キーパーソンが語る

ファーウェイの日本戦略「エンタープライズ事業を第3の柱に」

構成◎坪田弘樹(編集部) 2013.09.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ファーウェイ・ジャパン
専務執行役員 法人ビジネス事業本部長
鐘開生(ジョン・カイシャン)氏

通信キャリア向け、コンシューマ向け事業に次ぐ第3の柱として、ファーウェイがエンタープライズ事業に本腰を入れ始めた。2012年度は対前年25%超の成長を達成。2017年に売上高100億ドルを目指す。

――ファーウェイは通信キャリア向け事業やモバイル端末事業の印象が強いですが、本格的にエンタープライズ事業の強化にも乗り出しています。ファーウェイにおいてエンタープライズ事業はどのような位置付けですか。

 2011年の初頭にエンタープライズ事業のビジネスグループ(BG)を正式に立ち上げました。しかし実は、ファーウェイにとって法人向け事業の歴史は長く、それ以前から関連する製品の提供は続けてきています。世界中ですでに多くの法人のお客様に使っていただいています。

ファーウェイの体制は、通信キャリア向け、コンシューマ向け、そしてエンタープライズ向けの3つのBGで構成されています。中でも最も伸び率が高いのがエンタープライズ事業で、2012年度は対前年成長率25.8%を達成しました。売上高は18.5億ドルで、そのうち半分以上が中国以外の海外市場で上げたものです。

今年度のエンタープライズBGの売上目標は27億ドルで、2017年には100億ドルを目指します。今後、ファーウェイにとってエンタープライズ事業は重要な収益源になると考えていますが、キャリア市場やコンシューマ市場とはビジネスモデルが異なるため、市場の特質に応じた事業展開を進めるために新たなBGを設立したのです。

この事業に携わる社員数は1万7000名にも上ります。また2011年には、シマンテックとの合弁会社であるファーウェイ・シマンテックについて、シマンテックの持分(株式49%)を5.3億ドルで獲得するなど、多大な投資も行っています。

国内でも法人専門部隊を組織

――日本国内での組織体制は、現在どうなっていますか。

 日本でも昨年、法人ビジネス事業本部を立ち上げました。現状の体制は営業とSEを合わせて30人ほどです。そのほか、600人のサポート体制を整備しており、キャリア/コンシューマ向けに加えて、エンタープライズのお客様にもこのサポート部隊が対応しています。

ファーウェイ・ジャパンはすでに8年間にわたって日本市場を開拓し、複数のパートナーやお客様との協力体制を築いてきました。日本のお客様が求めるもの、ニーズについては深いレベルまで理解していると自負しています。

したがって、従来からあるような製品で成功することは難しいと考えています。革新的かつユニークな製品、ソリューションを打ち出して事業を展開しなければ、日本では成功できないでしょう。

――ルーター/スイッチ製品からサーバー、セキュリティ、無線LAN、ユニファイドコミュニケーション(UC)など、非常に幅広い製品ポートフォリオを持っています。

 確かに当社は、エンタープライズ向けに100以上の製品を揃えています。しかし、それを全部日本に持ってきて主力製品として販売するつもりはありません。

――具体的に、どのような特徴を訴えていくのでしょうか。

 “コンバージド(統合)”が戦略のキーになります。企業ネットワークは今後、各種のIT製品やUC製品等との統合、無線と有線の融合などが進むと考えています。ファーウェイはエンドツーエンドのソリューションベンダーであり、幅広い分野にまたがった製品ポートフォリオという強みを活かして、国内のパートナー企業とともに、革新的で包括的なソリューションを生み出すことで特徴を出していきます。

ファーウェイには、R&Dへの投資、お客様志向のソリューション開発という特徴があります。全社員15万人のうち7万人がR&Dに従事しており、R&D拠点は日本を含め、世界に16カ所展開しています。2012年度は年間収益の13.7%に当たる金額をR&Dに投資しました。この技術力を背景に、すでにある製品をそのまま販売するのではなく、柔軟にカスタマイズを行って日本のお客様のニーズに応えていきます。

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
intel1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_a
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます