導入・選定ガイド

OpenFlow導入ガイド[後編]――対応ベンダー急拡大で気になる製品選びのポイント

文◎楽天理(フリーライター) 2012.08.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

グーグルやNTTコミュニケーションズが商用環境で利用するなど、すでに“実導入”フェーズに入ったOpenFlow。後編では、徐々に選択肢が広がりつつあるOpenFlow対応製品の選び方のポイントを解説する。


<オーバーレイ方式>

一方、オーバーレイ方式は、「今あるネットワークで実現できるのが一番の特徴」――。オーバーレイ方式の代表的製品であるニシラ・ネットワークス「Nicira NVP」の代理店を務める東京エレクトロンデバイスCN営業本部 コーポレートアカウント営業部 グループリーダーの宮本隆義氏はこのように語る。

 

東京エレクトロンデバイスCN営業本部 コーポレートアカウント営業部 グループリーダーの宮本隆義氏
東京エレクトロンデバイスCN営業本部 コーポレートアカウント営業部 グループリーダー 宮本隆義氏



オーバーレイ方式では、トンネル技術によりエッジ同士で制御を行い、経路は従来のネットワークを流用する仕組みになっている。このため通信するエッジ同士がOpenFlowに対応していればよく、ハイパーバイザー上で動作するOpenFlow対応の仮想スイッチ「Open vSwitch」(OVS)などを利用することで、機器の置き換えなしに導入できる。また、コントローラーとスイッチは送信元と送信先だけを把握していればよいため保持する経路情報が少なく済み、スケーラビリティの点でも有利だ。

さらに宮本氏は、NVPの魅力として次の点も挙げる。「SDNの1つのメリットとしてソフトウェアのスピードで機能改良が進んでいくことがある。NVPのコンポーネントはすべてソフトウェアなので製品開発のペースが早く、およそ2カ月に1回の頻度で機能が向上している」。なお、NVPは、コントローラーとNVP専用のOVSなどがパッケージ化されたソリューションパックとなっている。

他方、ホップ・バイ・ホップ方式と比べたデメリットとしては、経路は従来のネットワークをそのまま利用するため、OpenFlowの大きな特徴である高度な経路制御は行えず、また既存の物理ネットワークが抱える課題の解決策とはならない点が挙げられる。さらにサーバー仮想化環境でないと実装できない。

このような違いがあるホップ・バイ・ホップ方式とオーバーレイ方式だが、どちらが絶対的に優れているという話ではなく、「それぞれ向き不向きがあり、両方式は共存していくと思う」とNEC UNIVERGEサポートセンター 主任の早坂真美子氏は話す。NECでも今後、オーバーレイ方式のコントローラーの提供を検討する可能性もあるという。

 

NEC UNIVERGEサポートセンター 主任 早坂真美子氏
NEC UNIVERGEサポートセンター 主任 早坂真美子氏



すでにホップ・バイ・ホップ方式とオーバーレイ方式の両方に対応したコントローラーを開発中のベンダーもある。NTTデータだ。同社は世界で初めて両方式に対応する「バーチャルネットワークコントローラVer2.0」を2012年内に販売開始する予定にしている。

NTTデータの発表資料では、ホップ・バイ・ホップ方式を「トラフィック流量が少ない通信経路を優先して新規通信に割り当てる機能を持つため、従来40%程度しか利用されていないネットワークを、約100%利用することができる」、オーバーレイ方式については「初期投資コストを抑えたOpenFlow導入が可能」と、それぞれの特徴を説明している。

また、バーチャルネットワークコントローラVer2.0は両方式の混在にも対応しており、まず既存ネットワークを活かしてオーバーレイ方式でネットワークの仮想化を行い、その後、順次OpenFlowスイッチに置き換えてホップ・バイ・ホップ方式に移行していくことも可能としている。

大事なのは、OpenFlowで何を実現したいのか――。それをきちんと踏まえたうえで自社により適した方式を選択することだ。

スペシャルトピックスPR

microfocus2009
hitec2009
empirix2009

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカスそのDevOps、個別最適になっていませんか?

全体最適を目指すならマイクロフォーカスの「Enterprise DevOps」

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます