導入・選定ガイド

BYOD管理の“新本命”「MAM」と「MCM」とは?【中編】

BYODを検討中なら知っておくべき「MAM(モバイルアプリ管理)」の基礎知識

文◎太田智晴(編集部) 2013.06.10

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

BYOD時代のスマートデバイス管理の“本命”として急浮上しているMAMとMCM。効率的な管理によりスマートデバイスの導入、とりわけBYODを成功させたいなら、MAMやMCMはベストの選択肢だ。中編ではこのうち、MAM(モバイルアプリケーション管理)ソリューションについて基礎から解説する。

MAMでラッピングできるアプリケーションの種類は?

こうしたラッピング/モバイルアプリコンテナ型のMAMは、シマンテックやシトリックス・システムズ、AirWatch、ソリトンシステムズ、モバイルアイアンなどから提供されている。製品選択時のポイントとしては、先に紹介した5つの主要機能への対応状況に加えて、ラッピングできるアプリケーションの種類も挙げられる。

例えば、シトリックス・システムズ・ジャパンのMAM製品「CloudGateway」の場合、ネイティブアプリ、XenDesktop/XenApp化されたWindowsアプリ、Webアプリ(SaaS)と幅広く対応する。ネイティブアプリについては、CloudGateway用に独自開発・カスタマイズが必要なものの、ブラウザやメール、スケジューラといった基本アプリは最初から用意されている。なお、ソースコードの改変が必要なのはCloudGatewayに限った話ではなく、多くのMAM製品に共通するが、ソースコードの改変なしにネイティブアプリをラッピングできるシマンテックのMAM製品「Symantec App Center」もある。


シマンテックのMAM製品「Symantec App Center)の概要
シマンテックのMAM製品「Symantec App Center」の概要(NRI 藤吉氏の講演スライドより)


また、ラッピングした業務アプリケーションの登録・配布・管理を行う企業向けアプリストア機能のユーザービリティや管理性などもしっかり確認しておきたいところだ。エンドユーザーである従業員が迷うことなくセルフサービスで必要な設定やアプリのダウンロードなどができるかどうかで、IT部門にかかる運用負荷は大きく変わってくる。

デバイス内にデータを一切保存しない、もう1つのMAM

ここまで解説してきたラッピング/モバイルアプリコンテナ型のMAMは、基本的にはデバイス内に業務データを残すことを前提にしたソリューションだ(業務アプリケーション毎に、データをデバイス内に残さないように設定できる製品もある)。だからこそ、暗号化や選択的なデータ・ワイプといった機能が提供されているわけだ。

しかし、やはりデバイス内に業務に関する情報を一切残したくないという企業も多いだろう。リモートワイプの成功率は、思いのほか低く10%ほどに過ぎないという声も最近よく聞かれる。電池切れや圏外などが原因で、リモートワープが実行できないのだ。

そこで、デバイスにはデータを一切残さないタイプのMAMも存在する。例えば、VDI(仮想デスクトップ)もこうしたタイプのMAMとして捉えることが可能だ。また、デバイスにはデータを残さないように制限をかけたセキュアブラウザも、その一種として考えられる。

ラッピング/モバイルアプリコンテナ型のMAMよりも高いセキュリティ強度を実現できる一方で、こうしたデータをデバイスに残さないタイプにももちろん課題はある。「問題はユーザーのエクスペリエンス」とガートナーのチャン氏は指摘する。

快適に利用するには、高速なネットワーク環境が必要。また、ユーザーインターフェース(UI)にしても、VDIの場合はキーボードとマウスを前提にしたWindows PCのUIだったり、ネイティブアプリの操作性にはどうしても及ばない。

こうした欠点を補い、両タイプのMAMのいいとこ取りを目指したのがレコモットのMAM製品「moconavi」だ。スマートデバイス向けにUIが最適化されたネイティブアプリからネットワーク越しにメールやスケジューラ、CRMなど、さまざまな業務アプリケーションを利用できる(関連コンテンツ)。また、デスクトップ画面を画像で転送するVDIでは高速大容量のネットワークが必須だが、moconaviはネットワークに対する要求も高くないという。

レコモットの東郷剛氏は、「デバイスにデータを持たずワイプが不要なので、運用管理者の負担はかなり低い。BYODで利用されているユーザー企業の方からは『BYODの導入を検討したとき、moconaviしか選択肢がなかった』とよく言われる」と話す。


moconavi
moconaviのユーザーインターフェース


MAMはまだ出始めたばかりのソリューションだが、既存のMDMベンダーに加えて、アルバネットワークスやF5ネットワークスのようなネットワーク機器ベンダーまで、様々なプレイヤーが続々と参入している。マルチデバイス時代、ITコンシューマライゼーションの時代においては、アプリケーション視点でなければ適切な管理は行えない――このパラダイムシフトに多くのベンダーが気付いているからだ。野村総合研究所(NRI)の藤吉栄二氏は、「将来的にMAMにMDMが統合されると考えられる」との見方も示している。

次回の後編『MCM(モバイルコンテンツ管理)でDropboxシンドロームを乗り越える』では、MCM(モバイルコンテンツ管理)を詳しく紹介する。攻めのBYODだけではなく、シャドーIT対策としても重要なソリューションだ。

スペシャルトピックスPR

necpf2001
attokyo2001
yamaha2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図2020
[Part1]3段階で進化する5G [Part2]ローカル5G急発進の可能性 [Part3]Wi-Fi 6の普及はハイペース [Part4]「飛び過ぎない」Li-Fiで通信 [Part5]LPWAは大規模導入期に [Part6]ドローンの携帯電波利用が解禁 [Part7]高まる有線IoTの存在感 [Part8]量子時代は暗号通信も進化

[インタビュー] NTT 取締役 研究企画部門長 川添雄彦氏「インターネットを超えるIOWN」 [ソリューション特集]学校ネットワーク/クラウド閉域接続 [ビジネス最前線]NTTコム、ローカル5G参入の狙い ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

ZscalerDX加速させるクラウドセキュリティ
「100ms以下」の遅延で快適利用

Zscalerの革新的アーキテクチャで働き方改革を強力推進!

パロアルトネットワークスパブリッククラウド基盤の
セキュリティ対策はどうする?

開発のライフサイクル全体でリソースを保護する「Prisma Cloud」

ヤマトロジスティクスキャッシュレス化に乗り遅れるな!
決済端末の導入・運用を一括代行

キャッシュレス決済の導入をヤマトロジスティクスがトータル支援!

アクセスランキング

dwpreport
kaden

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2019 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます