、運用保守はできるだけ外部にアウトソースし、自社のシステム部にはもっと戦略的な部分に専念してほしいと考えているのです」

とはいえ、もちろん松田氏は運用保守を軽視しているわけではない。イマックビーシーの業務における電話の重要性は、ここまで紹介してきた通り、大変高い。電話がストップすればビジネスも止まりかねないが、そこで評価したのが「責任分解点がないこと」だ。システム障害時には、責任の所在をめぐる議論が先行し、トラブルシューティングが遅れるケースがよく見られる。しかし、KDDIは、回線サービスとクラウドPBXを1社でワンストップ提供しているので、そうした心配は無用である。


iPhone GSTV
iPhoneは全国のショールームにも配布されており、iPhoneで内線通話を行っている iPhoneを内線端末として導入したことから台数はかなり減ったものの、固定電話機もまだ健在。ただ将来的には固定電話機の全廃も検討しているという


「GSTVの夢を実現していくための、基礎となるプラットフォームができた」。松田氏は今回のiPhoneとクラウド型PBXサービス導入について、こう位置づけたうえで、次のように続ける。「あとはiPhoneの上に、どれだけの夢を載せていくことができるか。ショールームでの顧客サービスに利用したり、iPadも導入してペーパーレス会議を実現したり……」。松田氏の頭の中では、すでにいくつものプランが具体的に動き出しているようだ。

 

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

インテルインテルが進めるネットワーク仮想化 国内キャリアとの最新動向も
SDNとエッジ中心の未来を見据え、通信事業者と進める取り組みとは?
レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。