企業ネットワーク最前線

日本企業がグローバルM2M市場で躍進するための要件[第1回]

M2Mは日本ICT産業の“最後の砦”

文◎松岡良和(アーサー・D・リトル) 2012.02.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

国内外を問わず、注目されるM2M。日本のICT産業がこの分野でイニシアティブを発揮していくうえで不可欠な要件とは何か? 第1回は、日本企業にとってM2Mが“譲れない戦いの場”である理由を解説する。

グローバルM2M市場における覇権獲得に向けたポイント

こうした背景から、M2Mは日本のICT産業及び産業界全般にとって、非常に重要な意味を持つとともに、今後の量的/質的飛躍に向けて絶好の機会として捉えられる。しかしながら、サービス、ビジネスモデル、技術開発競争がグローバルレベルで展開されることを勘案すると、日本企業として留意すべき懸念点が2つ存在する。

1つは、標準化に対するスタンスだ。これまでの通信/IT関連技術と同様、M2Mの世界においても関連ビジネスの早期立ち上がりや共通的な便益の確立、効率性の高い秩序の推進に向けて、標準化の可能性がITU-Tをはじめとする様々な標準化団体や私的コンソーシアムで議論されている。

日本のICT産業は歴史的に見て、標準化活動に対して概ね積極的であり、確固たる技術の確立に向けて様々な領域で大きな役割を果たしてきた。

しかし、地上波デジタルや3Gに代表されるように、標準化の側面でイニシアティブを発揮する一方、実際のビジネス面においてはその果実を獲得できないパターンが見受けられる。技術とビジネスの効果的なバランスが図れないのは、日本のICT産業の致命的な弱みと言える。

地上波デジタルにおいて日本方式を受け入れた国はわずかであり、テレビの世界シェアも韓国勢に大きく水をあけられてしまった。3Gにおいても、グローバルスタンダードとはかけ離れた日本固有モデルとなってしまい、日本のネットワークベンダーは日本国内でしか陽の目をみることはなかった。

M2Mで同じ轍を踏むことは許されない。過度な技術志向に陥ることなく、ビジネスとしてのM2Mが醸成されるための土台作りを並行して進めていくことが肝要だ。

2点目は、1点目と密接に関連するが、日本発ベストプラクティスの輸出モデルの確立に対する懸念だ。

日本が誇る各産業界の高品質サービスのさらなる飛躍にM2Mが貢献することで、新たな効果・効用が享受可能な各界固有のサービスが創出されることは間違いない。だが、日本国内でしか受容されないサービスでは期待される新市場としての経済規模は限定的となり、コスト競争力の乏しさに起因して中長期的には海外プレーヤーが提供するグローバルスタンダードサービスに飲み込まれる危険性がある。

ここで重要なのは、日本のICT産業だけでなく、実際にM2Mを導入してサービスやオペレーションの高度化を図る日本の産業界そのものが、自身の国際競争力を高める手立てとしてM2Mを有効に活用/機能させるスタンスの確立だ。産業界自身のグローバル化がM2M分野の競争力向上とリンクするスキームを作り上げることが必要と思われる。

M2Mは、もはやICT産業だけのイニシアティブで高度化/成長するシロモノではなくなってきている。各産業界とICT産業との効果的な連携を抜きに、グローバルコンペティションを戦い抜くことは不可能な状況になっているのだ。

次回は海外の先進M2Mプレーヤーの動向を解説する。

著者プロフィール

松岡良和(まつおか・よしかず)

世界で最初に設立された経営コンサルティングファームのアーサー・D・リトル・ジャパンで、 TIME(Telecommunication/Information Technology/Media/Electronics)プラクティスの日本代表を務める。専門領域は、同分野に対する事業戦略立案、新規事業開発、組織・人事制度改革等。国内最大手システムインテグレーター、会計事務所系コンサルティングファーム、欧州最大手IT・戦略ファームを経て、アーサー・ D・リトルに参画

スペシャルトピックスPR

soltec2001
sumi2001
apresia2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G思考 「大転換」を勝ち残るための8つの思考
<野村総研 桑津浩太郎氏>人とAIのハイブリッド <ALSOK>マルチタスク化 <北海道大学 教授 野口伸氏>無人化 <クロサカタツヤ氏>ユーザー企業主導 <Jリーグ、パシフィックリーグマーケティング>デジタルの絆 <時空テクノロジーズ>インタラクティブな共有体験 <東京都、前橋市>つながる都市 <テラドローン>タイムマシン経営

[インタビュー]グレープ・ワン 小竹完治社長「ローカル5Gは地域BWAと全然違う」 [ソリューション特集]SD-WAN & WAF ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

アクセスランキング

dwpreport
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます