導入・選定ガイド

基礎から学ぶ「MDM(モバイルデバイス管理)ツール」の選び方

文◎坪田弘樹(編集部) 2011.10.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

企業がスマートフォン/タブレットを活用するうえで、必須の管理ツールとなるのがMDM(Mobile Device Management)だ。今年に入って急速に充実してきたMDMの基本機能や仕組み、選択におけるポイントなどをレポートする。

トレンドはマルチOS対応

iOSとAndroidの管理機能の差、そしてMDMの仕組みの違いにより、従来はiOSかAndroidのどちらかに対応したMDMがほとんどだった。だが、現在は、iOS用のMDMがAndroidを、Android用MDMがiOSをサポートする動きが加速している。

複数OSの端末を同一の管理コンソールから一元管理できる利点は、あえて説明するまでもないだろう。国内では最も早くiOS用のMDMサービス「CLOMO MDM」を2010年11月から提供開始したアイキューブドシステムズは、今年6月にAndroidに正式対応。いち早くマルチOSサポートを実現した。

同社・マーケティング本部の深野慧甫マネージャーは「iOSに比べるとAndroid向けの管理機能はまだ限られるのが現状だが、それでもお客様からのAndroid対応の要望は強い。マルチOS対応は大きな強みになっている」と話す。CLOMO MDMは、稼動端末数がすでに2万台に達しているが、「ほぼすべてがiOSのユーザー。Android端末の導入が本格化する今後は、非常に楽しみ」という。

マルチOS対応のMDMとしては他に、モバイルアイアン・ジャパンの「MobileIron Virtual Smartphone Management Platform(VSP)」がある。同社は2010年にiOS端末向けのMDMを提供開始。iOS/Androidに加え、BlackBerryやWindows Phone等も含めたマルチプラットフォーム対応を進めている。


モバイルアイアン
モバイルアイアン・ジャパンのMDMの管理画面。iOS、Android、BlackBerry、Windows Mobileと、複数OSの端末を一元管理できるのが特徴。MDMではこのように、多くの端末を一覧で管理できるほか、個々の端末の詳細情報も遠隔から確認できる。ポリシーに違反した端末は赤字で表示され、右側の詳細画面では、その違反した原因を確認できる。この画面では、TwitterをインストールしたiPadが(画面右下に赤く表示)、違反端末と判別されている


同社・シニアセールスマネージャーの竹内浩氏は、スマートデバイス導入の課題について「端末の数、OSの種類が増えるだけでなく、たった数年でOSシェアがガラっと変わる現状が、企業の対応を難しくしている」と話す。iOSとAndroidは市場を席巻する勢いを示しているが、今後どのように推移していくかは誰にも確たる予測はできない。OSの趨勢が変わったとしても「柔軟に対応できるマルチOSのサポート体制を作ることが、IT管理部門の役割になっている」のだ。

Windows PCも統合管理
企業が利用する各種のモバイル端末を一元管理する統合プラットフォーム。これがMDMの今後の方向性となりそうだ。富士通BSCもそのための開発を進めている。

富士通BSCのFENCE-Mobile RemoteManagerはAndroid端末をサポートしているが、今秋にもiOS端末とWindows PC(XP以降)に対応する予定。前述したように、MDMサーバーからのコマンド伝達にSMSを用いているため、通信モジュール等を内蔵しているPCであれば、iOSやAndroid端末と同様の仕組みで管理できる。

同社は従来、PC向けの各種セキュリティソリューション「FENCEシリーズ」を提供してきており、例えば保険外交員などのノートPCを活用してきた業種で、Windowsタブレットへの置換えが進んでいるという。パッケージ&サービス本部サービス事業部アウトソーシング部の新谷剛担当部長は「営業プレゼンを行う業種などを中心に、富士通のWindows 7タブレットの商談が増えている。AndroidやiOSと一緒に管理したいという要望は当然多くなる」と話す。

以上、MDMの基本と選択のポイントについて本稿では解説した。

スペシャルトピックスPR

empirix2009
microfocus2010
nvidia2010

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G
    これからどうなる?

●5GMF アプリ委員会委員長 岩浪剛太氏「5Gニーズは3年加速した」
●日本の5Gはこう進化する ●5G網でAPIエコノミー
●コンシューマー市場で劇的な展開はあるか ●米欧中韓は2020年内にSA開始
●SA化で火蓋切る企業活用 ●中国5Gは「地方」が熱い など

◆災害対策で進むIoT活用 ◆5G/IoT時代、地図はどうなる
◆ドコモ口座事件後のフィンテック ◆1円玉サイズのLeafonyが道開く ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

原田産業なぜ、5Gの「超低遅延」の実現に
高精度な時刻同期が不可欠なのか?

5Gの真骨頂「超低遅延」に欠かせない高精度グランドマスタクロック!

Juniper Virtual Summit for Japanジュニパーがオンラインイベント
AIOps、5G、クラウドの最新情報!

<12月3日開催>加速するクラウド活用とネットワークの変革

スリーダブリュー多彩なローカル5G関連企業と連携

スリーダブリューは、多様なプレイヤーと連携し、ローカル5Gの課題をワンストップで解決できる。

RADWIN4.9GHz帯無線で建機の遠隔操作!

鉄道での実績に加え、昨今は建機や港湾クレーンの遠隔操作を実現する無線インフラとしても注目。

日本シエナコミュニケーションズ光/IP融合で5G超低遅延

光伝送のリーダーであるシエナは、光/IP融合に磨きをかけ、5G URLLCとNWスライシングの効率運用に貢献

パイオリンク <帝京大学>ADCによる負荷分散で
オンライン授業の品質を担保

コロナ対策でオンライン授業に全面切替。パイオリンクのADC導入!

Cisco Webex Calling取り残されてきた「固定電話」
新しい働き方の鍵はクラウドPBX

テレワーク中の会社宛電話をどうするか? 解決策を探ってみよう!

マクセル太陽電池はもう時代遅れ!
リチウム電池で8年以上の持ち

マクセルの「IoT電源システム」は、リチウム電池を用いた従来ない電源

アイ・オー・データ機器リチウム電池で安定的に水位計測

アイ・オー・データの「水位監視用電池式IoT通信システム」ならコンパクトサイズで設置も簡単!

NECネッツエスアイ自然災害の被害をIoTで最小化

LPWAを活用した災害対策サービスを提供するNECネッツエスアイ。最適な通信規格がマルチに選べる!

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカス5G時代の高速アプリ開発!

モバイルアプリなどの開発をさらに高速化するためには、「Enterprise DevOps」への進化が欠かせない。

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

セキュアなファイル転送を簡単かつ迅速に実行するには?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

ホワイトペーパー
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます