企業ネットワーク最前線

M2Mイノベーションの時代[第5回]

M2Mビジネスの5つの課題と米国のM2M専業キャリアに見る成功シナリオ

文◎橋本清治(M2モビリティー) 2013.09.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

米国のM2M専業キャリアである
Numerex社のWebサイト

M2Mビジネスがさらなる発展を遂げるためには、克服しなければならない5つの課題がある。米国のM2M専業キャリア、Numerex社の事例から課題解決のヒントを学ぶとともに、M2Mデバイス制御の標準化に関する注目の動きを紹介する。

米国のM2M専業キャリア、Numerexは課題をどう克服したか?

米国のNumerex社(http://www.numerex.com/)は、世界でも珍しいM2M専業の通信事業者だ。携帯電話事業者のCingularから独立し、早い時期にM2Mのプラットホーム開発会社を買収することでM2Mビジネスのパイオニア的な存在となった。ここまで挙げた課題も独自にクリアしている。

M2Mデバイスに関しては、Numerexが事前に検証したベンダー製品を揃えることで解決している。Numerexの認証製品を利用する限りにおいては、NumerexのM2M SDPとの組み合わせで、すぐにM2Mサービスを利用できる。ユニークなのは、認証済みのM2Mデバイスは同社のWebサイト(
http://store.numerex.com/)でも購入できることだ。また、いったん認証製品に登録されたデバイスについては、Numerexが障害等の一次窓口になるので、ユーザーも安心して利用できる。


図表4 NumerexのM2M用SDP「Numerex FAST」
NumerexのM2M用SDP「Numerex FAST」
NumerexのM2M用SDP「Numerex FAST」では、サービス管理や端末・加入者管理など、様々な機能がSaaSで提供される。写真は、Numerex FASTのWeb UI画面


NumerexのM2M SDPである「Numerex FAST」では、Numerex自身が通信事業者であるため、SIMのアクティベーションや課金も容易に行える。また、長年M2M専業の通信事業者としてビジネスを展開してきた実績があるため、社内には多くのM2Mエキスパートがおり、初期のコンサルティングから設計、デリバリーまでキャリア主導で作業が完結する。グローバル展開、さらに傘下に衛星通信会社も所有することから海上におけるトラッキングにも対応可能だ。業種別に8種類以上のSaaSも提供している。

まさにエンド・トゥ・エンドでのM2Mソリューションを実現しているといえるだろう。

それでも必要なM2Mデバイスの標準仕様

NumerexはM2M専業キャリアとしての長い歴史の中で、独自に課題を解決してきたわけだが、今後M2M市場がさらに発展していくうえでは、やはりデバイス制御プロトコルの標準化は不可欠だ。

現在、M2Mデバイスの制御方法として一般的なのはATコマンドである。ATに続けて様々なコマンドを定義することでデバイスの設定や制御を行うが、AT以下のコマンドは各ベンダーが独自に定義しており、ベンダー間で基本的に互換性がない。また、ATでない独自コマンドを利用するものも多く、制御する側から見ればやっかいな問題だ。

こうしたなか、1つの可能性としてSIM Application Toolkit(SAT)の活用が浮上している。セルラー系のM2Mデバイスであれば必ずSIMカードとRFモジュールを搭載しており、このSIMを中心に標準化を図ろうというアプローチだ。3GPPのTS51.014で規定されている。

SATを活用した方法では、デバイス上ではなく、SIMカードのメモリエリアにアプリケーションを置き、そのアプリケーション経由でデバイスの様々な情報を取得したり、コントロールを行う。


図表5 SIM Application Toolkit(SAT)を利用したM2Mデバイス制御
TEはSIMカード、TAはRFモジュール、ME/MTはM2Mデバイスを指している

最近のRFモジュールはSATをサポートしているが、さらにM2Mデバイス側の対応も必要であり、現時点ではSATを使った仕組みを利用できないM2Mデバイスは多い。だが、今後開発されるM2Mデバイスにこの機能が標準的に盛り込まれるようになれば、M2Mデバイスの制御プロトコルの標準化も一気に進展することになる。

 

[連載目次]M2Mイノベーションの時代

スペシャルトピックスPR

1912_thales
necpf2001
attokyo2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】工場5G
    ローカル5Gで実現するスマートファクトリー
[Part1]工場5Gの理想と現実 [Part2]工場でのローカル5Gの活かし方 [Part3]ドコモが考える工場5G [Part4]5G時代の工場NW進化論

[インタビュー] 慶応義塾大学 教授 手塚悟氏「トラストがSociety5.0の基盤」 [ソリューション特集]IoTで始めるHACCP対策 [技術&トレンド]NW視点で見る3大クラウドの違い/水中高速無線を音波・可視光で ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

アクセスランキング

dwpreport
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます