新製品&新サービス

SAPが新モバイルアプリ開発基盤――「コンシューマ向け開発者とエンタープライズビジネスを橋渡し」

文◎太田智晴(編集部) 2013.12.03

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

SAPジャパンが新しいモバイルアプリ開発プラットフォーム「SAP Mobile Platform 3.0」を発表した。買収したSybaseとSycloの開発基盤が今回統合。エンタープライズ向けとコンシューマ向けのアプリを統合的に開発できる。


近年、モバイルに積極的に注力しているSAP。それを象徴する動きとして挙げられるのが、2010年のSybase社の買収と2012年のSyclo社の買収である。両社ともモバイルアプリケーションのための基盤ソリューションを開発・提供してきた企業だが、SAPジャパンは2013年12月3日、モバイルアプリ開発プラットフォームの新版「SAP Mobile Platform 3.0」を発表。SybaseとSyclo、そして従来からSAPが提供していた3つのモバイルアプリ開発プラットフォームを遂に統合し、単一のプラットフォームになった。

統合は、「既存製品が持っていた優れた部分を吸収しながら、オープンな業界標準を採用する」という方向性で行われたと、IVE&ソリューション本部 テクノロジーエンジニアリング部 モバイルソリューションズ ディレクターの井口和弘氏は説明する。


SAP Mobile Platform 3.0の概要
SAP Mobile Platform 3.0の概要

使い慣れた開発ツールが使える「BYOT」を実現

具体的には、以下のスライドにある5つのオープンな業界標準を採用した。例えば、バックエンド接続のデータモデルにはOData(Open Data Protocol)を採用し、SAP以外とのシステムとも接続可能だ。さらに、OData以外のSOAPやJDBC、JPAなどと接続するためのゲートウェイ機能も提供するという。

 


5つのオープンな標準標準を採用
5つのオープンな標準標準を採用


また、モバイルアプリを開発するためのフレームワークには、クロスプラットフォーム開発が可能なCordovaを採用。iOS、Android、Windows Phone 8といったマルチOSに対応しており、ネイティブアプリ/Webアプリ/ハイブリッドアプリを開発できる。

特徴的なのは、Cordovaに対応したサードパーティの開発ツール向けに、プラグインも用意していることだ。このプラグインを活用することにより、その開発者が使い慣れているサードパーティの開発環境でも、プッシュ通知やストレージの暗号化などのSAP Mobile Platformの各種機能を利用できる。井口氏は「BYOT(Bring Your Own Tool)を実現する」とアピールした。さらに、管理者向けの機能も強化され、アプリの実行状況や利用頻度などをグラフィカルに管理できるようにもなった。


SAP Mobile Platform 3.0の主な強化点
SAP Mobile Platform 3.0の主な強化点

コンシューマ向けとエンタープライズ向けアプリを統合的に開発可能

SAP Mobile Platform 3.0には、コンシューマ向けのアプリ開発プラットフォームである「Sybase Money Mobiliser Platform」も統合されている。これにより、エンタープライズ向けとコンシューマ向けのアプリを統合的に開発可能なプラットフォームとなったが、SAPジャパンではこの強みを日本市場での営業戦略にも積極的に活用する方針だ。

「モバイルアプリの世界では、B2Cのビジネスが難しくなってきている。そこでSAPが橋渡しし、コンシューマ向けのアプリ開発者と連携してエンタープライズ系のビジネスの可能性を追求していきたい」(ビジネスソリューション統括本部 モバイルソリューション部長の溝上勝功氏)

SAPのモバイルアプリ開発プラットフォームの顧客数はグローバルで2500社以上。対して日本はまだ「40~50社」(井口氏)という現状だ。日本企業のモバイル活用は、諸外国と比べると遅れが目立つ状況になっているが、SAPジャパンはコンシューマ向けアプリ開発者の力も借りて開拓していく考えだ。

 

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
ribbon1809

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
watchguard0921

スペシャルトピックス

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます