導入・選定ガイド

アノニマスも怖くない!「DDoS攻撃対策」徹底マスター(後編)

FWやIPSでは防げない「最新型DDoS攻撃」の傾向と対策

文◎太田智晴(編集部) 2012.11.08

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「アノニマス」などハクティビズムの嵐が吹き荒れるなか、Webサイトに大量のパケットを送信してサービス停止に追い込むDDoS攻撃による被害が急増している。後編では、大規模化と巧妙化が進む最新型DDoS攻撃の実態と、正しい対策手段について解説する。

DDoS対策は“自前主義”ではなく、サービスプロバイダーに頼る

では、こうした大規模なDDoS攻撃からは、どのように身を守ればいいのだろうか。アカマイもアーバーもトラフィックが集中するサーバーの手前で止めるのは適切ではないという基本的な考え方は共通している。

アーバーが推奨するのは、通信事業者/ISPなどのサービスプロバイダーが提供するDDoS攻撃対策サービスの活用である。ネットワークの“上流”で止めるという考え方である。

図表2は、アーバーのDDoS攻撃対策技術を採用しているKDDIのサービス概要だが、主要な通信事業者/ISPの多くがDDoS攻撃対策サービスを提供している。


図表2 「KDDI DDoS対策サービス」のイメージ図
「KDDI DDoS対策サービス」のイメージ図
DDoS攻撃をKDDIのバックボーン側で防御することが可能。レイヤ3/4だけではなく、レイヤ7のアプリケーションレイヤの攻撃も防げる。また、マルウェアに感染してDDoS攻撃の加担している不正なトラフィックの検知機能、ラック社による緊急駆けつけサービス(オプション)もある
(出典:KDDI資料をベースに編集部作成)


なぜ自前で対策を行うより、通信事業者/ISPなどのDDoS攻撃対策サービスを活用したほうが良いかといえば、それはサーバーの手前で大規模なDDoS攻撃を止めようと考えても、前述の通り、その前に回線がパンクしてしまうためだ。また、仮に回線は大丈夫だったとしても、大規模なDDoS攻撃に対抗できるハードウェアを自前で用意するには多大なコストが必要になる。

ならばユーザー企業と比べてはるかに太いバックボーン回線と強力なDDoS対策装置を有する通信事業者/ISPに任したほうが明らかに賢明である。

実際、DDoS対策の主流はこうしたサービス型となっており、このためDDoS対策ソリューション市場で世界シェア1位であるアーバーの売上も、大部分がサービスプロバイダー向けとなっているそうだ。

DDoS攻撃では、大量の接続要求を送りつける「SYN Flood攻撃」や大量のUDPパケットを送りつける「UDP Flood攻撃」など、Flood=洪水のたとえがよく用いられる。このたとえに倣えば、通信事業者/ISPのDDoS対策サービスでは、上流に最新鋭の巨大ダムを設置し、下流にあるユーザー企業のサーバーを守っているということもできるだろう。

これに対して、まったく別のアプローチを採るのがアカマイのDDoS対策サービス「KONA Site Defender」だ。アカマイの場合は、インターネットの“入口”に置かれた10万8000台以上のサーバーで分散防御を行う。

アカマイは全インターネットトラフィックの25~30%を運ぶ世界最大のCDN(Contents Delivery Network)事業者だが、その高速ネットワークの土台となっているのが世界各地に10万8000台以上設置されたアカマイサーバーである。アカマイでは、この10万8000台以上のサーバーを活用してDDoS対策を行っているのだ(図表3)。


図表3 アカマイの「KONA Site Defender」のイメージ図
図表3 アカマイの「KONA Site Defender」のイメージ図
インターネットのエッジ側に配置された10万8000台以上のアカマイサーバーにより実現されているDDoS対策サービス「KONA Site Defender」。レイヤ3/4のDDoS攻撃については各アカマイサーバーがそのまま吸収、あるいはレスポンスを返すことで、オリジナルのWebサーバーに被害を及ぼさない。また、レイヤ7の攻撃に対しては、アカマイサーバー上のWAFが対処する
(出典:アカマイ・テクノロジーズ)


DDoS攻撃が大規模な攻撃を繰り出せるのは、大量のコンピュータが一斉に攻撃を仕掛けてくるからだ。逆にいえば、1台1台の攻撃はそれほどの脅威ではない。「分散型の攻撃に対して、対策も分散型で実施する。世界10万8000台のDDoS対策装置を購入すると考えてほしい」とアカマイ・テクノロジーズ プロダクト本部 プロダクト・マネージャーの松原達也氏は説明する。インターネットの入口で、DDoS攻撃が“洪水”となる前に無力化してしまうのがアカマイのソリューションである。

アプリケーションレイヤへの攻撃にも注意

もう1つDDoS攻撃について押さえておきたいのは、レイヤ3/4のネットワークレイヤを狙ったボリューム型の攻撃だけではなく、レイヤ7などのアプリケーションレイヤに対する攻撃も増えていることだ。前者がネットワーク回線を埋める攻撃なのに対し、後者はサーバーを潰す攻撃といえる。

「しかも最近の攻撃は非常に巧妙で、この2つのタイプを組み合わせた攻撃が行われているが、アカマイのKONA Site Defenderはそれらにも対処できる機能を具備している」(アカマイのエリス氏)。

アーバーネットワークスのサービスプロバイダー向けDDoS攻撃対策ソリューション「Arbor Peakflow SP/TMS(スレッドマネジメントシステム)」も、ネットワークレイヤを狙ったボリューム型の攻撃とアプリケーションレイヤに対する攻撃の両方を防御できる。「両方に関して対策を施さなければ、DDoS攻撃は防げない」(アーバーの金子高之氏)。

また、アプリケーションレイヤに対する攻撃としては、HTTPをターゲットにしたものが多いが、最近ではHTTPSやDNS、SSLを狙った攻撃も増加してきている。

DDoS対策ソリューションを選択するうえでは、これら最新の攻撃手法も含めて、トータルに防げるかどうかを確認することも大切なポイントになる。

 

>>この記事の読者におすすめのコンテンツ
アーバーネットワークス SSL に対するDDoS 攻撃:新旧の攻撃手法が混在、SSLを使ったサイトもDDoS攻撃には無力

(提供:アーバーネットワークス)
アカマイ・テクノロジーズ アカマイレポート「インターネットの現状(SOTI:The State of the Internet)」

(提供:アカマイ・テクノロジーズ)

スペシャルトピックスPR

hitec2005
macnica2005
zeta2005

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ローカル5G 中間報告

●先行5事例で見えてきた期待と課題 ●日本と違う独ローカル5GNTT東西のローカル5G ●ローカル5G制度の最新動向 ●ローカル5G普及を阻む4つの壁

[インタビュー]NICT ワイヤレスネットワーク総合研究センター長 寳迫巌氏「Society 5.0へ無線フル活用 テラヘルツ波は結構飛ぶ」 [ソリューション特集]ウェビナーに最適な配信サービスは?/セキュアテレワークの処方箋 【IoT×SDGs】Sigfoxで高齢化に負けない賃貸住宅 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

パロアルトネットワークスSASE実現するクラウドセキュリティ
従業員は意識せず安全なテレワーク

GWの逼迫解消、ローカルブレイクアウト、ユーザーの快適さを一挙に!

Microsoft Teams会議から1万人の仮想イベントまで
コラボの場はリアルからTeamsへ

Microsoft Teamsの利用が急増中だ。
4月時点の利用者数は1日7500万人!

丸文ローカル5G“実用化”へ万全の備えを
試験・置局、セキュリティまで網羅

ローカル5Gには何が必要か。長年キャリアを支援する丸文に尋ねた。

インテルネットワーク変革をインテルが牽引
仮想化技術でローカル5Gにも貢献

インテルの5Gビジネスが加速してきた。ローカル5Gにも取り組む。

ライムライト・ネットワークス・ジャパン8K対応/安定性/超低遅延
選べる3つのライブ配信サービス

自社だけでは困難な高品質ライブ配信をライムライトが強力サポート!

クラウド&サービスプロバイダ向けのオンラインイベント「新たな時代に向けたネットワーク」通信事業者の新たな時代に向けた
ネットワーク「Telcoクラウド」

ジュニパーのクラウド&サービスプロバイダ向けバーチャルサミット!

e-Janネットワークス「明日からテレワーク」。そんな急なニーズにも安心・安全に応える

テレワークをすばやく全社展開できる「Splashtop for CACHATTO」

都築電気テレワークと健康経営の実践4年目
その知見をワンストップで提供

働き方改革を推進する都築電気がテレワークに最適なグループウェア!

アライドテレシスNWベンダーならではの脆弱性診断
セキュリティの第一歩はここから!

アライドテレシスなら簡単かつ安価に脆弱性診断ができる!

NTTコミュニケーションズ「ゼロトラストセキュリティ」へ
移行するための5つのポイント

脱・境界型セキュリティを図るための要点をNTT Comに聞いた。

IIJVPN逼迫やSaaSが遅い問題を解消!テレワーク環境整備を手軽に実現

Office 365等のSaaSが迫る企業NWの再設計にIIJのクラウドプロキシ!

ジュニパーネットワークスAIがUXを最大化するネットワーク
トラブル解決を自動運転で!

AIが自律的に障害対応するNWを
ジュニパーはすでに商用で安定稼働

レッドハット5G×コンテナ基盤×アプリを
エッジで自律運用

5G時代のNWインフラはエッジも自律運用できるクラウドネイティブへ

ゼットスケーラーゼットスケーラーだからできる!
セキュリティとNWの脱・レガシー

オンプレミス非依存のセキュリティと、場所に囚われないNWアクセスを

NetskopeなぜNetskopeならテレワークが進むのか? 秘訣は一元制御にあり!

セキュリティが不安でテレワークが進まない。そんな悩みを簡単解消!

シエナシエナが800G光伝送のトビラ開く
1波長で400Gイーサ×2chを伝送

「800ギガが欲しい」。キャリアやクラウド事業者の声にいち早く応えた

リコーの「ITKeeper Meraki スマートサービス」テレワークは安定した接続環境から

一人情シスでも安心! テレワークを支える安定したネットワーク環境整備をリコーが支援

SigfoxLPWAの先頭集団を行くSigfox
約85万件の大規模導入も!

人口カバー率95%を超えたSigfox。最大の導入事例がニチガスだ。

丸文5G時代の差別化戦略を下支え!

5G時代到来でキャリア、クラウド事業者等が迫られているネットワーク変革の課題解決に注力する丸文

ハイテクインター2.5GHz帯プライベートLTEの
基地局を「100万円以下」で!

ハイテクインターは自営等BWA導入の全ステップをサポート

マクニカネットワークス脱純正トランシーバーでコスト削減
データセンター100G化に新選択肢

サードパーティ製の光トランシーバーでコスト抑制と自由度向上!

ZETAアライアンス“ビジネスになるLPWA”に101社が結集 市場創出に挑むZETA

弾みが付いてきた新興のLPWA規格、ZETA。その可能性を探った。

ガスミエールLPWAで安価にガス事業の効率化!

アズビル金門の「ガスミエール」でLPガス事業の業務効率化!LTE-Mにより遠隔から遮断・復帰も!

ドコモ・システムズNTTグループ23万人を支える
テレワークツール

伝統的な日本企業が作ったツールだから、かゆい所に手が届く!

WhatsUp Goldネットワーク監視に圧倒的使い勝手
安価な導入コストでも厚い支持

中小企業から通信キャリアまで、WhatsUp Goldが人気の理由とは?

MOVEit Transfer / MOVEit Automationデータ保護新時代のファイル転送
HIPAA、GDPRなど各種規制に対応

主要データ保護規制に準拠した安全なファイル転送ソフトの決定版!

ジュニパーネットワークス“ただのSD-WAN”はもう要らない!
LANもWi-Fiもすべてクラウド管理へ

今必要とされているのは、“SD-WAN+α”のソリューションだ。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

decode2
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます